永野総一朗HIDEUP Blog

ウィードを探して。。。。。。

2013-03-28 04:10:12

27日は何とか用事が早めに終わり、昼過ぎから湖上へ!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

 

この日はウィード探しです。

やはりまとまったウィードが魚をストックするので、「マイウィード」を見つけるべく、ひたすらギョタン掛け。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

が、しかし。。。。。。

少なくとも私がギョタン掛けしたエリアは、スキンヘッド状態(笑

こんなにウィード少なかったっけ!?!?

魚も釣れなくはないんですが、やはり地形変化だけではまとまって釣れません・・・・

 

そうこうしているうちにウィードの多いエリアも発見しますが、人も多くイマイチです。

さらに残っているウィードにも良し悪しがあります。

こういったウィードの良し悪しを見分けながら釣りをするんだったら、

ジグやクランクがおすすめ。

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2013/03/28

 

手元に伝わってくる感触が固く、ブツブツあたるけども、ウィードが引っかかってこないところが理想ですね。

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2013/03/28

じっくりやるんだったら、ジグヘッドやジグヘッドワッキー。

ウィードの感触を確かめながら釣りしやすいです。

 

今日はひたすらギョタン掛けとウィードの確認のつもりでしたが、

やはり釣りたい!!!!

 

ということで来てしまいました、マイエリア。。。なんて意志の弱い僕・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

もちろん意味もなく来たわけではないですよ。

マイエリアで魚が出るのは無風か微風のとき。

この日は北風で、まだこのエリアは南にくらべると風もマシなんです。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

あ~ こんなところでフットボールを曳くのが落ち着くんですわ~~

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

っとキタ!!!!あんまり大きくないけど・・・・

アベラバ10g+スタッガー3インチ 丸呑みです。

スタッガー3インチはに濁りに効く新色!! 

「スカッパノンブルーフレーク」で。

 

改めて見ると、スタ3、本当にいい動きしますね・・・・・・

 

 

 

stagger_original_3

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

今日は出撃できるのか・・・・・???

2013-03-27 02:19:31

今日は会社は休みなのですが、朝10時から彦根にて用事があり、出撃できるか微妙です・・・・

仕事柄、休みが限られているので浮ける限りは出ているのですが。。

少しでも時間ができれば浮きたいと思います。

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

次もこんなやつ釣りたいなあ・・・・

今回もテーマを決めて出るつもりですが、狙いはやはりウィードでしょうか?

大なり小なり、魚がストックされているところを見つけたいです。

 

ちなみに写真はいつもの5本セット。

私は大体3本~5本をデッキに並べています。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/27

左から・・・・

①チビワイド用→   6ft ライト +フロロ4ポンド

②ネコリグ用→    6ftウルトラライト +フロロ4ポンド

③フットボール用→  6,6ft MH   +フロロ14ポンド

④スタ3ヘビダン用→ 6,6ft MH   +フロロ12ポンド

⑤スコーン&チャター用 6,10ft H  +フロロ16ポンド

 

基本は底ものメインで頑張っています!!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

どこが釣れるんじゃ!?~西岸ミオスジ編~

2013-03-25 21:03:10

25日はプラッと一人で出てきました。

前回は完全にデコッてしまったので、その反省も踏まえて出撃。

 

今日はマイエリアには行きませんでした。

「マイエリアが全く釣れなかった」と仮定して、新規開拓です。

今日のテーマはタイトルにもあるように~西岸ミオスジ編~。

西岸は荒れても風裏になることが多く、避難地帯になります。

そんな場所ももっと詳しく知っておきたいということで、今日はコレに絞ってギョタン掛けと釣りをすることにしました。

なんとなくで釣りをすることがあっても、しっかりやりこんだことはなかったですからね。

 

 

さて、ミオスジはマリーナ前の船の航路。周りよりも少し深く掘られており、フラットの多い南湖西岸においては、貴重な地形変化です。

フラットに生い茂るウィードもミオスジの中には生えない。

ゆえに魚のストック量も多く、春はスポットによっては入れ食いになることも・・・・・。

 

が、ウィードの無い今年の琵琶湖。

ミオスジのバスはどうなるんでしょう・・・・・???

