久次米良信HIDEUP Blog

小物の必需品

2017-06-07 07:59:56

これから良く釣れるであろうチャターにワイド4インチ

ワイドをトレーラーにするにあたってFINAさんから発売されているトレーラーロック

これをオススメします。

これを使用するとワームのズレ防止に!

激しい魚のやり取り時にはさすがにワームが切れて飛んで行きますが

ワームが残る確率がグンと上がります。

ワイド4インチならトレーラーロックはMサイズ

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/07

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/07

取り付け方法はこんな感じです。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/07

使う分のセットをしていけばすぐに使用できます。

スコーンなどで使うオリジナル6インチなどはLサイズを

スモラバのトレーラーなどはSサイズを使用すると良いと思います。

するとしないでは全然違うのでお試しあれ

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/07

ちなみにアシストフック装着もできます。

画像の様に装着すればOK

参考にして下さい。

カブトムシ

2017-06-06 08:22:36

この前に釣果報告を頂いたOさん

久しぶりにカブトムシチャターを使う人を徳島で見ました。

カブトムシチャター=チャターにワイドの4インチをトレーラーとしたもの

琵琶湖で昔から流行ってましたね。その威力は凄まじかったのが記憶にも新しい。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/06

しかも50ジャストと釣れればデカイ!!

そしてOさん、まさかの次の日にも・・・

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/06

カブトムシチャターでまたデカバスを!!

ワイド4インチを、暫くチャターとコラボしていない私に火が・・・w

Oさんいつもインパクトのある釣果を有難うございます。

 

日曜日、私は午前中に少しオカッパリにも行ってました。

比較的に魚に触りやすいであろうと考え旧吉水系の大谷川へ

ロッドは2本

1本は71M+にカブトムシチャター(笑

もう1本はピン撃ちに66MLSTのベイトフィネス

カブトムシチャターでバンク沿いを流していき

リトリーブが止まるバイト!

はじめは根掛りと思い合わせられず・・・フックアウト

 

水門付近はピン撃ちでオスマンダFat6.5

水門絡みのマンメイドで一点シェイクで誘い

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/06

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/06

40くらいのコンディションの良い魚

ロッド/MACCA HUMC66MLST

リール/SS AIR81R

ライン/FLUORO 8lb

ルアー/オスマンダFat6.5 ネコリグ2.2g

 

そしてひたすらチャター流し

アフターの定番の縦ストを通してると

ひったくるバイト!

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/06 

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/06

回復系の40後半のGOODサイズ

ロッド/MACCA HUMC-71M+

リール/IB

ライン/FLUORO 12lb

ルアー/フラチャット10g スタッガーワイド4インチ

 

カブトムシチャター釣れますね。

なんといってもワイドのシルエットが暑くなればより効いてきます。

Oさんとのチャターの共通点はピッチが細かいってとこです。

OさんはD-ブレイド、私は今回フラチャット

ピッチが細かくないとトレーラーが暴れてしまう為、あまりよろしくない。

だからピッチの細かいチャターで動きを抑えて使用しています。

カブトムシチャターで回復のデカイ魚を狙ってみて下さい。

デカバス率がグンと上がりますよ~

osmunda_fat_65stagger_wide_4

この週末は息子Day

2017-06-05 08:03:33

土曜の仕事終わりに息子が連れて行けアピールをしてたので・・・

隣町の野池へ

最近は、この野池も個体が減って釣りにくいと聞きましたが

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/05

やっぱりワッパーは釣れる!!

しかも回収でのHIT、流石表層でも釣れるワッパー

初心者にも優しく有難いルアーです。

 

続いてかなりジージーとドラグ音

投げてファーストフォールでのバイト!

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/05

40ジャストくらいの回復系の魚!

フォールでも表層でもマルチのこなせる必需品のワッパー

 

そして次の日は野球が昼過ぎで終わると言うので

久しぶりに午後から野池へ

野池=ワイドは餌って私のイメージ

特にギルなんか多い場所でも良く効きます。

5gのダウンショットにワイド2.7のまさに簡単に釣れるリグ

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/05

オーバーハングで、できたシェードにキャストしファーストフィッシュ

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/05

同じワイドの釣りでサイズUP

何とかシェードにキャストが少しずつできる様になり

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/05

ラストもワイド2.7で!

