鈴木利忠HIDEUP Blog

日曜日はイベントに・・・

2012-09-29 12:45:32

帰宅が午前様・・・

忙しいのが何より・・・・

でも

今週末はバスのイベントでこちらに居ります。

お暇なら来てみて!

http://ameblo.jp/mav1997/theme1-10055989480.html

ちなみに来週からアメリカのテキサスに向かいます!

 

故障

2012-09-21 08:27:16

DSC_0553.JPG

手がズキズキして痛い・・・・

巻くの嫌いじゃないけど巻くと痛い・・・

もう若くはないので体のメンテナンスも大事です。

釣りは意外と体力消費するので、体の衰えと共にトレーニングもしていかないと集中力も持ちません。アメリカのトッププロはオフシーズンに集中してシーズンを戦える体を作ってきます。

だぶだぶの体じゃダメですね。

こ―ゆーところも見習っていかなくては!。

デトロイトリバーに行ってきました その3

2012-09-14 09:33:42

北に滞在中

ホテルはインターネット環境が悪いとこばかり・・・・ナゼ?

先週末の霞ヶ浦は大コケの0をやらかしましたのでお伝えできるものは何もありません・・・反省フィッシング行ってきますのでちゃんと反省出来たらご報告します。

デトロイトリバー、セントクレア、エリーととてつもない広いフィールドで釣りをしてるといろんな魚に遭遇します。ほとんど釣った事や見た事がない魚なのでコレはコレで楽しいです。試合では厄介ですが...

まず良く釣れたのがウオールアイという魚。

 

ウォールアイ.jpg

 

2day 021.jpg

この魚はトーナメントがある位アメリカでは人気の高い魚です。でもあんまり引かないしなんでこいつが人気あるのかわかりません。ウ―プス使うと簡単に釣れるし・・・でも美味しい魚らしい。

マスキー(何種類か居るらしいけど・・・コレはなんだったっけ???)

 

3day 004.jpg

こいつは派手な魚。心臓止まる位派手!だから釣り味は楽しい。自分が釣ったのは小さいけど1mくらいのまでは見た。バイブレーション、クランク、スピナ―ベイトに良く反応してました。

ドラム(写真ないけど)

イシモチとタイを足して2で割ったような魚。良く引くらしいけど全然歓迎されてませんでした。たぶん食べても不味そう。

パーチ

 

パーチ.jpg

こいつが居るとこには基本的にスモールは居る。けどエリーでは居なかった・・・人間が食べても美味いのかコレを専門に狙ってる人もいるらしい。

まだまだいろんな魚がいると思いますが今回はこんな感じでした。

テキサスにはどんな魚がいるのでしょうかね?楽しみです。

3day 011.jpg

あ コレは魚じゃなかった・・・・釣れなかったけど・・・・

デトロイトリバーに行ってきました その2

2012-09-07 09:05:15

さてさてこの間の続きですが

試合はというと

天国と地獄を味わった?そんな感じです。

eri.jpg

1日目のパートナーはゲーリーさんの息子さんのデレックヤマモトさん。向かった先はレイクセントクレア。日に日に夏日となりディープどころかドシャローに魚がどんどん刺してくる状況でした。ところ変われば魚の癖も変わるので、地域ごと、魚種ごとにこの癖の傾向を把握する事がアメリカでは最も重要です。

 2day 001.jpg魚さえいれば比較的簡単に釣れるのが今回のスモール。エサ取りに上がってきてるからね。

しかし見える魚は前でことごとく抜かれてしまいます。ルール上プロがかけてる間は後ろは投げれませんからね。いろいろ考えた末、練習の特にクランクベイトの釣りをしっかりやっておいたのでドシャローでのバイブレーションでサイズアップする事を見つけ出し、初日は17lb弱19位と良いスタートを切れましたが・・・・

 

2day 007.jpg

2日目のパートナーはエリーに向かうとの事。

魚さえ居れば20lb越えも可能ですが、なにせバカデカイエリーです。見失ったら・・・しかしアメリカのプロは賞金とってなんぼ。少しでも可能性があるなら、ほとんどのプロはその可能性にかけます。

ノンボーターという立場上それはいつもの事。しかし魚が居ないとこは笑えるほど何も起こりません。

微調整が聞かないビッグフィールド。コレはコレで勉強になりました。

おなじみフカシンも出ていて60位から最終的には5位と完全にアメリカのトッププロの実力。優勝したラリーと同じ場所をシェア―していたというからこれまたスゴイ。良く短時間でこのとてつもないフィールドからホットスポットを見つけ出せましたね。

3day 009.jpg

まだまだ知らない世界はたくさんあるので来月も行ってきます。テキサスへ。