 

ということで、南湖西岸。北から下れるだけ下ってみました。

写真はいくつかを掲載してます。

 

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

というわけで北の方から。。。。

一応、どのミオスジも一通りギョタン掛けし、地形を頭に入れての釣り開始です。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

お、釣れた。

たまたま掛かったウィードについてたのかな?

ちなみにルアーは内緒です・・・なんとなく察してください・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

順々に見ていきます~

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

今日は風が強い。。。。

沖で釣ってる人は釣れてるんかなあ・・・

 

ってフェイスブック見たら、沖釣れてるみたい・・・・・

でも今日のテーマの為にもガマンガマン!!!!!

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

お、結構飛んだ(笑 実際はちゃんと一つずつ回ってますよ笑

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

 

というか。。。。案の条、ウィード無さすぎ。。。

魚あんまり映らん!!!

実はここに来るまで2回くらい心折れてお菓子食ってました・・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

ここはどうや~???

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

あ、釣れた。ルアーは内緒。 察してください笑

ちなみに私のテクニックでは連発はせず・・・・

 

が!しかし!!!

昼過ぎたくらいで、かなり飽きてきたので・・・

横断。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

おお・・・・風強すぎ。

ちょっとオロシモ触ってから再び西岸に出戻りです・・・・

今日はこういう運命なのか。

ただ、浚渫群はすこしギョタン掛けしただけですが、

ウィードと魚の映り具合が凄い。

ウィードの力ってすごいです。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/25

・・・・・結果あんまり釣れませんでしたが、自分なりの発見はいくつかあったのでよしとします!!

何事もやってみらんとわからんです。

ただ、ミオスジだけで30本くらい釣ってる人もいるんで、状況にもよりけりというとこでしょうか?

西岸東岸の良し悪しは分かりません。

確かなことは、ウィードがあるに越したことはないということです。

それははっきりと実感できました。

次回以降役に立ちそうです!!!

 

 

場所と限定する、ルアーを限定する・・・

こういった縛りを設けると新しい発見があります!!!!

 

 

・・・とは言っても釣れんかったのは悔しいなあ・・・

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

カメラの前に散る。(後編)

2013-03-23 23:40:39

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/23

 

さて、21日の撮影の日の続き・・・

 

連日までは100%魚が出ていた自信のスポット。

「いないはずがない。」「タイミングが来れば必ず出る。」

 

そう信じて投げ続けた結果が、、、、、ノーバイトノーフィッシュ。

 

トーナメントなんかでもよく聞ききそうな話ですが、今回はちょっと違います。

この日の正解はツイッターで出ていました。

 

風裏でのクランクやメタルバイブがその代表。釣る人は釣りまくっています。

タラレバ厳禁のこの世界ですが、これを見たとき

 

「~~していれば。」

「あのタイミングで切り替えていれば。」

「~~に行けば。」

といった考えが少なからず頭をよぎります、普通は。

 

 

が、このときの僕にはそれが全く浮かびませんでした。

あのエリア以外で釣りをしている自分が全く想像できなかったんです。

よっぽど荒れて、ボート上に立てないくらいにならないと、別のエリアは選択していませんでした。

 

つまりはこの日。僕はどう転んでも、デコる運命にあったと思います。

 

何が自分を縛り付けてしまったのか。

やはり連日の実績からでしょう。

 

明らかに良いサイズのバスがストックされていました。

故にどんな状況変化(水が干上がる以外ね)があったとしても、魚が口を使わなくなることはあっても、いなくなることは無いと思い、

だったら口を使うまで待とうと、5時間粘った結果がこの有様でございます。

 

撮影も最後に差し掛かり、後ろを振り向いて秀雄さんに聞きました。

 

