永野総一朗HIDEUP Blog

9月25日琵琶湖オープンにクランキングでトライっ!!

2016-09-27 00:54:05

25日はゲストで日頃からたまらんばい高菜岐阜支部長(?)馬場さん、西岡さんと琵琶湖オープンに参戦!

お二人ともフェイスブックをキッカケに日頃からお世話になっております!

​この日は昨日の今日だったので、メインはクランキングにてトライ!

​先日ブログでも書いた、ディープホールの壁を使ったHU300でのクランキング。

​壁というか浚渫の上がりっぷちの角のウィードにHU300を当てていくという、ちょっと小難しい釣りで。

​放水&濁りと、条件が重なり、上手くコースを曳けさえすれば食い上げてくるって感じの釣りです。
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​朝一は私にヒットした後、馬場さんにも浚渫クランキングフィッシュ!!
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​西岡さんもHU300、クリア系からチャートに替えて「きたっ!!」
​けど惜しくもノンキー汗

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​私はキロクラスの魚。 HU300、なつかしのライトニングブルーバックチャート。
​こちらも復刻しております~。

展開的には、

​朝⇒浚渫クランキングにてポロポロと、、、

​10時頃から小一時間ほど西岸シャローにアユボイルを見に。。。
​しかし自分達の回ったエリアではボイル起こらず、、、

あとから表彰式のコメントを聞いていれば、南湖西岸シャローのボイルをやっていた方もトップ10入り。

​ボイルを撃つことも大事ですが、ボイルが起こっている近くの、フサモやエビモに着いているバスを狙う、、というようなアプローチで釣られていました。

​ちなみにフライト時も、ミックの周りでボコボコとボイルしており、フライト直後、しばらくミック近辺でボイルを狙ってみましたが、2バイトのみ。

う~ん、、ボイル撃ちなかなか難しい。


​結局つかみどころがなく、最終的に再びディープホールに戻って浚渫クランキング。

​またポロポロと、、。

ライトリグでも釣れましたが、やはりクランクの方がサイズが良さげでした。

私に魚が寄ってしまったのですが、4本とれて1本入れ替えという感じでリミットメイクしてウェイイン。

すべて、HU300でした。

 

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​しかし、ちょっと魚が小さくなったかな。。。

3本 2600gちょいという「う~ん」なウェイトで33位。

​しかしながら、もともとドカン!!!な魚は難しい釣りだった為、個人的には

「いつものガイドでやっている釣りを、いつもの場所で、いつものHU300で、いつものように巻いたら、いつもより少し小さい魚(にはなりましたが。。)が、それなりにヒットした。」

​という感覚で、ある意味ビッグフィッシュパターンではないものの、クランクで狙って釣れてリミットメイクもできたので、結構面白かったですね。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26

​(写真はガイドゲストの川瀬さんから頂きました。。川瀬さん、いつもありがとうございます!)
​そしてひょんなことから、表彰式、抽選会にて司会をお手伝いすることに。。。笑

​今思えば、もっとああすればこうすれば、、楽しかったんじゃないかな~と。。反省だった部分も。

​個人的にはまたやりたいです。。!!

お声かけいただいた大仲プロ、ありがとうございました。


まあ私の司会はどうでも良いとして笑 気になる上位パターンですね。


​琵琶湖オープンのHPよりそのまま抜粋させていただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビワコオープン第四戦 キサカマーキュリー・ガンクラフトCUP
優勝  長谷川和雄さん 3本 6400g
2位  米田友和さん 3本 6170g
3位  小島明久さん 3本 5920g
4位  岩崎晃之さん 3本 5850g
5位  富田和也さん 3本 5450g 

[ビワコオープンレポ]
優勝 長谷川和雄さん/3本/6400g。北湖西岸、和邇~真野の2mシャローの中でリーズが張り出しているスポットを中心にドライブスティックNSの水面直下巻きで狙い、コアユが風でリーズ際に押されるタイミングで釣れました。前半の風が無い時間帯はトップもやってみましたが反応悪く、後半の風が吹いたラスト2時間で連発でした。

[ビワコオープンレポ]
2位/米田友和さん/3本/6170g。北湖東岸のディープをヘビキャロとHDSで狙ってこのウエイトでした。

[ビワコオープンレポ]
3位/小島明久さん/3本/5920g。北湖東岸、7~10mラインの沈みオダをアノストレートネコリグとマルチジグ スタッガー3.5で数ヵ所のスポットをローテーションして、全て1キロ以上の魚で10本以上釣れて、3本のウエイトが5920gでした。

[ビワコオープンレポ]
4位/岩崎晃之さん/3本/5850g。北湖、和邇周辺の12mフラットをジグで狙って4バイト3フィッシュ、2キロup×2、1500gぐらいでした。基本的に何もないフラットなので、信じてやり続けるだけでした。

[ビワコオープンレポ]
5位/富田和也さん/3本/5450g。南湖南エリア、矢橋帰帆島~ディープホール周辺の流れが強く当たるウィードフラットでスイミングジグを巻いて3本でこのウエイトでした。風が無い時間帯はバイトも多かったですが、後半風が吹き出してからはバイトが無くなりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

​先日高菜を協賛させてもらった、鈴木杯の鈴木祥 選手が、上でも書いた、南湖西岸のボイル撃ちパターンで6位となっていましたね。
​皆様入賞おめでとうございます!

