須江一樹HIDEUP Blog

遂に発売スエハデオレンジとスエジミグリーン!今回はスエジミグリーンのご紹介!

2018-09-20 22:54:33

前回は#S-200スエハデオレンジについて紹介させていただきました。

 

遂に発売スエハデオレンジとスエジミグリーン!今回はスエハデオレンジのご紹介!

 

今回は#S-201スエジミグリーンについて!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/20

 

スエハデオレンジは派手(アピールカラー)のオールマイティですが、対するスエジミグリーンのテーマは地味(ナチュラルカラー)のオールマイティです!

 

派手のオールマイティスエハデオレンジ、地味のオールマイティスエジミグリーン、この二色でほとんどの状況をカバーしてしまおう、もしくは状況を把握するパイロットカラーになってもらおうというのが、今回のオリジナルカラー二色の狙いです。

 

まずボディですが、

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/20

ものすごく暗めなグリーンパンプキンにしました。よく見るとウォーターメロンのようなグリーンではなく、茶色っぽいグリーンです。個人的には暗めなグリーンというカラーは非常にオールマイティに使えるカラーだと思っています。特に、マゴチ釣りにおいてはいつでも使えるナチュラルカラーとして重宝するカラーです。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/20

地味=ナチュラルカラー、と考えると、日中のシャローにおいてはグリパンは場所や潮に一番馴染むカラーだと思います。場所や潮に馴染むカラーが一番のナチュラルカラーです。また、深場や、曇天の時などの光量が少ない場合は暗いカラーがさらに暗くなり、黒っぽくなることでシルエットがはっきりしたり、収縮色となり小さく見える、という狙いもあります。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/20 

ラメについては、シルバーホロのラメをかなり多めにいれてもらっています。これについては、ベイトフィッシュのシルバーを強く意識した意味合いがあります。

 

なぜか?という問いに明確に答えられませんが、カタクチイワシなどのベイトがたくさんいるエリアではグリーンのボディが効くケースが非常に多いです。僕は従来、ジグヘッドにブレードをつけることでベイトフィッシュシルバーをイミテートしてそういったケースは狙っていたのですが、それをボディのラメだけで演出しようという狙いでシルバーラメを多めに入れてあります。加えてブレードを付けることで、さらなるアピール力のアップにも期待ができます。

 

場所や、潮になじむボディカラーと、ベイトフィッシュに模したシルバーラメが演出するナチュラルカラーがスエジミグリーンです!

 

ちなみに釣果の写真が手元にありませんが

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/20

先日撮影したHIDEUP動画ではしっかり釣れてますので乞うご期待ください(笑)

 

次回は使い方や比較を紹介したいと思います!

stagger_wide_4saltwater

遂に発売スエハデオレンジとスエジミグリーン!今回はスエハデオレンジのご紹介!

2018-09-14 20:21:57

先日遂に発売となりました、スタッガーワイド4インチの僕のオリジナルカラー

 

#S-200スエハデオレンジ と

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/14

 

#S-201スエジミグリーン  

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/14

 

ネーミングセンスはさておき、ものすごく自信を持ったカラーです。

 

今回、開発するに当たってこの2色のカラーに対するテーマは「オールマイティ」です。派手目な色のオールマイティがスエハデオレンジ、地味目な色のオールマイティがスエジミグリーンです。平たく言うと、このどっちかでほとんどの状況は釣れるはず!というカラー2色にしました。後ほど語りますが、あらゆる面で対極のカラーにしてあります。

 

ではまずスエハデオレンジについて!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/14

 

元々は、ハイドアップのソルトカラーの中にオレンジがないなぁというところから、オレンジベースで考案することを決めました。やはりマゴチ釣りにおいても、海のワームフィッシングにおいてもオレンジは定番色ですので。ちなみにすでにソルトウォーターカラーとして定番色である#S-03オレンジGF が発売されたのは、スエハデオレンジを開発中の時です汗

