横山直人HIDEUP Blog

灼熱の琵琶湖でワイド!

2017-07-26 23:09:50

毎日30を超える日が続いて夏真っ盛りですね。

通常業務でもうるさい位に言われますが、普段の生活も釣りをしてる時も熱中症には充分注意して下さいね。

適度に塩分と水分を補給するようにしてください。

OS-1やポカリスエットの様なスポーツドリンクは身体への吸収も早いです。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

頭痛がしたり、目眩がするなら無理をせず休憩をしてくださいね!

 

 

さて、簡単では無い今の琵琶湖。

それでもスタッガーワイドで狙って釣れるとデカいですね!

スタッガーワイド4インチ+SFJ5gとスタッガーワイド4インチ+10gヘビダン!

いづれのリグもファーストフォールでのバイトが多い様です!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

エビ藻、カナダ藻をメインにフォールでダメならボトム、ボトムでダメならフォールで探って。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

その日の状況によってシャロー、沖を探り分けてる様です!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

 

こちらは渡辺さん!

今年のGWにご一緒させて頂いた関東アングラーです!

GWはスタッガーオリジナル3インチのヘビダンでしたが、今回はスタッガーワイド4インチ+SFJ!

流石!わかってます!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

これからの釣果が楽しみなオスマンダ-FATでも!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/26

渡辺さんまた琵琶湖へ来てください!

 

暑さで心が折れそうになりますが、スタッガーワイドでバイトがあると良いサイズのバスが食ってきます!

灼熱のフィールドで暑さを忘れる位のバスを是非手にしてみてくださいね!

slide_fall_jigosmunda_fat_65stagger_wide_4

Where is BASS ?

2017-07-23 23:22:15

7月も下旬の琵琶湖へ。

水温も30℃を超えてバスも人間もバテてしまうような週末でした。。。

放水も50tonと少ない状況。

丁度1週間前のチャプターの時と同じ様な感じでした。

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

南湖の中でも水質は場所によって大きく異なります。

 

クリアなところ、ささ濁りのところ、カフェオレみたいなところ、アオコの出てるところなどなど。

大佐は少しでも流れがあり、クリアな場所を求めて。

 

木の浜は他のエリアに比べて比較的水質が良かったので沖の流れがありそうな場所を探っていくとスタッガーワイド+SFJ7.0gを丸呑みに!

※ゴーストパープル

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

魚探には殆ど何も映らない場所ですが水通の良い所をチェックしてるもこんなバスも!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

スタッガーワイド4インチ+SFJに!

ファーストフォールで!

※チャートグリーンゴールドF

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

バイトがなかなか出ず苦しみましたが、夕方カナダ藻の上を探ってると待望のバイト!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

やっと釣れたバスはしっかり餌を食べてるお腹の大きなバスでした!

※スカッパノンギル

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

奥様は夕方のフィーディングタイム中にジョイントベイトにて!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

 

バスは何処に?

 

そう思う位バスからの反応はなかなか出ませんでした。

が、ライトリグなら比較的イージーにバイトは出ました。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

南湖西岸アウトサイド周りではバイトを出すだけならいくらでもって感じでしたね。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

ライトリグを使用して確実にバイトを取っていく方法は勿論有りです。

が、サイズも狙いたいのなら今の時期はスタッガーワイド4インチを投げないといけませんね。

 

正直今回の琵琶湖は簡単ではありませんでした。

投げて投げて投げてようやく拾う様な感じでした。

スタッガーワイド4インチを投げてる以上、ある程度サイズを狙うことになるので直ぐにはバスから回答が出る訳ではありません。

が、諦めずに投げる、探す事でなんらかの返信はあります。

 

スタッガーワイドを信じて投げてみてください。

そうすれば古橋さんの様なビッグバスに出会えると思います!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/23

slide_scoon_jigstagger_wide_4

BRUSH動画でワイドショーを!

2017-07-20 22:39:30

 

ワイドの達人森さんのBRUSH動画が公開されましたね!

真夏のスタッガーワイドによる攻略動画。

今回も達人のメソッドがギュッと凝縮された動画になってます。

 

スタッガーワイドをまだ使った事が無い。

スタッガーワイドの使い方が判らない。

どんな場所で使うの?

アクションは?

 

多くの方が疑問に思ってる事が動画で公開されてます。

観て頂ければわかりますが、場所もピンや特別難しい場所では釣っておらず、琵琶湖で釣りをする方なら大体の場所は直ぐにわかってしまうところです。

 

達人の動画を観て自分の釣行時に活用してください。

観て学ぶところがたくさんありますので!

slide_scoon_jigslide_fall_jigstagger_wide_4

チャプター第4戦

2017-07-16 23:59:40

NBC琵琶湖チャプター第4戦

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/17

放水が止まり、先日までのパターンが通用しないのは土曜日出た時に実感しながら挑みました。

シャローエリアの魚影は薄く、沖に出たと予測したものの、中々口を使わないバスを相手にやれる事はとにかくワイドを丁寧に投げ続ける事。

と思い投げ続けて取れたのは2本でした。

400gと1850g。

1850gは帰着間近の1時頃フォール中にでたバイトでした。

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/17

1位は断トツの10800g/3本!

パンチショットでの釣果でした。

凄い釣果で驚きしかありませんでした…w

2位も8キロ台、3位で7800g。まだまだまだまだ練習が必要です…。

 

もっと釣れる釣り方があるはず。

 

この夏今までと違った釣り方の練習をしようと思います。

もっと考えて、もっとシンプルに。

 

いつまでたっても練習は続きますが、初心に戻って頑張って行きます。

 

slide_fall_jigstagger_wide_4

明日はチャプター!