​3位のコジコジガイドサービス小島選手(先日は高菜買ってくれてありがとうございました!)はジグ&スタ3.5インチのコンビで北湖のディープを攻めて入賞という、ありがたいお話。
​ジグトレーラーとして有効なのが改めて実感できました。

​面白かったのは5位の富田選手がやっていた南湖南エリアでのスイミングジグ。
​目に見えるウィードパッチの際や上をスイミングジグで高速リトリーブという釣り方でしたが、
​大仲プロが「普通はチャターやスピナーベイトなどでやるような釣りですよね」 と話を振ると、
​「それが、チャターやスピナーベイトでは出ないんですよ、スイミングジグでパッチに対してしつこく投げると食ってくるんです」と富田選手。

​面白いな~ こんなアプローチがあるんだな~と勉強になりましたね。

​やり方がいろいろとあり、決して答えが一つではないのが、これまた琵琶湖の魅力というか、非常に琵琶湖中毒者が多い理由のひとつなのではないかと思います。


​大会終了後はもちろん残業フィッシング。

​やはりガイド的には今ならではの浚渫クランキングで魚がもっと出したくて、練習!!

​すると。。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26

馬場さんのU300にドカンと40アップ!

光量少ない夕方&濁りということで全員目立つチャート系で!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​西岡さんのHU300にガツンと40アップ!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26

もう一発西岡さんのクランクにガッツン!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​ラストは馬場さんのHU300に野太い40アップがガッツリ~!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
あ、私も一本いただいておきました。

​朝と同じくディープホール南壁のブレイクの角狙い。

食わせどころが分かり、夕方の食い気の上がる時間も重なって30分で5連発。

​ただ、まあまあ難しいですよ、この釣り笑 通してくるラインと角度がシビア。

「ザックリブレイクらへんに投げよ~」では釣れない。。汗

そして基本的には必ず深い方から浅い方に向かって引くことと、出来るだけショルダー付近に生えているウィードに絡めてくること。

​そして複数人でやろうとすると、更に難易度UPという感じです。
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​でもそれで釣れる魚は大なり小さいなり、シビアな分、狙って獲った魚。
​本当に嬉しい一本ですよ。

​ちなみに私はディープホールやりましたが、オロシモ、木の浜の浚渫でも成立する釣りですので、良い角のウィードを見つけたかたは是非クランク通してもらえたらと思います。
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​帰りはミックの柴田さんが高菜を買ってくれて、、(ありがとうございました!)

そのまま馬場さん達と、真野にあるハンバーグ屋さんへ~。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​釣り終わりに来るには、ちょっとおしゃれ?な感じのお店でしたが、アットホームな雰囲気の良いお店でした。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
​ランドウェグというハンバーグ屋さんで、HU岩田さんちの近く笑
岩田さんに教えてもらいました~

​大人数はあれなので、多くても4人くらいまでで行くのがオススメです。
・・・
​後ろの席の女子二人のガールズトークがなかなか黒い雰囲気だしてました​。


馬場さん・西岡さん最後のラッシュは楽しかったですね!試合中におこれば、、、泣 なタラレバですが。。。汗
そして馬場さんは流石岐阜支部長、今回も高菜大人買いっ!(写真撮り忘れてしまいました。。)
一日ありがとうございました!!
是非またご一緒しましょう!

 


​解散後は堅田のスターバックスにてブログ更新、、カタカタしていると、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/26
ステージのショガワさんと匿名Yさんが声を掛けて下さいました汗
そして高菜を買ってくださるという、、、
​Yさん、ありがとうございました~



​そんな25日終え、26日はハイドアップ倉庫でお手伝い。
​在庫が無くなっていた、スタッガーオリジナル3&3.5インチの#141ナチュラルグリーンブルー、通称たまらんばいシャッドが入荷!

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/27

ほんと、良い色なんだな~、、
数限りはありますが、
ハイドアップには在庫ありますので、お探しの方は最寄りのお店にお問い合わせしていただければと思います。

 

ヨロシクお願いします!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する

9月25日ガイド。南の濁りでHU300巻き倒し。浚渫クランキング!!

2016-09-25 22:54:10

9月25日は平松さんを迎えて琵琶湖!!

この日は手札をできるだけ絞り、

​クランク・表層の2パターンに限って展開。

​クランクはHU300を南エリアの濁りの中で巻くパターン。

​エリアとしてはディープホール周辺が多いです。

​濁っている南エリアの方がいまは巻きに適しているかなという感じ。

​特にディープホール周辺は流れの変化もあり、フィーディング場になっている場所をメインに狙います。

​もう書いてしまいますが、やっているのは主にディープホールの南壁を使った、浚渫クランキング。

​ちょうと駆け上がったくらいのところにボートポジションをとり、少し深い側にクランクを投げ、浚渫の「角」を通すように巻き上げてくるやり方。

​ブレイクの角に生えている、カナダモや、エビモについている、、というかそこでフィーディングしているバスを狙っています。

​特に放水時、南に向かって駆け上がっている地形変化というのは、北からの流れがぶち当たり、その流れを上に押し上げます。

押し上げられる流れに乗って、エサも水面向かって押し上げられる。

それをバスが狙って食いあげてくる、という動きです。

​実際、こういった南に駆け上がる地形変化のブレイク上では、放水量が多い(多くなった)ときほど、ブレイクライン上でボイルが起こっていることが多いです。

​(そのボイルは最近はなかなか釣れないボイルなのですが)


​よって、流れに押し上げられるベイトをイメージしながら、HU300を浚渫の駆け上がり(のウィード)に当てていく感じでHU300を巻きます。

そんなクランキングを平松さんにレクチャーして釣り開始、、、

​東から西へ。ブレイクライン上を巻いていくと。。。
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
​いきなりどかんと! 平松さんのHU300に40UP!
​今日の為に、朝アングラーズで買ってきていただいたHU300の”たまらんばいブルー”入魂です!!!
​ありがとうございます!