 

しかし、この#S-03オレンジGFと#S-200 スエハデオレンジ。非常によく似ているカラーですが、比べると実はだいぶ違います。

 

まずはボディカラーについて 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/14

写真ではわかりにくいかもしれませんが、スエハデオレンジの方がかなり白濁していることがわかります。(透明感がない感じ)コレ偶然ではなくもちろん狙ってこうしています。少し白くすることで膨張色っぽい効果を期待してのオレンジなのです。派手で、デカくて、しかも膨張色という最大のアピールを演出したいと思い、この白っぽいオレンジボディにしました。

 

ちなみにですが、オレンジといっても様々なオレンジがあると思います。赤いオレンジ、白いオレンジ、蛍光っぽいオレンジ・・・etc。その中で、こういうオレンジって釣れるとか、こういうオレンジってあんまり釣れないというのも僕の中ではあります。その中でこういう白っぽいオレンジって釣れるよねって思うオレンジが今回ベースになったオレンジです。かなり抽象的な説明ですが、単純に「釣れるオレンジ」という事です。

 

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/14

 

ラメのサイズも量も微妙に違うことがわかると思います。ちなみに、マゴチ釣りではラメのカラーも量も非常に重要な要素だと思っています。大きめのラメでギラギラ感を演出しつつ、あまりギラギラしすぎても嫌がることが多いので、多すぎないと感じるギリギリの量に調節してあります。もちろんラメなしで釣れるカラーもありますが、今回のオリジナルカラーのテーマは「オールマイティ」なので、ストライクゾーンがなるべく広そうなラメの量と大きさにしてあります。 

 

 

そしてスエハデオレンジ最大の秘密は

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/09/14

実はUV入りなんです!!!こんなでっかくてUV入りのワームなんて他にないでしょ!!超最大アピールです!!

 

#S-03オレンジGFと最も違う点はこの点です。ちなみにUVとはケイムラとも呼ばれる紫外線発光の蛍光色のことで、魚からは写真のように光って見えていると呼ばれているカラーのことです。人間は目視では見ることができませんので、写真はブラックライトを当てて撮影しております。(上がスエハデオレンジで下がオレンジGF)

 

今更ですが名前をスエハデUVオレンジにすればもっとわかりやすかったと後悔しております汗

 

釣れるオレンジボディに、釣れるラメの大きさと量とカラー、そしてUV入り。加えてカラーとは関係ない部分ですが、匂いと味の成分入りのマテリアルを使用しています。(スエジミグリーンと共通)もう釣れる要素しかない。

 

いつでもオールマイティに使える最大アピールカラーがカラーがスエハデオレンジ!!魚に見つけてもらう、魚に襲われるために考えた超アピールカラーです!

stagger_wide_4saltwater

聖地仙台でマゴチチャレンジ!

2018-08-14 21:13:16

少し前になりますが、6/26にマゴチの聖地仙台へ行ってまいりました。

 

アイランドクルーズ遠藤社長、シゲ船長、プロズワンの佐藤文紀さんの4人での釣行でした。いろいろ書きたいことはあるのですが、HIDEUPブログでは僕が釣れた釣果に絞って書き記したいと思います。

 

お世話になったのは

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

M.F.Cさん。いろいろ教えてくれて、非常に親切な船長さんでした。

 

んでまずは、マゴチの聖地仙台について。

 

とにかく、聖地仙台は釣果がズバ抜けています。僕らが行く少し前、6/22の釣果は船中158本!!!東京湾では一人の一年分といっていい釣果だと思います。

 

それだけ魚がいるのならいろいろ試せるだろう!と思いはるばる仙台まで来たのですが、結果から言うと釣りってそんなに甘くありません(笑)

 

前半はよかったのですが、後半は風が吹いてしまいメインのエリアは釣りができなくなってしまいました。こればっかりはしょうがない。よくあることです(笑)

 

