森田健太郎HIDEUP Blog

【サンクチュアリチャンピオンシップ】

2018-12-24 21:57:57

こんばんは!モリケンデース!!

 

昨日はサンクチュアリチャンピオンシップトーナメントに参戦していた訳ですが、、、

hideup 森田健太郎 ブログ写真 2018/12/24 

hideup 森田健太郎 ブログ写真 2018/12/24 

 

初戦からなんと、、2位に!!

 

そんな入賞したパターンを今日は書いていこうと思います。

hideup 森田健太郎 ブログ写真 2018/12/24 

 

先ずは、、ロッド!!

写真上のトーナメントドライブT3というモデルに、、VSPフロロ0.4号のセッティング。

 

グラスコンポジットロッドなのに、操作性は抜群!!

今まで、グラスが絡んだロッドで1グラムアンダーのスプーニングが高次元で操作出来ましたか?

答えは間違いなくNOです。

 

それが出来るようになって尚且つ、グラス素材の良さも相まって、しっかり操作して掛けれるのにバラさずにキャッチ出来ました。

 

写真下

トーナメントドライブ62S-BTX

ラインは0.4号エステルを組み合わせて使用しました。

 

こちらは鮎用の超繊細なソリッドティップを持ちながらもベリ〜バット部分はガチガチのファーストテーパー。

かなり攻めのセッティング。

 

なんですが、、ソリッドティップがバイトを弾かずに強いベリ〜バットで、キッチリフッキングが出来るお陰でショートバイトに悩まされる選手が多い中タックルセッティング勝ち出来たなと。

hideup 森田健太郎 ブログ写真 2018/12/24 

 

ルアーはこんな感じ。

左上から

ノア1.8&1.5g共にノブカラー キャンバスフック#6

 

予選から決勝まで時間の経過した放流魚を長く釣ることが出来ました。

表層カウント2〜3の巻き落としで!

 

ノア1.5gグリーンチャート キャンバスフック#6

ノブカラーが止まった時にあと数本伸ばす時に使用。

 

ノア1.5gキュウリ キャンバスフック#6

タイミング問わず拾う釣りで使用。

長時間は使用しませんが、短時間での即効性は強いです。いわゆる差し色

 

左下から

アキュラシー0.9gヒーローズカラー? キャンバスフック#8

グレーのペレット系カラーにサイドにピンクが入ったもの。重いスプーンに反応がなくなったタイミングで使用。こちらも予選、決勝共に巻き落としでかなりメインパターンとなりました。

 

m2 0.6g サンクチュアリオリカラ キャンバスフック#8

アキュラシーが止まったタイミングで使用。

釣り自体はスローですが、魚がルアーを見つけてから食う確率は圧倒的でした。

これも表層からの巻き落としで使用。

 

こんな感じで淡々と釣っていったら気づけば優勝決定サドンデス。

これは負けてしまったんですがww

 

でも、苦手なマッディーポンドでここまで戦えれば僕的には全然OK!満足な結果です。

URL