​さらにもう一発!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

HU300、たまらんばいブルー!!
時間帯もありますがササ濁りくらいの場所なら関係なく釣れるな~。

 

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/25

私も合間にポロポロと釣りながら、
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

再び平松さんのHU300にグッドサイズ!!
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

連発しております!!!
​これは、「こういう場所で、このルアーで、この方向に投げて、こう引いてきたら、釣れる!!」
​という再現性が整った、いわゆる完全なパターンとなっています。

​ただ、どのコースを通すかで食うか食わないかが変わってくることと、ボートポジションのとり方にも技術のいる、はっきり言ってちょっと難しい釣り方ではありますが。
​とにかく、楽しい。
なんで楽しいかというと、この釣り方は、
​ルアーの力はもちろん、タックルバランス、クランクの巻き技術、ウィードを外す技術、操船技術、魚探を見る力、
​とにかく自分の持っている力や技術のより多くをフルに使いながら釣っていく釣りだから、、かと思います。

​そして、再現を狙い、釣る。 
これぞバス釣りって感じがするのは、僕だけでしょうか??

 


hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
ちょっとサイズダウンしてきましたが、それでも平松さんは続々とHU300のたまらんばいブルーで!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
​私もHU300で続きます~!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
​ さらに浚渫クランキング! HU300で45UP!
​ときどき、ブレイクのエビモにグサリと刺さってしまうこともありますが、エビモは刺さらないようにクランク巻くのは難易度MAX、、、
それでも、頑張って投げ続けていくことでチャンスを拾っていっている感じです。


​昼間は場所を休めたり、ほかの場所のチェックも兼ねて北上。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

シャローのボイルエリアでノーシンカーを沈めたり、、などなど。

​濁りのある別エリアでもクランクを巻いたり、、

​釣れそうで、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

釣れましたが、なにか。


​魚探の持ち込みもあり、ポイントのレクチャーも兼ねて、各所をウロウロと回り、、

​夕方は再び、浚渫クランキングで勝負。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

私のHU300に太いやつ一発!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

続いて平松さんも!
​平松さん、ウィードの外し方がすごくうまい。

​ウィードに当たったら即時に巻くのを止めて、一瞬テンションを抜いてから、張って緩めて張って緩めて、、で外します。
​結構多くの方はひっぱりぱなしになってしまったり、ちょっとクランクを浮上させる「間」が少ない方が多いです。

このコツをつかむだけで、クランクベイトはもう楽しくで仕方がなくなります。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

そのまま夕方のラッシュは続き、
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

サイズは40後半クラスまででしたが、
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

食い気の上がる時間に当たったこともあり、
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
​たまらんばい(自撮り)。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25

人はいません。魚はすごくいます。
が、釣り方を間違うと食わない。(サイズは選べませんが)

​上がったところのエビモにスピナーベイトを通しても、ダメ。
近くのボイルを狙っても、ここはダメ。

​なぜかクランクだけが釣れるという、(そしてコースややり方がちとシビア)面白い展開となりました。
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
​ラストのラストまマリーナ前のウィードパッチを表層ノーシンカーで狙いうち!!
​平松さん、しっかりと〆フィッシュを捕獲~!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/25
​平松さん、今日も一日ありがとうございました。
​ちなみに、今年のキープキャストのセミナー動画、撮っていただいたのが平松さんでした。
​(その節はお世話になりました~!!)

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/25

最後に高菜漬けもお買い上げ、ありがとうございました!!
次回はまた来年ですね!
​来られる度にすごく上達されている平松さんを見て、うれしく思います!!

​一日お疲れ様でした~!!


○クランキングタックルHU300○

・マッカ71Mプラス
・シマノ カルカッタコンクエスト200
​・バリバス デッドオアアライブパワースタウト13ポンド

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する

9月23日ガイド。コアユが南湖に入ってキタゾ!ワッパー4&HU300で50UP×2本など!

2016-09-23 22:31:13


23日は常連の山路さん、そして清水君を迎えてビワコ!!

全開放水の続く南湖。

朝は、南のギルプカスポットへ。

​今年最大級のギルプカを目の当たりにしましたが、、、バスのバイトは得られず。

​付近でクランキングも1バラシ。

北上。 南湖北エリア。

野洲川&真野川の濁りもしっかりと入り、HU200~400などクランクを巻くような場所は濁っている状況。

​これは巻くしかないと、チャンネルライン周辺をクランキング開始!

 

普通のアウトサイドエッジはもちろん、エッジから少し入った、ウィードの薄くなっているスポットや、

逆にエッジより外側の何もないとろにある、ウィードパッチなどを狙って。。。

​HU300!! 

 

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/23

 

 

清水君のHU300に一発!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23
 

私のHU300にも一発!
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

山路さんのHU300にも一発!