で、短いながらも試せたことはたくさんありました。

 

例えばカラー。アタリの少ない東京湾ではカラーを試すことも正直困難です。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-05 レッドG・R/F   スイミングテンヤ20g

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #143 ウォーターメロン/ブラックブルーF   スイミングテンヤ20g

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-06 チャートオレンジBF   スイミングテンヤ20g

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-01 ラッカーレッド   スイミングテンヤ20g

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #113 シナモン/ブルーF   スイミングテンヤ20g

 

個人的なマゴチ釣りの定番、スタッガーオリジナル3.5インチ!各色すぐにアタリが出ます!釣れない色なんてないんだなー

 

続いてもマゴチ釣りの定番スタッガーワイドツインテール3.3インチ!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーワイドツインテール3.3インチ #S-02 レッドGF   スイミングテンヤ20g

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーワイドツインテール3.3インチ #S-01 ホワイト  スイミングテンヤ20g

 

ここら辺からアタリが遠のき始めました(笑)

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-01 ラッカーレッド   バクリーヘッド14g

にして少しウェイトを軽くしてみたり

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーオリジナル3.5インチ #150 ホワイトソリッド/White Solid 1/2ozリーダーレスダウンショット

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

スタッガーワイド3.3インチ #103 グリーンパンプキン   デプスハイパーフットボール1/2oz

 

などジグヘッド以外のリグを試したりしてみました。いずれもとても可能性を感じました!

 

でも正直今回一番の衝撃はこちら。佐藤さんの「意外とストレートが釣れるよ」といわれて使った

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/14

ワッパー4インチ #08 アルビノホワイト   スイミングテンヤ20g

 

ストレートって釣れるんだー!!というのがかなり衝撃的でした。しっかもアタるアタる

 

船中89本と前回の釣果を聞かなければ、十分すぎます。ちなみに6/28は128本でした(笑)

 

いろいろ試せた仙台マゴチ釣行!例年6月半ばから7月半ばくらいまでの季節限定の釣りなので、来年も絶対行きたい!!!

 

来年僕と一緒に行ってくれる人募集中です!!

stagger_original_35saltwaterwapper

渋い時はスタ3.5!だてまき丸さんでマゴチ釣り!

2018-08-11 22:05:07

先日久しぶりに、子安のだてまき丸さんにマゴチを釣りに行ってきました!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/11

 

ちなみに今年の東京湾マゴチの状況は、4月5月の前半戦は数・サイズ共によかったのですが、6月に入りマゴチが産卵に入ってからは厳しい状況が続きました。んでやっと8月に入ってから釣れだしてきた。という状況です。

 

だてまき丸さんは毎日6時半出船で、朝一は近場の定番ポイントからスタート!

 

で、なんと一投目からナイスサイズをキャッチしたのですが、この時合いを逃すまいと写真も撮らずに次のキャストへ!

 

2投目、3投目と投げればアタる状態なのですが、2投目は乗らず、3投目は乗ったのですが、意外とデカかったため針を伸ばされてしまいフックアウト。で、そこで時合いが終了してしまいました。短かったなー!(泣)

 

エサ釣りの船に乗るとよくわかるのですが、エサとルアーの時合いは大体の場合全く違います。ルアーにはアタるけど、エサにはアタらないという場合、エサ釣りの船の場合は船長が場所を見切り移動してしまいますので、とにかく釣れるうちに釣っておく、ということも大事です。

 

この日は朝の時合いが終わってからは、ルアーはしばらく沈黙が続きました。この後釣れるか不安になるほどに…

 

写真撮っとけばよかったなー。なんて思い始めたころにアタリが!でも乗りません。去年もそうでしたが産卵明けのこの時期は、乗りにくいアタリが非常に多い時期です。魚が小さいという事もあるのでしょうが、なんとなくガツンと食ってくれないなぁという感じです。

 

でも魚が動き出してきた感があるなーと感じていると、やはりアタリが出だしてきました。

 