2017-07-15 20:25:48

夏風邪の大佐です。

熱は出るし、お腹の調子が絶不調だし踏んだり蹴ったりです。

今日はいつもお世話になってる梯さんが明日のチャプターのプラに付き合ってくれたのでなんとか琵琶湖へ。

 

放水が止まって先日まで好調だったエリアでは殆ど反応が無く、1からバスを探す事に。

バイトが本当に遠い状況でしたが、何とかヒントは見付けたのでは?と思ってます。

どんな厳しい状況でも今の大佐にはSFJとスタッガーワイド、オスマンダ-FATしかないので投げ切るだけです!

 

明日はチャプター!

やれる事をやって来ます‼︎

 

slide_fall_jigosmunda_fat_65stagger_wide_4

スタッガーワイドツインテール。今日は3.3インチを。

2017-07-11 23:13:00

今年もスタッガーワイドの釣果が日に日に上がってます。

永野くんのガイド釣果を見ても分かりますが、特にスタッガーワイドツインテールが凄まじいですね。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/11

先日の琵琶湖でスタッガーワイドツインテールでナイスバスが釣れたと報告を頂きました^ ^

サイズは3.3インチ!

テキサス?と思いましたが、聞くと今琵琶湖で話題のフリーリグとの事です。

(フリーリグってやった事無いですw調べてやってみないとw)

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/11

スタッガーワイドツインテール3.3インチは全国どのフィールドでも使って頂けるサイズです。

手に取れば「これ釣れるわ…」となるサイズ^ ^

是非使ってみて下さい!

 

スタッガーワイドツインテール3.3インチの事を書いてるのでお知らせです。

スタッガーワイドツインテール3.3インチにNEWカラーがラインナップされました!

関東で活躍するスタッフ板山さんの考案カラーです。

その名も…

#140『イタスギル』

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/11

こちらも是非お試しください^ ^

stagger_wide_twintail_33

シャローも浚渫もスタッガーワイドで!

2017-07-09 21:52:53

大佐の今週は寄合ウィークでした。

ほぼ毎晩の様に祭の寄合寄合寄合…orz

あと2ヶ月もすれば大佐の地元周辺は祭一色になります。

 

さてさて、昨晩も寄合を終えて琵琶湖に向かいました^ ^

朝からローライトコンディションでいかにも釣れそうな感じが漂ってましたが実際はバイトが遠くなっかなか反応が出ませんでした。

 

大佐がやってたのは西岸1.5m~3mまでもエビ藻とカナダ藻の生えるエリアと浚渫エリア。

シャローエリアは目に見えるエビ藻は少ないですが、水面下にカナダ藻が広がってるのがわかるような場所。

カナダ藻の上にSFJ5g+スタッガーワイド4インチを乗せて揺すって落とすイメージで探っていくと…

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

だるだるのラインがピンと張るようなバイトの出方でした。

この後、凄く重いバイトが来ましたが…スタッガーワイドのみ持って行かれました…。

 

バックシートではスピナーベイトを巻いていた坂本さんにバイト&ランディング!

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

立て続けにビッグベイトを巻いていた松永さんにも(><)

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

浮いてるか…?

こちらもビッグベイトで。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

 

 

 

 

浚渫エリアではエビ藻打ち。

ほぼ無風だった為SFJ5gをエビ藻に落としていくとバイト!

がっつりワイドを丸呑みです。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

更に丸呑み。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

この写真を見てわかる通り、SFJ+スタッガーワイドの釣りをするとワイドを丸呑みにされます。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

SFJ+スタッガーワイドの釣りをする上で注意して頂きたい事が2点あります。

 

 

1. ベイトリールのドラグ調整

2. ラインの太さ

3. ラインの確認

 

 

1. のベイトリールのドラグ調整ですが、ドラグは締め過ぎず、ラインを手で引っ張ると出る位の調整でお願いします。スタッガーワイドを丸呑みにした状態で釣られまいとバスは水の中で抵抗します。

ドラグを締め過ぎて無理矢理巻くとラインが口に擦れて簡単に切れてしまいます。

なので、ドラグ調整を行い一定のテンションを超えるとラインが出るようにセッティングが必要です。

SFJのフックは頑丈ですのである程度強引に巻いても伸びにくいですが、その分ラインに負荷がかかりますので注意してください。

 

2. ラインの太さですが、大佐はSFJ+スタッガーワイドを使用する場合、フロロカーボンの16LB を使用してます。

1でも説明した通り、ワイドを丸呑みにされる事が多いです。その為、ラインがどうしてもバスの口に擦れてしまいます。

擦れても簡単に切れないラインの太さが必要ですよ!

 

3. ラインの確認ですが、釣れても釣れなくても定期的にラインの確認は行ってください。

今の時期はエビ藻やカナダ藻がメインウィードとなりますが、いずれのウィードも「硬い」です。

タイトに狙えば狙う程ウィードにラインが擦れるので傷みます。定期的にラインの傷み具合を見てラインを結びなおしてください。

言うまでも無く、バスを釣った後は毎回ラインを結びなおしてください。

 

ワイドで釣れるバスは「威嚇」では無く、「捕食」です。

本気のバスにはきちんとセッティングされたタックルで挑んでください。

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09 

 

長々と書きましたが、ワイドで釣って頂く為に大事な事なので習慣付けてくださいね^ - ^

 

今日も先週に引き続きも夕方激しい雷雨でした(><)

釣りはくれぐれも無理をせず安全を確保する様にお願いします。

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2017/07/09

slide_fall_jigstagger_wide_4