​その他も同じサイズがポロポロ釣れましたが、皆カワイイサイズ(汗


​しかし、台風前の状況に比べれば、圧倒的にクランキングに適した状況に変化しており、入れ食いとはいきませんが、バイトはイージーに出る方かと思います!

​濁りも入り、ウィードの適度に飛んでクランクを通すスペースができてきた今の南湖。



はっきり言います。


「クランクで釣るなら、今ですばい!!!」

使いかたは、ウィードに当てず巻き通しでも良いですし、ウィードに当てるなら久々「アモキハマ」な感じで釣ってます。
たぶん、どちらでも釣れます。

​復習で解説!

アモキハマ 

​→クランクをフルキャスト! 巻いて巻いて、ウィードに、「当てる」

​ロッドティップを「戻す」(すぐにラインスラックを作って浮かせるイメージ)

クランクがウィードから浮いて外れたかどうか「聴く」! ←これが最も大事な動作です。

​ウィードがかかっていれば、ロッドを軽くあおって「外す」。切るのではなく「外す」イメージ。刺さってもないのにバシバシ外したらだめですよ~。丁寧に。

外れたら、「巻く」

​この、アテル・モドス・キク・ハズス・マク

の頭文字をとったのがアモキハマ。

​よく言われる「ウィードに掛けて外して、、、、」と言われるワーミングクランクの基本動作になります。僕の場合。





​とは言ってもいろんな釣りもしたいと笑

​今日はいつもは回らないようなエリアや釣り方を試して、状況も確認。

​すると、、

​遂に発見してしまった。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

南湖に入ってきたコアユたちを!!!


西岸北エリアのウィードエッジにとどまっていると、北から南へ、コアユの群れが次々と泳いでいきます。

​北からやってきては、、バスに襲われ泣  残りはまた南へ。。

​また別のコアユの群れが北から流されてきては、、バスに襲われ、、泣  の無限ループ。

”回転ずしか!” 

と思うほど定期的に流れてくるコアユに何度心の中で合掌したことか汗


​おかげで場所によってはボイルが頻発。


​やっぱワッパーっしょ!!(言いたかった)

​ってことでワッパー4を各所で高速引き。


まずはそれっぽいシャローのマットエリアで、、

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

山路さんのワッパー4で!!!
​やっぱりベイト食っているので太い個体!!


​その後も表層ワッパー&ウープス3ノーシンカーでポロポロと。


​ボイルを追って沖に出ていき、、


ついに!!


​山路さんのワッパー4に丸太みたいなヤツがバイト!!

​絶対あれだ!
吉田さんがこの時期ワッパーで釣ってるぶっといヤツだ!!

​ついに掛けたぞ~!!
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

「ジジジジzzzz~~~~!!!」

と、、とまらん、、、、

​そのまま、、、無念。。。。。


​それはまあ、さすがのDyamazi さんも相当な凹みっぷりでしたが、ボイルは続き、再びワッパー4を投げまくる!

​水面でポップ音を出しながら引いてきます!

ボイルが起これば、そこを狙う!


そして、、
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

どかんと!! 50オーバー登場!!!

​さっきのヤツより引かなかったのが、、、なんだか心中複雑ですが、それでもナイス一発!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23
​やっぱワッパーっしょ!(言いたいだけ)

​まあこんなコンディションなので、やはり表層をメインに狙っていき。。。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

清水君はボイルうちで49㎝~!!
こちらはブースターブレード(小さい方)でした!




​その後は風が吹いてきて、表層がやり難い展開へ。

風あり、波あり、濁りあり

と来たら、やっぱりクランク!


​HU300をメインに、木の浜&赤野井エリアを巻いていき。。。


​HU200で一発バレ!!!


​の後に、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23
HU300でリベンジ!!!

​ウィードにかかって、ロッドであおったときに食ってきた! 


アモキハマのハ!!


一番この食わせかたが気持ち良いんだよな~!!

南エリアに下り、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

今度はアモキハマのキ! で50アップ~!!!
​HU300です!!
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

そして清水君もHU300 たまらんばいブルーで一発~!!

うん、たまらんばい。



​ラストはマリーナに帰ってくると、マリーナ前のウィードパッチでボコボコボイル~!!汗

​時間的には終了だったので、、

​一旦上がって、オカッパリから、、

 

 

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/23

 

ワッパー4で40アップ!

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/23
清水君も一発!!

​ただ掛けたけど取れなかった個体も何本か。。。泣

​明日釣れるかどうかはわかりませんが、コアユが入ってきて激変してきた南湖でした!

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23
​山路さん、清水君、お疲れ様でした~!!
​全員ルートは違えど、たまたま同じ立命館大学BKC(琵琶湖草津キャンパス)3人組でした汗

​キャンパス時代の話に花が、、、、、、咲いたのか笑?

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

高菜もありがとうございました~!!
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

先日ミックオーナーズカップも優勝し、ノリに乗ってる山口さんも。
​ありがとうございます!

​琵琶湖オープン頑張りましょ~!!!


hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

いや~

​ここにきてコアユ登場ですか!
ますます楽しくなってきた琵琶湖です!