ホント初心者でも釣らせてくれるルアーに感謝ですね。

基本、投げて落とすだけできれば釣れるんですから~

暑くなってきてるのでワイドの補充もお忘れなく!

stagger_wide_2.7wapper3

カブトムシチャター

2017-06-03 07:34:22

昨日は釣果報告を頂きました。

久しぶりに見ましたカブトムシチャター!!

とくにピッチの細かいチャターに関しては、アピールのあるトレーラーが良い気がします。

デカバスハンターのOさん有難うございます。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/03 

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/03

かなり良い魚!

当たり前ですがデカイ物を使うと魚もデカイ確率が上がります。

とくに野池なんかでは絶対ですね。

まだまだ皆さんの釣果報告もお待ちしています。

stagger_wide_4

今日からTOP50

2017-06-02 07:39:39

今日からTOP50が行われます。

山口県の弥栄ダム

このフィールドはエレキ戦となってます。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/02

エレキ戦はすぐに移動ができないのでよく考えて移動しないと難しい。

釣りの技術だけでなく、いかに戦略がってところですかね。

HIDEUPから吉田さんと乃村さんが出場してます。

皆さんも応援の方を宜しくお願いします。

スタッガーワイド

2017-06-01 08:02:21

昨日はSHOPさんでお客さんとお話をさせてもらってまして

野池釣行が多いらしく、それならワイドを是非とも試して下さいとオススメしました。

数釣りなら3.3インチ以下のワイドを投げてれば自動的に沢山釣れます。

沢山の魚がいても魚が小さいってのが野池の多いところ

もちろんアベレージが大きな池もありますが、どちらかと言うとこちらの地域ではアベレージは小さいかな

そこである程度ですが選んで魚を狙えるのがワイドの4インチ

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/01

去年、私も野池で1日50UP3発とワイド祭で良い思いしたり。

ホント野池でのワイド4は別格に私は強いと思います。

特に暑くなってきた今が!

もちろん色々なパターンもあると思いますが。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/01

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/06/01

ウイードが非常に多いところでは5g程度のテキサスをオススメします。

ウイードの上を引いたりポケットに落としたり

薄目のウイードのフィールドではヘビダンにしてシンカーをウイードのオトリにし

ワイドだけを浮かせて落として、そんな感じ良くバイトが得られます。

フリーフォールで狙う時なんかは、スライドフォールジグの組み合わせが良いです。

野池でデカイ魚を狙うなら4インチか5インチを使いきって下さい。

信じてやってれ必ずデカイ魚に出会えると思います。

 

久しぶりのフィネスクランク

2017-05-31 08:17:09

昨日のマズメ、はじめは表層からしてたのですが・・・

反応がなく・・・回復系の魚が少ないのかな?

アフター狙いで久しぶりにフィネスクランクをしてみる事に

まずはボトムまで巻きボトムを感じたらロッドワークでフィネステクニック開始

デッドスローでボトム付近をユラユラフラフラとイメージ

叩きすぎると思ったらショートライザー

これを繰り返してると

岩をゆっくり越えようとしてたらゴンっ!

バシっ!!

 

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/05/31

 

hideup 久次米良信 ブログ写真 2017/05/31

HU-300 #39 SPクローダット

MACCA HUMC-71M+

FLUORO 12lb

 

久しぶりに気持ちいい釣った感が!

このフィネステクニックを使う時は

ロッドでゆっくりと引く感じ

ロッドで引くのですがラインテンションは張ってるのですが少し抜き気味

ただ単に理由はバイトを弾きにくくする為。

それとナチュラルな違和感のない動きをする為でもあります。

HU-300は少しのラインテンションで浮きにくくなってるので、このテクニックが成立するのです。

絶妙な重心移動も設定されてて、もはやいう事なしのクランク

もっとゆっくりしたい人は、板オモリを貼ったりHU-400を使ってみても良いかもしれません。

300だから3mと言う考えは無くしてくれた方が良いですね。

このテクニックを使うのはかなりのオーバーレンジは当たり前なのです。

皆さんもこのアフター時期に試してみてください。

動きが鈍い魚でも釣れてくれるので気持ち良いですよ~

ハードベイト釣りたい人!必見です。

HU-300