永野総一朗HIDEUP Blog

HU300でリベンジ!!!

2012-12-28 00:13:44

って僕じゃないですよ笑

 

本日、雪の琵琶湖に出撃した岩田さんが敵討ちしてくれました!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/27

 

プリンス沖にてHU300だそうです。

 

岩田さん、ありがとうございます!!

 

今日の様子はブログにて↓↓↓

HIDEUP 岩田さんブログ

 

それにしてもHUクランク。レンジがあっているんでしょうね。

 

実は!!!

僕は正直申しますと、たとえHUクランクシリーズでも、

「どれだけそのルアーに集魚力があるか」、とか「バスの目にどう映って、どんな感情にさせているのか」。

つまり、バス目線で「これが釣れるルアーである!!」なんてことは、僕はビルダーでもなければブラックバスでもないので分かりません。

 

ただ、確実に言えるのは

 今の状況の琵琶湖で、HUクランクは

 

「釣りになる」ルアーである

 

ということは断言できます。

 

どういうことかというと、釣りの効率が良いってことです。

 

たとえば、どんなに集魚力があるアラバマリグでも、ウィードジャングルに投げ込んでしまえば、藻だるまになってしまって釣りになりません。

 

良いエリアの判断基準として、「魚の多いエリア」と「釣りになるエリア」(ウィードが多すぎない、人が多すぎない等)のリンクする場所を探すようにしています。

 

それは単純に魚が多くても、人が多くて食わなかったり、ウィードが濃すぎてルアーをバスのところに通せなかったりしては、結局魚は触れません。

 

「釣りになるエリア」もしくは「ストレスなくルアーを引けるエリア」  良いエリアの条件です。

 

 

そしてルアーもこれと同じ。 そのエリア、状況に応じて「釣りになる」ルアーを選ぶ。

 

 

極端な話をします。

 

たとえば、これが去年までの琵琶湖だったとすると、おそらくHUクランクではあんまり釣果はあがらないでしょう。

 

なぜなら、冬バスのメインとなるレンジが今までの琵琶湖南であれば、水深4m~5mのチャンネルディープとなっていたからです。

 

ディープほどウィードが残っていましたからね。

 

しかしながらそのレンジではMAXの潜行深度が3.5~ギリギリ4mのHU300だと、どうしても狙うのがキツイ。 

 

各メーカーから発売されている、4m以上の潜行深度をもったルアーが良く使われていました。実際僕もよく使っていましたしね。

 

ただ今年のレンジ、ウィードの残り具合はどうでしょう。 藻狩りによりウィードの発育が遅いといわれた今年の琵琶湖。

 

毎年恒例の沖エリアでのカナダ藻ドームのパンチングはそもそもウィードが足らずに釣りが成立せず。

 

シャローももちろん被害にあっているのですが、沖に付き場のないバス達の中にはミドル~シャローレンジの残りウィードに依存しているバス達がかなり多い。

 

そしてそのレンジというのが3mのミドルレンジ~1,5mのシャローレンジ。

 

つまり、HU150~300のもっとも有効なレンジなんです。

 

だから同じレンジを攻めることが出来るバイブレーションなんかが今年は炸裂してます。

 

ただ、バイブレーションだと,巻きスピードやロッドの角度でレンジをコントロールするのに対して、

 

クランクベイトであれば、深度別にルアーをローテーションさせれば、誰が巻いても同じレンジを簡単に攻めることができるんですよね。

 

これは、僕がクランクをずっと使っている理由でもあります。

 

そうなれば、HU150~300を使い分ければ、今年熱い2m~3mのミドルレンジを簡単に攻めることができるんです。しかも誰でも。

 

つまり、このレンジのウィードを攻めるにはHUクランクは非常に「釣りになる(有効な)」クランクなんです。

 

しかも、止めれば浮くからウィードもかわしやすいし。

 

ちなみに、

 

じゃあ今年は4m~5mが不発かといえば、ぜんぜんそんなこともないです。

 

今年のバスももちろんそのレンジにいるのですが、付き場がないため、バスの足が速いです。 

 

そのバスに対応するために、同じ速い動きでリアクションを狙うメタルバイブが流行しています。

 