明日も釣れるのか!?汗

~~~~~~~~~~~
​落とし物のお知らせ!!!
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/23

マーカーブイ拾いました!
​トリイさんという方のものらしいです!

心あたりのあるトリイさんは、hideupnagano@gmail.comまでご連絡くださいませ~。
​その際に、年のため、置き忘れてしまったであろう場所をお教えください!!

​お預かりしておきますね!

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する

9月22日ガイド。クランク&スピナベの、、単発デイ!50upも出るが。。。!?

2016-09-22 20:11:49

本日は横浜より常連の阿部さんご夫妻を迎えて湖上へ!!

​昨日の今日でに濁り&全開放水続くコンディション。

迷わず「巻きでしょ!!!」

と巻きに行きます。

​濁りが残っているので、背の高い縦ウィードのあるとこはスピナーベイト。
ちょっと背が引くかったらチャター。

など、やはり強波動路線で攻めていきます。

​東岸のシャローから回っていき。。。

魚が出たのは、、、



ディープホール周り!!


hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22

ご主人のBカスタムにドカンとヨンパチーノ!!!
相変わらず気持ちの良い合わせを決めてくれます、ご主人。。!!!



私はちょっと深い方にHU300を投げて。。。


ウィードに当てて、、煽って外して。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22

ピックアップ寸前にガッツン! と54㎝!!

濁りの残るこのエリア、やはりチャートで、エイトさんオリカラのローカルサンライズギル。

大好きなチャート系カラーになってきたな~




グッドサイズが2発入り、今日も巻きで行ける! と思ったのですが、、

ここからが問題でした。


この後は巻けども巻けども食い上げてこない。


パッチ状のエビモにタイトに当てたり、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22
浅ーい方に手を出してみると。。
 

奥様のスピナーベイトに一発!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22
​ヘビダンからトップ、巻き、ライトリグまでなんでもこなす奥様です。

​しかしそれでも投げている割には反応が薄く。。

”レンジが深いか?”

​と、思いディープクランクを投入。

​競艇場沖の濁りから六本柱南、赤野井アウトサイドなど、引けるところを転々と。

​途中奥様のHU300にレギュラーサイズヒットしましたが、足元でポロリ。。。

​しかし食ってくることが分かり、めげずに巻いていきます。

若干ササニゴリくらいのエリアでは、、
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22
​HU300のたまらんばいブルーで、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22

35クラスまでがポロリポロリとヒット。

​赤野井沖ウィードアウトサイドエッジ、、、、のちょい内側でしたかね。
​ざっくり広く流すのではなく、ちょっとウィードの抜けているような薄いスポットを重点的に流しました。

​全開放水時は、ざっくりひろーく、、な釣り方をすると結構外してしまったことが多く、毎回ですが”何か”を狙うようには心掛けてはいます。

​とは言え

難しい一日になってしまいました。。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22
ご主人、奥様、雨の中一日ありがとうございました。
僕のガイドでデカイバス釣ってほしかった。。。

​明日&明後日も出撃されるそうで、、陰ながら、、いや、表立って応援しております!!
秋のデカバス仕留めてきてください!

今日はお疲れ様でした。


~~~~~~~~~~~
​本日の釣果報告

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/22
ガイドゲストの林さん・安井さんより。。

​林さん、南湖北エリアにて、スタッガーオリジナル5インチ&ボディーショットを巻いて一発~!!
​ノガレスのボディショットは埋め込みことでスイミング姿勢が抜群に安定するアイテムの一つです。
​ノーシンカーやる方は是非お試しください!

​林さん・安井船長、ありがとうございました!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する

9月21日ガイド。台風後の琵琶湖を巻物攻め!54㎝,51㎝ スピナベ・クランク!

2016-09-21 21:57:50

本日は台風開けの琵琶湖に、常連の北村さん、山下さんと出撃!!

​大雨で水も-8㎝まで回復&放水増加(朝200t、昼から全開)のコンディション。

​自分の回ったところだけになりますが、水温や水の色なども軽くレポートしていきたいと思います。


​が、もし「台風後の変化は自分の目で見て、自分で魚を探したいっ!!」
って方はこれより下は見ない方が楽しみは増えるかもれませんので、、あくまで参考までに。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

まずはミック前。アオコがないだけで、濁りは対して変わらない?
​濁りの質は変わったでしょうか。浮き藻はかなり流れてくれて快適に。
水温は約25度。2~3度下がった感じですね。

​そのまま東岸シャローへ。
​ふつうに前回まで釣っていたとこを回ってみます。
​変わっているだろうと思って、釣るためというより、釣れなくなったことを確認して、自分の頭の中から消すために釣りします。

​が。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​山下さんこの激濁りの中、いきなりチャターで釣っちゃいましたよ(笑

​東岸シャロー1~2m。あの大きな岬のとこですね笑

MACCA71Mプラスで巻く、ブレードジグ3/8オンス&スタ3のコンビでした。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​今更ですが、スタッガーオリジナルシリーズは意外とチャターのトレーラーで釣れるんですよ。
最適なサイズは組むチャターにもよりますが、

​スタッガーオリジナル3.5インチがオススメです。

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/21
​ちなみにこういったトレーラー系統にはソルト系カラーが意外と相性○。
​理由はハデ&モチが良いから

ソルト系カラーって基本ギラギラ・ラメぎっしり。ワームの硬さって基本大きなラメが高密度で入っているほど硬くて、ラメ無しほど柔らかい。
​ウォーターメロンとギルカラーをイメージしてみてください。どちらかというとギルカラーの方が硬くないですか???(新品のウォーターメロン系は硬いかもしれないけど、、)

​要はそういった理由で、ジグに対してギュっと刺せるので若干ではありますがモチが良いという理由。
​また、ラメでアピールできるのと、硬さ故の波動の強さもあります。
​そんな理由で通常のオリジナルが切れたときにたまーにソルトウォーターカラーを使っていました。

