鈴木利忠HIDEUP Blog

デトロイトリバーに行ってきました その1

2012-08-31 11:32:46

先日帰国しました。

しかしひどい時差ボケで苦しんでおります・・・

今回はデトロイトに着くなりこんなメンバーで食事したり

1day 002.jpg

プラクティスは全員FLWを代表するようなメンツとプラクティスしたり

いろいろ刺激的な交流をしておりました。

釣りはどんな感じかというと

ほとんどカナダとの国境にあるレイクセントクレアで練習したのですが、アベレージは2ポンド半位、俗に言うキロアップというやつです。しかし3ポンド(1350g)がベースにならなとココの試合では箸にも棒にもかかりません。

基本的なベイトフィッシュはゴビー(ハゼ)とパーチがメインらしいのですがエサも結構デカイんです。

パーチ.jpg

チューブベイトに」ジグヘッドを入れたものを使うのがベーシックですがドロップショットとキャロライナリグにウ―プスを多用し良く釣ってました。

sweep7.jpg

特にドロップショットのウ―プスは晴天無風になればなるほど良かったので、バックアップはコレで決まり!

ウ―プス.jpg

となったのですがサイズアップはワームでは難しく、中層の何もない所のクランクベイトが比較的サイズも良かったので、ベイトの映るとこは巻きまくりです。

しかし

早く巻かないと見切るので、連日肩はパンパン、手の握力が日に日に落ちていくのが・・・

プラクティスの前半は涼しかったのですが、日に日に夏日になっていき水温はみるみる上昇。しかしディープに落ちるどころか目に見えるシャローに魚が続々と刺し始める始末。

しかもチューブとか目の前に落とすと簡単に喰ってくるので魚が見つかれば簡単ですが、セントクレアだけでも琵琶湖の1.5倍、エリーは四国の1.3倍 何よりも魚を探す事が重要なアメリカの釣り。

試合はどうなる事やら・・・?

次に続く

 

デトロイトに着きました

2012-08-17 13:17:22

たった今デトロイトに着きました

こちらは夜中の1時です。

ひたすら移動で日本から20時間

今日の出来事は乗り継ぎのシカゴでハンバーガー食べただけですけど・・・・

frog.jpg

明日から準備に入ります。

こっちのスモールはスタッガ―とウ―プス

どちらがお好みでしょうかね?

明日から楽しみです。

来週の準備

2012-08-10 07:26:14

DSC_0514.JPG

来週からアメリカのデトロイトリバーに向かいます。

相手はバカデカイスモールマウスです。

デトロイトリバーを上に上がればレイクセントクレア(カナダとの国境です)下に下がれば五大湖のレイクエリーが控えてます。フィールドもとてつもなくデカイです。(行った事ないけど)

メインベイトの1つであるゴビー(ハゼ)の動きをあらゆる動画で研究?すると

ウ―プスが何よりもらしいではないですか!形、動き、大きさすべてがマッチ(してると思う)

スタッガーの3インチも捨てがたいので持って行きますけどね。

クランクも効きそうなのでHUシリーズも!

ウ―プスはアメリカでも良く釣れる(見た事無いでしょ。絶対)ワームなので今回の試合も期待出来そうです。

しかし癖のあるスモールマウス。一筋縄ではいかなさそうなので柔軟に対応できるように心がけていきたいと思います。

H1グランプリin相模湖

2012-08-03 09:09:03

先週末神奈川県相模湖でH1グランプリが行われました。

 

スタート前.JPG

連日猛暑が続く中、今回もボート屋さんのキャパを超えてしまいキャンセル待ちの大盛況。出場するのも一苦労の人気トーナメントに成長してしまいました。

この大会も後半戦

年間チャンピオン争いも佳境に入りましたが、とはいってもハードルアー大会

 

選手.JPG

とんでもないウエイトの可能性もあればノ―フィッシュの可能性も紙一重であるのでまだまだ大逆転のチャンスがあるのもこの試合の面白いところです。

今回行われた相模湖も都内から大変近く、ここ最近ビックフィッシュが狙えるとあって人気の釣り場に急成長。小さなバスもたくさんいますし、ボート屋さんも奇麗なのでこれからも注目されていくフィールドになっていくでしょう。

結果は

1本2190グラムで優勝

大成さん.JPG

2位以下は200gのバスを効率良く釣っていく作戦で、連日のプレッシャーなのかこのサイズもなかなか口を使ってくれなかったようです。

でもハードルアーオンリー エレキのみの試合でこの猛暑の中ウエイイン率50%越えです。

試合も回を重ねるごとにレベルアップしていってますので最終戦の新利根戦も非常に楽しみです。

興味のある方はこちらまで。