つまりこの4m~5mレンジではメタルバイブ等のフォールスピードが速く、手返しの良いメタルバイブレーションが「釣りになる」ルアーだと思います。

 

逆に例年であれば、このレンジにもウィードが結構残っているので、メタルバイブでは釣りになりにくかったかも知れません。

 

ウィードが少ない今の琵琶湖だからこそ、きっと有効なんでしょうね。

 

 

 

 

いやはや。。。。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

最近の琵琶湖の傾向に関して自分なりに思うことを書いてみました。

 

本当にそうなのか、答えはバスでないと分かりませんが、どんな考えでもひとつ軸を持つことで、自分の釣りのコンフィデンスになります。

 

1月8日、9日も、荒れなければ答えを探しに琵琶湖に出ます。

 

寒くても頑張りますよ!!!

 

 

 

 

 

HU-150HU-200HU-300

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

今年最後の出撃は・・・・・

2012-12-26 21:54:37

最近寒すぎますね・・・・っていつも言ってますが。

今朝起きると、私の住んでいる彦根市は窓の外が・・

 

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2012/12/26

 

こんな感じでした。「出れるの??」と思いましたが、南に下れば何とかなるだろうと、いざ出発。

実際に湖にでてみると・・・・

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/26

ときおり雪はちらつきますが、ご覧のとおり快晴です。

やはり琵琶湖。北と南では全くコンディションが違います。

 

マリーナを出ると水温は7℃台

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/26

南エリアは5℃台後半、木の浜エリアではおおよそ8℃ありました。

前回釣れたのは5℃のエリアだったので、水温は気にせず各所を見て回りました。

 

今日もウィードが残る、2m~3mのミドルレンジをHUクランク150、200、300を使い分けながらひたすらクランキング。

まだささニゴリ気味の水なので、毎回好調のブラックバックチャートとキンクロを使っていきます。

 

一度目のバイトはヤマハ沖3mライン。

ウィードをほぐした直後に

 

「ココっ!」

 

と入るも、乗らず・・・・・!!

 

いろいろまわっていきますが、前回炸裂したエリアは波風が強く当たっていて断念・・・・

 

そして2回目のバイトらしきものは、若宮漁港沖の3.5m。

HU300を巻いていると、これまた「コッ!」と入るもこれまた乗らず・・・・

 

途中、風が弱くなったタイミングで、木の浜の浚渫を様子見でやってみますが、今年は氷魚がまったく入っておらず反応がありません。

 

夕方は反応のあったエリアを延々巻いていきますが、無念のタイムアップ。

やってしまいましたNO FISH。

 

まわりでは魚を上げていたボートもちらほら見かけたので、エリア自体は間違っていないんでしょうが、タイミングやアプローチが少し雑だったのかもしれません。

次は年明けになりますが、魚のポジションはこれ以上は大きく変わらないでしょう。

 

それと最近思うのは

「今年の冬は水位が高い」

KKRの杭なんかは浸かってますね。

 

今後の釣果を左右する要素になるでしょう。

ひとまずは一回一回の釣りをしっかり反省して次回に臨むまでです。

 

森さん、岩田さん、横山さん、 敵討ちお願いします・・・・・!!!

 

 

さて、今年一年お疲れ、愛艇赤レンジャー!!!

また来年も頑張ってくれよ~!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/26

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

クランク祭りな一日!!

2012-12-21 11:22:44

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

今日は昨日と違って寒い!!!!

そんな中、大学の先輩であるGOEこと、川越さんに便乗して出撃。

相変わらずのGOE節です(笑

 

秘密のバイブエリアにて勝手にHUクランクを投入。

2.5mレンジ。ウィードの残るエリア。

濁り気味の水。

HU200を投入!!!

 

ウィードに当たるまでは早巻き。

ウィードタッチから、少しホグしていると・・・

 

いきなりのグイグイバイト!!

なんと・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

のっけからHU200にて56センチ捕獲!!!

デカイ~

 

しかも!!

すこーしだけ浅いレンジに移動して・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

 HU150をウィードに絡めてモゾモゾやっていると、モソッとバイト!!!

バシッと合わせて46センチ!!!