​ちなみにスタッガーオリジナルのソルトウォーターバージョンは匂い付き。臭いです(笑


話は脱線しましたが、釣りの続き。
いろいろとエリアも見たいこともあり、あまり深追いはせず移動。
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​一旦おなかのピットインを済ませて南に下っていくと、、
南エリアはまあまあの濁り。カフェオレ手前といった感じですかね。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
競艇場沖。ここはまあまあカフェオレになってました。
​水温は24度ちょい。濁りがきついとこほどやはり冷えたのかな???
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
たけし城~ビワコホール近辺のシャローをトップやスピナーベイトで流す、、、
​濁りは競艇場沖よりマシ。カフェオレより結構手前。
​よく言えば、いい感じの適度な濁りかと思います、、が。
生命感はなし。

ちなみに全体的にウィードが飛び気味。ツルツルにはなってませんが、ウィードの背は確実に低くなりました。

 

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​(夕方とった写真ですが)
​この夏~秋 大船団だったプリンス沖のパンチ牧場。
​私はあまり立ち寄らなかったので、比較できませんが、さすがにウィードの量は減ってるのではないかと。。
​撃つ人はまだまだ釣るんでしょうか、、、。


​移動。

 

 

 


​ディープホール周り。
ほどよい濁りです。

​浮藻も飛んで釣りがしやすい。

​前回トップでも釣った、ギルプカプカスポットの縦ウィード(フサモ)を巻いてみます。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
そして山下さんにどっかん!!!!
51㎝でした~!!
​やはり巻きが得意な山下さん、釣りますね~
​5/8オンスのハイピッチャーマックスだそうで。

さらにディープホール周辺のちょい深いとこでHU300を巻く!
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​濁りにはチャート!!!!

HU300エイトオリカラで45クラス!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​HU300でもう一発!!
​こちら47㎝! 同じくエイトさんオリカラ~

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​釣れそうなカラーだな~と思って投げていると、やはりよく釣れる!

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/21

これは先日フィッシングエイト京都伏見でのイベントで紹介させてもらった、
エイトさんのオリジナルカラー ”ローカルサンライズギル”。
​本当は”たまらんばいブルー”なども投げたいのですが、あれはちょっとクランク巻くにはクリアかな~って思う水で巻けるように作ったカラー。
​出番としては、もう少し水のキレイなエリアか、いまの濁りが澄んできたくらいから投入予定。

状況に合わせず無理やり釣りしてもあまり良いことありません。。。。
濁ったら迷わずチャートです!

​エイトさん、良いカラー作ってくださりありがとうございます!

僕はローカルサンライズギルで。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​山下さんはHU300のタイガーで一発!!

これらはすべてウィードに当てて、ちょっとあおって外して。。
を繰り返していると食ってきてました。

​濁ったからウィードに対してタイトについている感じなのか。。。??

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
うお!!もう一発HU300にきた!!
​エイトオリカラ ローカルサンライズギル!
​濁り&放水効果ですね! バスも上を見てる。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
ここの水色はこんな感じ。
​チャートだぞ~って感じの色しています(後付けですが)。


​その他数回乗らないバイトあり。

​ノロノロと移動して、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

人工島前にやってきました。濁りもきつく水温は23.9℃。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

この辺はかなり流されてきたマットが多い。
​ちぎれた藻は少ない分、まだ釣りはしやすいですね。
​写真右奥、イオン付近は河川からの濁りが入り、さらにカフェオレ。

​さらっと流して、沖に帰還。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

お待たせしました。
​今年大活躍してくれた六本柱~プリンス間のラインです。
​一時期からウィード、何よりトロロ系の黒い”ごはんですよ”も多く、釣りがしづらくなっておりましたが、
今回来てみると、ウィードの背が低くなっている!
そして濁りも適度な感じ!
水温も25℃で、まあ、普通です。
スポットによって多少差はあれどクランクが巻けるくらい、水面のとウィードの間にスペースができたのは大きいです。
適度にウィードに当たってくれて、今現在レンジピッタリな感じがしたのはHU200。

​六本柱~プリンスを巻くならHU200がピッタリです、


​っと、、ちょろっと流しましたが惜しくも2バイトで乗らず、、、でしたが!

​その後移動して、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

北村さんがスピナーベイトで45UP!
がっつり足元バイト!!

​そんな場所は、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

最近大人気のオロシモアウトサイドのエビモパッチ。(写真はウィード無い方に出ちゃったけど。。。)
​エビモパッチを遠目で目視しながらパッチの上や際をシャカシャカ巻いてきてどん!
​でした。

​この釣り方が食うならと、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

木の浜浚渫エリアの堀残し狙い。
​台地にある、エビモ&フサモのパッチの上をスピナーベイトで通してきます!