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/11

スタッガーオリジナル3.5インチ #142 ライトグリパン/ブラックブルーF

 

やーっと釣れました!という感じです(;^_^A

 

今日はなんだかブルーラメが効いているようで、珍しく同船者にルアーの方がいらっしゃったのですが、その方もブルーっぽい色が釣れてました。

というか、ブルーっぽい色が釣れてたからマネしてみました。一緒にルアーをやっている人がいてくれるとこういう時にいいですよね( ̄▽ ̄)

 

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/11

スタッガーオリジナル3.5インチ #113 シナモン/ブルーF

 

この後もたびたびアタリがあるのですが、乗らない乗らない…でもやっぱりブルーラメが効いてそう。

 

でもそのブルーラメ効果もほどなく終了し、アタリ自体がまた少なくなりました。

 

そんな中で渋い時の頼みのカラー#S-03 シルバーシャッドGで一本小さいのを釣ってからはまた沈黙…

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/11

なんとか最後に、横浜定番カラー スタッガーオリジナル3.5インチ #S-04 モエビ で一本釣って厳しい状況ながら計5本キャッチとまずまずな結果で終了することができました。

 

ちなみに、最後の写真を見てほしいのですが、アシストフックをつけていますがアシストフックが刺さっていません。個人的にはアシストフックは、付けるならトレブルフックだと思っています。

 

ただし、トレブルフックをつけると当然根がかりが多くなります。根がかりもそうですが変なゴミが引っかかる可能性も高くなるので横浜側で釣りをする時は付けたくないのが本音です。

 

今回は、それにしても乗らないアタリにやきもきし、たまらずアシストを付けてしまったのですが、やっぱりあんまり意味ないのかなぁと思ってしまいました。

 

次回は乗らないアタリの打開策!考えてみます!だって全部とれてたらツ抜けだもの!(´;ω;`)

佐々木さんチーム、スタッガーでマゴチチャレンジアゲイン!

2018-08-03 12:15:07

少し前に来ていただきました、スタッガーでのマゴチ狙いにはまっている佐々木さんチーム!しかし、当日はマゴチの産卵期に当たってしまい正直マゴチはつらい状況…

 

という事でまずはシーバス狙い! 

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/03

ポツポツ釣れるもののシーバスもイマイチ。という事で思い切ってエリア変更!

 

すると

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/03

 

シーバスがバシバシかかります!ベイトの反応もバッチリ!

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/03

 

という事で、ちょっと最後にマゴチやってみる?とチャレンジしてみると

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/03

 

あっという間に釣れたー!スタッガーオリジナル3.5インチ #147 ヒウオ!

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/08/03

この後、小野さんもマゴチ童貞めでたく卒業ー!うれしい!!

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-03 シルバーシャッドG!

 

別船で出ていたお客さんもシルバーラメ系ばかりだったとのことで、この日はシルバーラメが肝だったようです。

 

このように、シーバス込みでのチャーターももちろんおススメですが、これからの時期はマゴチのみでのチャーターもおすすめです!

 

というのも、産卵が終わり良い時期に差し掛かってきているので、時合いが訪れればバタバタと食いだす可能性があるからです。加えて、やはり釣り方にコツがあるマゴチ釣りですので、慣れて理解するまである程度の時間を要します。なんとなくわかってきた!という頃に終了時間。となりがちですので、頑張って1日腰を据えてマゴチ釣りを頑張ってみるというのも一つの手です。

 

 

8月の照りゴチの時期から年内いっぱいまではマゴチは基本的には釣れ続きます!是非今年はマゴチチャレンジしてみてください!

stagger_original_35stagger_original_4stagger_wide_4

今年はルアーマゴチ始めましょう!今回はルアーについて

2018-07-07 07:51:57

前回は船からのマゴチ釣りのタックルについて書かせていただきました。

 

今年はルアーマゴチ始めましょう!まずはマゴチタックルについて←ロッド・リール・ラインについてはこちらをチェック!!!