 

バイブレーションもこの時期釣れますが、「止めること」ができるクランクベイトの方が、低水温でも口を使わせやすいみたいです。

 

そしてHUクランクは大きすぎない!「食を邪魔しないサイズ」で一口サイズです。

 

船頭の川越さんもクランクでヒット!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 


これまた50オーバー!!!

 

クランク祭りになってきました~!!


HUクランクも勢いが止まりません!!!

少し風の弱くなったタイミングで・・・・

 

またしても・・・・

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

HU200で50アップ!!!!

 

これを見兼ねた先輩。HU200を使ってもらうと・・・・

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

キタキタっ!!!キンクロで50オーバー!!!!

 

HUビッグフィッシュ率高過ぎ!!!!!

船中56頭に50オーバー4本。

内なんと3本がHU200です!!!

 

水が濁っているので、チャート等の目立つ色、光量の多い色が釣れていますね!

 

ここで昼休憩。

 

お昼は初の・・・・・

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

雪や霰(あられ)の中、初の船上鍋。&うどん!!

 

噂には聞いていましたが、うますぎる。

家で食べると、こんなに食べませんが、寒い湖上で食べるとおいしさ倍増です。

冬の琵琶湖は鍋には最高の調味料かも。。。。

 

午後の部は寒さが増して、ちょっと渋い感じに。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

ワームを使うと、良く釣れていました!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

 

ダウンショットを投入して竿を曲げる川越さんと先輩。

場所とタイミングによってはワームもまだまだチャンスありみたいです!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21 

今日は3人で10本の釣果でした。

その中で3本の50アップがHUクランク。

やっぱりクランクはサイズがデカイ!!ハマってます!!!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2012/12/21

別にHUクランクでなければいけない理由はありませんが、

明らかにHUクランクが有効な理由はしっかりあります!!

 

 

この辺のお話はまた次回に・・・

 

HU-150HU-200

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

HUクランクはまだまだこれから!!

2012-12-18 13:43:25

昨日今日はなんだか暖かいですね!!!

 

今日は激荒れが予想されましたが、なんとかまともに釣りすることができました。

 

 

IMG_0171.JPG

とはいっても走ればまあまあ寒い琵琶湖。

防寒対策はしっかりしましょう(笑 鼻水垂れ流しになりますよ。

 

2週間ぶりの出撃となりましたが、南湖の水温はほとんど10℃を切っている状態。

以前よりも魚のポジションは一つ下がっていました。

 

以前は2mレンジの残りウィードを狙ったシャロークランキングで魚が触れていましたが、

今日中心となったのは一つ下がった3mレンジ。ウィードの有無もありますが、ベイトが濃かったですね。

 

そんな3mレンジで、クランクもHU150⇒HU200にレンジを下げて、ひたすら巻き続けていると・・・・

ウィードからポロっと外れた直後に小さな小さなアタリ。 「コツっ」だって。

 

 

IMG_0158[1].JPG

ヤマハ沖3m.

HU200のキンクロで。

 

PC180414.JPG

やっぱり頼りになるね!HU!!

この時期のクランクはイイサイズが来ます!!!

 

HUシリーズの70、150、200、300はレンジの使い分けは本当にしやすい。

シーズンやその時々の状況に合わせて、これらのすべてに助けてもらってます。

 

その他シャッドでもバイトあり。

 

PC180418.JPG

しぶい中、休憩なしで投げ続けた甲斐があった!!!

 

まだまだ納竿は早い!!!!

明日も出撃してきます!!!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

懐かしいものが。。。

2012-12-14 13:42:54

今週は休日が仕事の研修で休みがつぶれてしまい、釣りに行けていません・・・・

ああ、毎度のことながら琵琶湖行きたい!!

 

あまりの欲求不満に部屋をガッサガッサやっていると、懐かしいものが出てきました。

IMG_0129[1].JPG

大学生のころに書いていた講義ノート。

あと数冊ありましたが・・

 

中を久々に拝見。

 

 

IMG_0130[1].JPG

しっかりノートを取っているように思いきや。。。

 

IMG_0132[1].JPG

 

おやおや。。。。木の浜5号水路でみたことあるような景色。

 

 

IMG_0131[1].JPG

「ラバージグ、めっちゃうまいやん俺!!!!」

と一人で突っ込んでしまいました。

モデルはガンジグだったかなあ・・・・笑

 

講義ノートは釣り日記でした(笑

ずーっと講義中に書いていました・・・・

 

いやはや懐かしい。

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

HU150を補充!!