​木の浜浚渫エリアの濁りに関しては南エリアほどひどくはなく、まだウィードは結構見える方。
​ただ浮きマットが多いのがちょっとやり難かったですね。

​スピナーベイトをゲストのお二人にやってもらっている間にブレイク側にHU300。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
まあカワイイサイズが一本。

​本命のフサモ&エビモの上スピナーベイトはなかなか当たらず、ウロウロ粘っていると。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
私にどかんと、54㎝でした汗 (Bカスタム1/2オンス)
​このデッドグラス?というカラー、よく釣れますね。 以前ゲストさんも釣っておられました。
​最近カラーはやっぱり大事だと再認識しております。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

あ、こんな景色と映像です。

ここはいる! と思って巻き続けましたが、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

北村さんにカワイイサイズ! 
と、もう一本でした。


​そのまま対岸に渡り、浮見堂です。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

水温は御覧の通り。水はまあまあキレイです。
​放水量も全開となっており、、、

​「風ない、波ない、人いない」

​トリプルインパクトで、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21

オトナノタベモノダヨ。
​じゃらじゃら引いていい感じに水面割ってくれましたが汗

​この北エリアの西岸&東岸は、真野川や野洲川の濁りがこれから入るのかな???
​入ってくれることを祈ります!


​その後の夕方は濁りを求めて南エリアへ戻り、スピナーベイトを中心に巻いていきましたが、朝ほど反応よくはなく1バイトのみでストップフィッシングでした。

​今日は、ローライト&濁り&放水 といういかにも 巻きなさいよ な条件が整っていたこともあり、反応もありましたが、また明日からは魚探しになるかと思います。
​どうか釣れますように!

​北村さん・山下さん、雨の中お疲れ様でした!
また来月お待ちしております! 



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
​今日の高菜販売!

​ミックの井ノ口さんと共に出られていた、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​ガイドゲストの松原さん!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
と、矢追さん!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/21
​山下さんも!

みなさん、いつもありがとうございます!
​ちょっと在庫ないものもあり、ご迷惑をおかけしました!
​明日、入荷予定です!

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する

9月19日ガイド。トリプルインパクト!&スピナーベイトで!

2016-09-20 12:58:25

19日は、奈良県より萩原さん、根来さんを迎えて琵琶湖!!

​雨予報におびえておりましたが、意外と降ったりやんだりでそれほど、雨の影響は受けず、、、


​3連休最終日ということもあり、湖上は平日並に人が少なめ、おまけに風もほとんどない!

​ということで、基本的にボトムを狙う、ということはせずに、縦系ウィードに今日も狙いを絞り、バスを浮かせて釣るようなやり方で釣っていきました。


​まずは、「風ない、波ない、人いない」
​は、、、

​”ガボシュ! 。。。。ガボシュ!!”
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20

 

トップウォーター展開でトリプルインパクト!!!

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/09/20
​ディープホール周りのギルの浮いているフサモエリアトリプルインパクトフィッシュ~!!
​使い方はいろいろとありますが、それほど活性の高くない今は、「止めて見せる!」

​ポッパーと同じような、
​「ロングキャスト⇒5秒ステイからの5回ポップ(ポップの間隔は2~3秒程)」 回収、次! という使い方に落ち着きました。
ポッパーよりもより魚を呼ぶ力がある感じですね。
​リヤのプロペラの音が効いて「ガボシュ!」というポップ音がたまらんばい。


​リップがあるのとフロロカーボンを使っているので、ロッドを上にシャクルやり方で、結構音が出ます~

​そんなんを繰り返していると、、、、”ガボシュ。。。。。ボゴっ!!!!”ともう一発でましたがモバケ、、、、無念。


ギルの浮いているエリアにはやはり居る感じ。
​しかし続かないので、また時間を置いて入り直す形に。


​少し風が出てきたらスピナーベイト展開。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20

 

 

こんな感じの縦ウィード&濁りが少しでもあるような場所で、水面直下&エビモの際をシャカシャカ巻いていきます。
​もう8年程前の秋、大橋マリーナのレンタルボートで良く出ていた時によくこの釣り方していたな~

​と懐かしくなりながら引いていると、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​ゴスっ!!とひったくられました~

​スピナーベイトは3/8オンスを使っています!
(白井さん、買っちゃいましたよ汗)
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​引き続き巻いていくと、、、萩原さんのスピナーベイトにもう一発!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​「こんな鉛とワイヤーの塊なんて、、、、」
​とスピナーベイト不信者だった根来さんにもスピナベ初フィッシュ!
​不信感の罰か?なんともカワイイサイズでした笑

​とはいえなかなかバイトが遠く、、

​午後からは展開を柄っと変えて、、

北方面に。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
入れ食いです!!!。。。。。とはいきませんが、相変わらずこんなサイズがポロポロ釣れてくれて癒されコースです!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​柄にもなくちょっと冒険!笑
もっと南で全然釣れたのですが、あまりにもベタベタだったのでちょっと寄ってみました~
そして萩原さんはこの日の為に購入してくださったMACCA64Ⅼプラスで入魂~?

​その後もMACCAを楽しんでいただけました。

​そんな風に楽しんでいると。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20

一発混ざったグッドサイズ~!! 根来さんナイスフィッシュ!!
​非常に北な景色で非常に南湖っぽい魚(汗

​”お前は南湖に帰ってこい” と呼ばれている気さえしてきました。。汗
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​コアユが深く、リグは主にダウンショットで5~6ⅿ前後を釣っていたような感じです。
​その後も良く引くバスを楽しみなんだかんだ沢山釣って再び南湖へ。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​再びこんな景色の中でスピナーベイトを水面直下で巻いていき、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​根来さんにグッドサイズ一発!!!
これまでほとんど使わなかったというスピナーベイト。
​今日で一つ引き出しが増えてくれたら嬉しいです。

ラストは朝のスポットへ、、

​再び 「風ない、波ない、人いない」 なトップウォーターのシチュエーションで、、、

​萩原さんさんのポッパーにガボっ!!!

