横山直人HIDEUP Blog

スコーンリグの用意を!

2015-02-07 22:51:57

フィッシングショーも始まり釣り熱が出て来てはいませんか?

フィッシングショーそしてキープキャストが終わるとバスシーズン開幕です。

例年3月1日になった途端陸もボートも釣り人が一気に増えますからね!

 

そしてそのシーズンが始まると共に有効なリグが『スコーンリグ』です!

スコーンは今では年間を通して釣果報告を聞く様になりましたが、バスがシャローを意識して動き始める早春がやはり特に有効です。

スコーンリグはHUスコーンジグとスタッガーオリジナルの組合せです。

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/02/07

スコーンジグはスコーンリグ専用ジグ!太軸ロングシャンクフックが特徴です。

見た目かなり大きなフックに最初は戸惑いますが、スタッガーと組み合わせると違和感無く使用出来ます。

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/02/07

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/02/07

スタッガーは5インチ、6インチを多用します。

特に最近はスタッガーオリジナル5インチを使う事が多いです。

ベイトのサイズによってこのセッティングも変えていくと更に効果的です。

 

2月下旬から使用する事が多いですが、スコーンリグを使用する時大事な事は、リトリーブスピードです。

ウィードが生え始める早春、ウィードにタッチしながら巻く事が重要となってきます。

見てると非常に速く巻く方が多く居ます。

ウィードにタッチする位のスピードで巻いて下さい。

慣れて来るとラインを張らずにスコーンを巻く事が可能となります。

ラインスラッグを使ってリトリーブ出来る様になるとアタリをラインで取る様になりますよ!

HUスコーンジグの基本ウエイトは9gです。

ラインでバイトを取りたい方は7g、深場をしっかり攻めたい方は12gを使用して下さい。

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/02/07

スコーンリグでのバイトは独特です。

「コッ」っという微かなバイトが先ず出ます。これを『前兆』と呼んでます。

この前兆が出ても巻くのを止めずに同じスピードで巻き続けて下さい。

その後バスが反転して一気に重みが伝わってきます。これがスコーンです。

ラインを張らずに巻いてる時はラインに前兆が出ますのでそれが合図です。

ラインのたわみが無くなればフッキングという流れになります。

 

毎年まだ寒い時期からスコーンリグで釣果が出てます。

キープキャストが終わった頃からスコーンの出番です。

HUスコーンジグ+スタッガーオリジナルの用意をしておいて下さいね!

 

 

hideup 横山直人 ブログ写真 2015/02/07

 

 

HU-SCOONJIGstagger_original_5stagger_original_6

URL