 

今回は気になるルアーについて書いてみたいと思います。まずはジグヘッドから!

 

ちなみにジグヘッドは重さが合っていればなんでもいいという訳ではありません。個人的には釣れるジグヘッドと釣れないジグヘッドがあると思っています。

 

ではまず何を買えばいいか。僕はエコギアさんのスイミングテンヤをまず揃えてほしいと思っています。

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

10メートルより浅い場所では僕はまず20グラムからスタートします。潮や風の影響で底が感じづらければそこから30グラムくらいまでウェイトを上げていきます。もし余裕があれば30グラム以上も少量でいいので揃えて頂けるとずる引きでしか食わないときなどの状況にも対応できます。

 

水深が4メートル以下の場所で使う、20グラム以下のヘッドはマドネスさんのバクリーヘッドを使用しています。東京湾では14グラムがあればほとんどの状況に対応できると思います。ちなみに銀粉は効くの?とよく聞かれます。僕的には効いていると思います。立証できていませんので感覚ですが・・・

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

他にも釣れるジグヘッドはありますが、基本的にはこの二種類で僕は今東京湾でマゴチ釣りをしています。

 

次にワーム!

 

東京湾で釣りをする場合は

 

スタッガーオリジナル3.5インチ

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

スタッガーオリジナル4インチ

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

スタッガーワイド3.3インチ

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

スタッガーワイド4インチ

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

スタッガーワイドツイン3.3インチ

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

スタッガーワイドツイン4インチ

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

この6種類を使い分けています。これ以上大きくても、小さくても不思議とアタリが激減しますのでマゴチ釣りにはこのくらいのサイズがいいのだと思います。

 

もちろん、それぞれを使い分けて使いますので僕は全種類使用しますが、どれか一つ!という事でしたらスタッガーオリジナル3.5インチをおすすめします。外道も含めて魚のキャッチ率が一番高いのはスタッガーオリジナル3.5インチです。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/07/07

 

逆にマゴチしか釣りたくない!という事でしたらスタッガーワイド4インチがおすすめです。僕の経験では、今のところワイド4インチの外道率は0%、つまりかかれば100%マゴチが上がってきます。

 

マゴチ釣りにおいてワームのカラーは非常に重要です。ワームの形状よりも重要なのではないかと感じる日もあるほどです。日によってヒットカラーは様々ですし、時間でも変わってきます。ですので、この色があれば大丈夫!というカラーは正直言ってありません。しいて言うのであればグリーン(ウォーターメロン、グリパンベース)系とオレンジ系がストライクゾーンが広い気がしますので、一つだけというといずれかになると思います。

 

アシストフックについては、ない方がゴミがかかったり、ワームが絡んだりするトラブルが減りますのでない方が釣りのストレスは減ります。しかし、アシストフックがあるとかかりやすくバレづらくなることも事実なので、自分がどちらを重視するかでつけるかつけないかをその場でセレクトすればいいと思います。つける場合は#6クラスでいいと思います。

 

以上、ルアーについて解説させていただきました!是非船からマゴチ釣りをする際に参考にしてみてください!

stagger_wide_twintail_33stagger_wide_twintail_4saltwater

今年はルアーマゴチ始めましょう!まずはマゴチタックルについて

2018-06-20 01:26:39

今年は非常に好調な東京湾マゴチ!マゴチ釣りを始めるのに今年は最適なんじゃないでしょうか?
 