惜しくもノラズ、、

​しかし数キャスト後に、、、、
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20

もう一本ガボッと~
 
にて〆フィッシュでした!

​この前に、上手くポップ音を出される練習をしていた萩原さん。
​サイズ関わらずですがしっかりバイトが出たので、キレイに音が出せていましたね!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/20
​萩原さん、根来さん、不安定な天気の中一日お疲れ様でした!!
​高菜もご購入ありがとうございました!

そして来年のご予約まで、本当にありがとうございます。。。泣

​また来月お待ちしておりますね!!

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する

9月18日ガイド。豪雨!スピナーベイトで50upなど。浅いとこにおるのか~!?

2016-09-18 20:38:13

18日は、愛知県より、常連の白井さん、八木さん、竹内さんを迎えて琵琶湖!!

​朝から強い雨。。。が、止んだり降ったり。


​こんな天気なので、基本的に魚は上を見ていると判断して、ボトム系はほとんど手を付けず。

先日からやっている強波動の巻物系で攻めていきます。

​まずは、この釣りでキーとなる縦系ウィード、エビモ・フサモなどが多い & 濁りのあるディープホール周りのウィードから。

​チャターベイト・スピナーベイトを中心にゴリゴリ巻いていきますが、、


う、、、浮きウィード多い!!!!


こんなエリアは魚がいても、”釣りがしにくい⇒釣りをしている時間が短くなる” という理由で見切ってパス。

バイトも無かったので、ちょっと深めの3.5mにトライ。

 

浜大津沖のツルツルエリア。

HU300を見せるようにいつもよりゆっくり目に巻いていき、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18

私のHU300たまらんばいブルーに一発!

​この日の為に昨日新調してきてもらったクランカー竹内さんも、たまらんばいブルーで2発掛けましたが、同船の白井さんの悪意のある念力で2発ともフックオフ!!

無念!!!

​ちなみに、HU300はbrushの動画より、ちょっとゆっくり目に巻いています。

​活性が決して高いとは言えない感じなので追ってきてくれるように見せてあげている感じです。

​速すぎるとバス君があきらめているような気が、、、汗


​しかしこちらも思ったようには続かなかったのと、何もない、そしてひろーいエリアを巻いているので、、集中力が、、、汗

​というわけで再びサイズ狙いも兼ねて、シャローの縦ウィードへgo!!

北の方のウィードアウトサイドエッジで

 

 

 

 

 


hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18

いろいろと流してみたのですが、雨の本日反応があったのが1~2ⅿの前後の浅い場所!
ボートから水中にロッド入れたら、穂先がボトムにつくような、そんな場所でした。

もちろん濁りと縦系ウィードのエビモ・フサモがある場所で。

 

いきなり白井さんのスピナーベイトがひったくられて、、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
どかんと!!! いきなり50オーバーでした!!!
​Bカスタムの3/8オンスにて!

​更に間もなくして、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18

でっかいのキター!!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
と思ったら、案外カワイかった汗

再び白井さんのBカスタムでした。
 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
たまに止んだり降ったりの雨。
​白い雲と雨がひたすら迫ってくるのは毎回憂鬱で、、、汗

​逃げるようにお昼休憩を挟み、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
​午後はちょろっと癒しコースへ。

​北の方のウィードアウトサイドエッジ(ここは5~6ⅿくらいだったかな、、、)にて、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18

肥満予備軍が続々と(笑
​どうやったらこんなに身が厚くなるのか、、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
これはこれでやはり楽しいですね!!

​リグは5~6ⅿと深かったので、1.8~2.5ℊ前後のマス針ダウンショットをメインに。
​ダウンショット針は結構大事で、あんまり太くて大きいもの使うとバイト減ります。

​カバーも無いので、数を楽しむのであれば適度にライトで細軸のものを使うのが良いですよ~

​ちなみにダウンショットリーダーは40㎝くらいと長めにしておくと、短いものよりも、ランディング時にバスが暴れたときに絡まり辛くなります。
​数釣りする方は、結構長い方が、キャストとキャストの時間が短くなり効率的です。

​2桁ほど釣ったら、再び南の濁りを求めてGO!!!

​午前も反応があった1~2ⅿのところに入り。。。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
​また白井さん!!! Bカスタムにて40弱!!!

ちょっとゆっくり目に巻いているみたい。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
更に白井さん連発でまた太いの!!!!

​直後に竹内さんも。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
 

初のスピナーベイトフィッシュをゲット~!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
​Wヒットとなりました!!

​この直後から雷がゴロゴロと、、、、、汗

​オトナの判断で早上がりとなりました。

​上がってから更に強くなった雨、、、、早めにミックに向かって正解でした。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/09/18
​最後はいつもの高菜と集合写真(笑
皆さん、いつもありがとうございます!

​竹内さんが転職されて2か月程??地元の福井にもどって寂しい思いをしているのかかつての職場の仲間と本当に楽しそうに話す姿が印象的でした(笑
​ブログを見てる滝井さん! 竹内さんかなり寂しそうなので、また釣りで構ってあげてください笑 

白井さん、八木さん、竹内さん、次は琵琶湖オープンでお会いしましょ~!!
​また来月もよろしくお願い致します!
​雨の中、お疲れ様でした!!

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

現在空きはございません。

11月以降の日程も見る・予約する