2012-12-10 18:27:05

晩秋から好調だったシャローレンジでのHU150早巻きクランキング。

特にその中でも、明らかに高い反応だったのが、このプリズムアユカラー。

 

実は私、恥ずかしい話今までルアーの色なんてほとんど気にしない人でした。

だって夜釣りで魚が釣れるんだったら、色なんてあんまりカンケーないんじゃない???とか心の奥底で思っていたのですが、このHU150が私にカラーローテーションの重要性を教えてくれました。

明かに高反応なんですよね。なぜか。

確かにシャローレンジの水はどちゃ濁りではないので、チャートである必要はあんまり無いのですが、

私は早巻きで使っているので、インパクトの薄い色だと、魚がルアーを見失ってしまうと思うんです。

 

でもこのプリズムアユは一見普通のナチュラルシャッドな色なんですが、センターに反射板が入っていて、泳いでいる途中にものに当たったりして「ヒラを打ったときだけ」強烈にアピールします。

 

もともとリアクション要素を期待して早巻きで使っているので、こういったアクセントのある色の方がこういった釣りには向いているのかもしれませんね。

PB140371.JPG

 

が、しかし。

このカラー、好調過ぎてついつい投げすぎてしまい・・・・・・

 

PC050405.JPG

 

先日、殉職・・・・

この色、これしか持ってなかったので、他のカラーをずっと投げるも、この後はバイトがありませんでした。あったらつれてたんかなあ・・・・

 

PC050407.JPG

いたしかた無いです。

両脇にはローリングマークガッツリ。塗装どころかボディーもかなりエグれていました。

ごめんよ。HU150。そしてたくさんの魚をありがとう。

ただ、やっぱりまだまだ魚を釣りたいので!

 

PC050399.JPG

新調!! おかえり150!

 

それと今回はプリズムアユの他にもう一つ僕の大好きなカラーを新調!!

PC050403.JPG

「♯06 ギル」!!!

この色は僕が琵琶湖にきて一年目の冬からかなりお世話になったカラーでもあります。

b23dc84fa17531064800b4ddc08ebe9d.jpg

プリズムアユと同様、センターに反射板が入っているので同様のリアクション効果が期待できますね!!

 

PC050395.JPG

今後に乞うご期待!!!

次回は本職の関係でしばらく出撃できませんが、18、19あたりに出撃予定!!!

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!

西風で激荒れで。。。。とりあえず寒い!

2012-12-10 18:26:16

今日の琵琶湖は爆風予報。

 

ただ、マリーナに電話してみると案外いけそうだったので、出撃!!!!

 

  IMG_0089[1].JPG

 

夕方までは写真のタックルを使い、ワームのテスト。

 

一つのルアーの一番ベストな使い方、リグ、ウェイトバランス等を探すのも僕らの仕事。

とにかくいろいろ試します。

 

が、湖は予報通りになり、西風の爆風!!!

西岸シャローに張り付いても突風で釣りが難しい程。というかまず寒い・・・・

ただそんな中でも細かい作業の積み重ねが、大きな釣果をもたらすはず・・・!!

 

夕方からは魚を触りにシャロークランキング!!!

 西岸ワンドのゲキシャローから風に任せて沖に向かってラインを変えながら流していきます。

 

すると・・・・・開始早々、HU150に特有のグイグイバイト!!!

が、絞り込まれフックアウト。。。。。!!!

うおおおおお・・・・せっかくのバイトが。。。!!!

やはりバイトがあるのはウィードへのファーストタッチ。

 

気を取り直して別のラインへ!

ギャンギャン早巻きして・・・・・

 

IMG_0080[2].JPG

 キタキタ!!

激荒れでしたが、なんとか魚は触れました。

まだまだシャローウィードについているやつが速い動きで釣れていますが、ディープでの釣果も出ています。

 

と、言うことは・・・・!!!

 

次回、乞うご期待!!!

って。。釣れるかな???

たまらんばい永野 ガイド空き情報

おかげ様で、2018年のガイド予約受付は一杯となり、終了致しました。沢山のお申し込みありがとうございました!