「なんで釣れんと思います?」

 

秀雄さんは一言

「魚おらんから。」

 

この言葉を頭に持ちながら、カメラを何時間も持ち続けられたらさすがにたまらんです。。。。

 

要はこのエリアにいる魚の絶対量が少ないという話。普段からサイズは問わず10本、20本と釣れているエリアであれば、マイナスの状況変化が起こったとしても

数本は抜ける。

ただ、普段から良いサイズにしても数本しか出ていないエリアであれば、状況変化に負ける可能性が高いと。

 

もちろん聞いてしまえば、確かに当たり前のような話なのですが、トッププロにこの話をされてもなお、「あんなに釣れてたんだから、まだ絶対釣れるはず・・・・!!!!」

と思ってしまうところがまだまだ青二才な僕です・・・・・。

 

魚を釣り続けるには

「釣れた場所ではなく、釣れる場所を釣り続けること」だとはよく言います。

 

キッカー狙いで一発出すには良いエリアなんでしょう。

が、「釣る」ということに的を絞ったとき、僕の釣りではあまりにもリスキーでした。

自分では「釣る」ことにこだわったのに・・・・・。

 

ああ、

経験とは言えど、釣り人にはこんな思いをして欲しくない・・・・

もし同じ状況に立てば、「こんな残念な人いたな」って思い返してくださいね。。。。

その日の状況が前回よりもプラスなのかマイナスなのかを早めに見極めた行動を!!!!!

 

さあ、25日も出撃しますが、25日はこの日の反省をテーマにします。

オモシロイ日になりますよ。釣れるか釣れんかは別ですがね・・・・

 

またこのブログで報告をするので楽しみにしておいてください!!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

カメラの前に散る。前編

2013-03-21 23:57:49

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/21

逃げも隠れもしませんが、

今日はカメラの前でボーズ食らいました。

花粉症からの鼻水と寒さにグズグズになりながらカメラを回していただいた秀雄さんには本当に頭が上がりません。。。。

でも今日の一件は、普段から僕がブログで書いているスタッガーの釣果や、その使い方なんか以上に、共有をしたいと思っています。

 

今日は私の仕事もあり半日だけの撮影ということで、自分の大好きな釣りを、得意の木の浜エリアで思う存分やりきりました。

でも魚は出ませんでした。完全無欠のノーバイト。

 

僕が普段やっている釣りというのは木の浜エリアの浚渫狙い。

皆があまりやらない、6m~8mくらいの深めの水深の中にあるちょっとしたブレイクやハンプ、または沈みものなんかを撃っています。

似たようなスポットがエリアの中に数か所あり、巡り巡りながら魚を拾っていくのが流れです。

 

なぜ木の浜かというと、浚渫がシンプルだから。

このエリア、そしてこの水深にはウィードはほぼ皆無。

地形変化とハードボトムのみを叩いていくという、文章で書けばいたってシンプルな釣りです。

要素が少なく、狙いやすいんです。

 

まだあまりオロシモに行っていないのはウィードという要素が増えてしまうから。

おまけに水深も1.5mから10mまでと幅が広い。

この要素の多いエリアというのは必然的に魚のストック量も多くなっていきます。

ただ要素が多いと狙いが定まらなくなるんです。つまりは狙い辛い。

 

それよりは魚のストックは少ないけれども、地形変化やハードボトムをたたいていく方がシンプルで確実だと思ったから。

 

でも蓋を開けを見れば。。。。。。。

 

 

(前編終わり)

 

 

 

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

スタッガー3インチ祭り!!!

2013-03-19 23:23:06

19日も天候に恵まれ朝からベタナギです!!!!

これなら釣れる!!!

 

ということで前回良かった、アベラバ10g スタッガー3インチのフットボールパターンからスタート。

ちなみにいつも狙っているのは浚渫のブレイクです。 4m~7mの水深です。

 

。。。が、あれ?アタリがない・・・・・

 

そんなときはライトリグ。の前に!!!!!

