坂田泰信HIDEUP Blog

テール着色!

2018-09-19 12:40:17

琵琶湖を中心に話題のワーム着色アイテム

JJ's Magic !!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/19

※たまらんばい永野君ブログより拝借

私もライムイエロー?は買っていたのですが、まだボートのストレージにしまっていたままでした…が、先日、WBSの試合の時に丁度営業で土浦に来られていた小山さんにオレンジカラーを頂いたので霞で試してみることに!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/19

↑JJ's Magicの日本での販売を手掛けているMr.小山氏

 

で、さっそくアメリカではシークレットカラーだというオレンジで、HUスライドフォールジグにセットしたスタッガーのテールを染めてみました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/19

元のカラーやマテリアルとの兼ね合いもあると思うのですが、水の外だと思ったより地味な印象。

しかしニオイは強烈!冗談抜きで白ごはん食べれちゃうんじゃないかというぐらい!これは色のインパクトとの相乗効果でバイトのトリガーになってるかもしれませんね!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/19

ボートにこぼしたら悲惨なことになりそうなので、二重ジップロックはマスト!

動きは是非こちらの動画をご覧ください!

陸で見るより発色がだいぶ鮮やかです。

これは霞でも効いちゃいますね!

まだ試したことのない方は是非!

 

★SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

 

slide_fall_jigstagger_original_35

スライドフォールジグでジグスト!

2018-09-14 01:29:23

先日、JBマスターズ時代の友人原島プロのお誘いで、JBⅡ霞ヶ浦の最終戦のバックシーターとして参加してきました!

当日は、午前中は微風。

午後になって風が吹き始めたので、そのタイミングでウインディーサイドを周り、リミットを達成しました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/14

そこで活躍したのが  

HUスライドフォールジグ 1/0フック+クローワーム(キモは爪が重い系のワームをセットすること)

それを、スピニングでいうミドストみたいにラインスラッグを使ってスイミングさせて使いました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/14

ストラクチャーなどに魚がついてなくて周りをウロウロしているような状況でも、移動距離を小さくアピールできるのでバスが遠くから気づいてくれ、良く釣れます。

スライドフォールジグのヘッド形状が水を掴むのでノー感じにならずとても使いやすいです。

フォール用に作られたルアーだけどスイミングにすごく向いているジグだと思います。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/14

↑こちらは春に炸裂したときの写真。この時の釣れっぷりで、かなりの自信を持って使ってます。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/14

さて、試合の方は真ん中よりちょっと上の順位でフィニッシュ。

HIDEUPチームの鈴木利忠プロは、スタッガーワイドツインテールのバックスライドセッティングで5位に入賞されてました!

さて、これからの時期、横方向の動きにバスの反応が良くなってきます。スピナーベイトやクランクベイトと合わせて、スライドフォールジグのジグストを是非試してみて下さい!

 

★SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

 

 

slide_fall_jig

MACCAインプレ②【HUMRC-60MLG】

2018-09-08 14:50:50

MACCA RED (通称赤マッカ)には2つのグラスロッドが存在します。

 

一つはディープクランクやスピナーベイトなどファーストムービング系で汎用性の高いHUMRC-611MG

そしてもう一つが、今回ご紹介する、特にシャローでの取り回しが良いHUMRC-60MLGです。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/08

【60MLG】は約6フィートでショートロッドといえるレングス。

私はメインフィールドが霞ケ浦なので、HU70HU30BTなどのシャロークランクや小型スピナーベイトをシャローに細かく打ち込んでいくのに重宝しています

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/08

グラスロッドはノリが良い反面、そのダルさから、正確なキャスト(特に近距離)が難しかったりするのですが、【60MLG】は、そのレングスとテーパーの絶妙なバランスにより、ダルさを感じず気持ち良くキャストできることが最大の特長と言えます。

 

私自身、グラスロッドは廃盤になったロッドをストックして大切に使っていたのですが、近距離のアキュラシー性については諦めていました。なので、初めてこの【60MLG】でキャストしたときにスパスパキャストがキマるのが気持ち良すぎて釣りよりそっちに夢中になってしまた程です。
もちろん乗り換え(笑)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/08

近距離使用でのメリットばかり言及してしまいましたが、ロッドの粘りにしっかりルアーのウエイトが乗ってくれるので、ロッドの短さを感じないほどルアーが飛びます!

遠心力ではなく、しっかりロッドに力が溜まって遠くにルアーを運んでくれる感じです。

 

 

HUMRC-60MLG3つの特長まとめ】

 

 ショートレングスで取り回しが良い!

アシの凸凹などをくまなくトレースするためには超重要!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/08

グラスなのにダルさを感じない!

ノリが良くてもダルいとキャストの軌道を制御しづらく、しっかり通せなかったり、ポイントを潰してしまうこともありましたが、【60MLG】は本当にキャストしやすいです。

(シャロークランク~ショートキャストなら1/2ozのスピナーベイトまでいけます)

 

ルアーのウエイトがしっかりロッドに乗るから中距離にも!

グラスなのにしっかりハリがあるから、ルアーのウエイトがしっかりロッドに乗って、びっくりするほど飛びます!

 

HUMRC-60MLG 一度キャストしていただければ違いがわかるロッドですので
お近くのマッカ取扱い店様で是非触ってみてくださいね!

MACCAラインナップ

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/09/08

 

★SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

 

macca

再スタート

2018-08-30 20:33:04

 WBS第5戦(レギュラー戦の最終戦)が先週の土日開催されました。

クラシック出場権を獲得した15選手とパートナーオブザイヤー1選手。

ここに居たかった…

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/30

最終戦の優勝は2日目7キロオーバーを叩き出し逆転に成功した平本プロ。なんと10年ぶりだとか!