ということで、今回はどんなタックルが必要なのかを説明させていただきます。
 
まずは、現在僕が使っているタックルセッティングを紹介させていただきます。
 
タックル1(スピニング)
 
タックル2(ベイト)
 
この2本で現在僕はボートマゴチを行っています。基本的にはヘッドが20グラム以下ならスピニング、ヘッドが20グラム以上or4インチワイドの場合はベイトという風に使い分けています。
 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/06/20

 

まずはロッドについて。
ロッドは7フィートほどの長さが、長すぎず短すぎず使いやすいと思います。長いと投げるときに危険ですし、ランディングもしづらくなります。短いとリフトアンドフォールのアクションがしづらくなりますので、7フィートほどの長さが使いやすいです。
硬さについては、思っている以上に柔らかい方がいいと思っています。理由としては、まず魚としてバレやすい魚であるということ。大きさの割にウェイトがない魚だからか、ヘッドシェイクを繰り返す魚だからか、使うルアーが重いジグヘッドだからか、口が堅いからか、とにかくかけてからバレやすい魚です。それを解消する為には少し柔らかめなロッドを使用する方がバレの解消に一役買ってくれると考えています。
もう一つロッドが柔らかい方がいい点は、リフトアンドフォール時のジグヘッドの重さを感じやすいという点です。ティップでジグヘッドを「持ってくれる」感覚があると非常にアクションがつけやすく、着底もわかりやすいです。(マゴチ釣りは着底の感覚が命だと思っています)
しかし、柔らかすぎるロッドだとフッキングが決まりませんので、理想はティップからベリーまでが少し柔らかめで、バッドがしっかりしたロッドというのが理想になるのかなと思います。というと何を選んだらいいか難しくなるのですが、一番それに近いのはボートシーバスロッドだと思いますので、あれば7フィートクラスのボートシーバスロッドをセレクトすれば間違いありません。
 
hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/06/20
 
リールについては、使用するラインに合わせてセレクトすればいいと思います。ローギアよりもハイギアの方が楽な気はしますが、特に必須事項ではありません。
 
 
 
ラインについてはいろいろ使いましたが、PEラインは VARIVASさんのアバニ シーバスPE スーパーセンシティブ LS8(以下LS8) が一番だと思います。
理由としては、まずマーカー付きのラインがNGだというところです。マーカー付きのラインはフグにマーカー部分を食われます。特に白いマーカーが入っているラインはこれからの夏時期は最悪です。魚が当たった!と思ってフッキングすると高切れしてる。という事が頻発します。(水面付近でラインをフグに食われている)ということで単色のPEラインが必須になります。
加えて、視認性がいいこともポイントです。潮と風の具合や、深場を攻めているときはどうしても着底が感じずらい時があります。そんな時はラインで着底を判断する時があるのですが(フワッと糸がふける感じで)そんな時見やすいラインカラーというのは重要なファクターになると思います。
個人的な必須事項でいえばこの2点なので、この2点を抑えたラインであれば大丈夫だと思うのですが、LS8の最大の特徴でもある感度の良さは、マゴチ釣りに非常に大きなアドバンテージがあると思います。というのも、先述した通りマゴチ釣りは着底の感覚が命だと思っています。着底の感覚がどういう感じなのか、コツなのか、トンなのか、ドスなのか、これがわかると非常に釣りがやりやすくなります。ほかにルアーの後ろに魚がついた感じや、マゴチのアタリなのかフグのアタリなのかの判断、ルアーが絡んでいないかなど、水中からの情報量が多ければ多いほど釣りがやりやすくなりますので、感度がいいLS8はマゴチ釣りに非常に向いているラインだと思います。 
 

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/06/20

 

リーダーは、スピニングには20lbほど、ベイトには25lbほどを1ヒロほどつけています。飲まれることが多い釣りなので、これ以上細いと歯で切れてしまわないか不安です。素材については現在は感度と耐摩耗性優先で考えているのでフロロカーボンを使用していますが、ナイロンでも特に問題はありません。
 
と、まずはタックルセッティングについて書いてみました。最近は産卵に入ってしまったためか、少し釣果が落ち気味の東京湾マゴチですが、暑くなってくるにつれてまた釣果が伸びてくるはずです。
  

 

夏本番に向けて、今からしっかり準備を進めていきましょう!