ヘビダンの出番です。ジグよりも、よりスローに、ノーシンカー状態に近いアクションを出せるのがスタッガー3インチヘビダン!!!

ジグでダメならヘビダンでフォロー!!!!!

 

これが功を奏し・・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

一発目捕獲!!

 

カラーはスモーキンシャッド!!!この釣り、クリア系が絶対有利!!!

なぜなら。。。。。。

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2013/03/19

氷魚(アユの稚魚)が浚渫内に山盛り!!!!!!

いたら釣れるってわけでもないんですが、食っているベイトはギルではなく、このエリアではヒウオ。

なのでシルエットが小さく見えるクリア系を使います。

実際ヒウオも透明ですしね!!!!

 

 そして連発で50アップ!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

スタッガー3inヘビダンサイコー!!!

シンカーは10gです!!

この子は多分5mくらいでヒット!

 

そして反応がなければ移動を繰り返し。。。。

 

別スポットで何気に投げていたスコーンジグ・・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19 

に!!!!なんときた!!!本人もびっくり50アップ!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

 

スコーンジグ12g+スタッガー5インチのセッティング!

ちょっと目立ちたがりなミドリのスカートを装着(笑

 

 

さらにさらに!!ダメ押しの再度フットボール!!!!

小さな地形変化についていました!!

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

サイズはともかく、太りすぎ!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

今日のバス君のお腹。

ヤッパリフットボールにくるやつは、口が小さくてフットボール体型

サイズはともかく、お腹まわりがヤバイ。。。。。

 

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

昼以降はすこし休憩がてらオスマンダネコで2発ゲット。

西岸シャローのミオスジでゲット。

いるとこにゃいますなぁ。

 

 

その後、風が強くなり、巻く!!!!

のではなく、連日好調のスタッガー3inヘビダンパターンへ!

シンカーは10g。すこしくらい荒れてても、余裕で操作できます!!!!!

 

 

 

終了50分前に。。。

永野「絶対終了までに一本くる!!!!」

 

 

でキタ!!!!ドラマ魚~~

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/19

ドラマ魚もスタッガー3inヘビダン!!で〆!

カラーは今の時期は基本スモーキンシャッド!!!

 

 

あ、もちろん釣ってたんはぼくだけじやあないですよ。

同船者もヘビダンで50アップ!!!

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2013/03/19

 

スタ3ヘビダンさいこ~!!!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

荒れたらどうする・・・・・???

2013-03-16 01:10:51

ずっと課題です・・・・・・

琵琶湖ってだいたい昼から風が出てきて・・・・・ってパターンが多くないですか????

「次第に荒れてきて・・・」  チーン・・・・

なブログ記事も良く見かけますよね。

 

とくに1、2月は朝から激荒れ・・・なんてのもしょっちゅうです。

そこで荒れたときのパターンをその時期その時期でキチンと引出しでもっておく必要がありますよね。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/16

 

っていいながら、今の私は一つも持っていない・・・

 

基本は、風の中巻きまくるか、風裏のライトリグで粘るかのどちらか。

傾向的にはこの時期は風裏でのライトリグの方がいい思いをしてることが多いですかね。

日によっては「沖は激荒れの中、西岸ワンドのライトリグで爆釣!!!」

なんてことも・・・・・

 

先日西岸シャローを回った際、やはり西岸各所のミオスジなんかの地形変化には魚を確認できました。

(チビワイドできたけど、バラシちゃいましたがね・・・・・)

この辺につくバスは単発ではなく、粘ればそれだけ数がでることが多いものです。

 

また、

荒れた中、どうしてもワームをやりたい方はヘビダンがおすすめ。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/03/16

10gもありゃあ、だいたいの風でも底をとれますよ。

 

 

とにもかくにも、そういったエリアの引出しがもっと必要だなと感じます。

風に強いワームと、その使い方も早く見つけ出したいなあ・・・・・

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!