公私?お世話になっていて、普段の努力も見ているので嬉しかったです。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/30

さて、私はといいますと、プラクティスでは全くと言って良いほど何も見つけられず試合に臨みました

これまでは何かしらヒントを見つけて試合に臨めていたので、正直、どこで何をやるか全く見当がつかず、1日目は台風の影響を考えて、風の影響の少ない流入河川に殆どの時間を費やしました。

ここを打ち尽くせば、クラシック圏内には残れるだろうという甘い考えが無意識にそうさせたのかもしれません。

そして撃沈…

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/30

2日目は、無風晴天予報。1日目の出遅れを取り返すべく、朝一だけ流入河川を触り、残りはハイリスクハイリターンを狙って真珠棚へ。

この日も、一箇所に徹底的に時間をかけましたが、思うような展開にはならず、なんと最下位を叩いてしまいました。

これにより、年間順位はクラシック圏外の18位に…

最低限の目標だと思っていたクラシック権利を逃してしまいました。

今振り返れば、その日の状況を無視した最低の立ち回りを2日ともしていたと思います。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/30

試合終了直後は、正直、腐りそうになりました。でも、先輩選手たちの壇上でのコメントを聞いて、こんなことでヘコんでいる場合じゃないなと思い直しました。

実はあと一試合、上位2選手にだけクラシック出場権利が与えられるオープン戦が残っています。

ここに全力投球することが、今年、私に残された唯一のチャンスなので、全力で挑みたいと思います。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/30

★SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

背水の陣

2018-08-26 03:24:18

 WBS最終戦初日終了。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26 

今年最低の順位を叩いてしまいました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26

1日目を終えて、暫定15位まで順位を落とし、クラシック出場ボーダーオンライン…全ては明日に。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26

こうなってくるとなんか全ての数字が気になってきます。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26

ウソです気にしてません(笑)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/26

やりきります!

W台風。。。

2018-08-21 11:02:42

 今週末に迫ったWBS最終戦2days.

最低目標としているクラシック出場権利もかかった大事な試合。

W台風のソーリックとシマロンは霞ヶ浦を避けるように進行予定(笑)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/21

お盆に休暇を取り集中練習するはずが何故か仕事が忙しくなってしまい先週は2日しか湖に出られませんでした。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/21

序盤は仕事モードから釣りモードに気分を変えることに時間を要しなかなか集中できなかったのですが、徐々にトーナメントモードに。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/21

とりあえず広い霞ヶ浦を一周しますがサイズが小さい…

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/21

魚のいる場所のイメージはなんのなく出来たのですが、2日間のトーナメントを乗り切るためにダメそうな所も含めとにかく色々な所をやってみました。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/21

赤マッカ×HU70で強烈なバイト!もサイズが伸びず。

これはW台風の影響もあるし、腹くくって勝負しないと厳しそうです…。

 

とにかく全力を尽くします!

 

★SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt

HU-70

MACCAインプレ①【610MH+】

2018-08-17 12:59:09

ホームレイクが霞ケ浦の私にとって、最も出番が多いのが

このHUMC-610MH+です。

【MH+という特徴のある番手ですが、簡単にいうと通常の【MH】クラスよりレギュラーテーパーめなバーサタイルロッドとなります。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17

カバーの中を打つ場合や、フットボールのリアクションなどには、瞬発的なフッキングやクイックなアクションが出せる【MH】のほうが向いています。

しかし、私が霞ケ浦で多用するウープスなどの高比重計ワームやワッパーなどのノーシンカーをアシ際に落としていくような釣りには【MH+がものすごく使いやすいんです!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17

もともとは、秀雄さんが霞ケ浦でのスコーン用として作ったと伺ったことがありますが、私はもっぱらノーシンカーでの使用頻度が高いです。

まぁ、そのぐらい汎用性のあるバーサタイルなロッドということですね。

今年から参戦しているWBSトーナメントでの初入賞の際も2日間キャッチしたバスはほとんどHUMC-610MH+を使用してのノーシンカーリグでした。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17

なぜ、霞ケ浦のノーシンカー打ちに向いているか?ですが、
私が重視している点は下記の3点です。

①ラインブレイクを気にせずフルフッキングが可能!

⇒トーナメントで狙うキロオーバーのバスの口は硬いので、太軸のフックをしっかり掛けるためにはフルフッキングをキメることが必須となります。

これまでの経験上、霞ケ浦の釣りのようにシャローかつ近距離で魚をかけバラしてしまう時はちゃんとフックが刺さっていないことが大半でした。

パワーを吸収しすぎてしまうロッドだとフックがちゃんと刺さらない・・・ファーストテーパーのガチガチのロッドだと周りの障害物に触れてのアワセ切れが心配・・・

そんな不安を吹き飛ばしてフルフッキングが楽しくなるのがこのHUMC-610MH+です。
(ちなみに私がノーシンカーを使う際には12ポンド~14ポンドが基準です。)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17

②カバーや鉄杭などから一気に引き離せるバットパワー!

⇒とにかくバットのパワーが強い610MH+
素直に曲がるテーパとこの強いバットのリフトパワーは魚をかけてからも心強く心理的にかなりのアドバンテージです。

ロッドのパワーで魚をしっかりリフトでき、
デカい魚に走られてラインが緩んでジャンプでバラし…といった心配がなくなります!

6フィート10インチという使い勝手の良いレングス!

⇒障害物を打つ際、なるべくロッドが長いほうがラインをコントロールしやすいのですがキャスティングはしにくくなります。
6フィート10インチという長さは、霞ケ浦のノーシンカーゲームにはまさに絶妙な長さだと思います。

 

◎霞ケ浦でHUMC-610MH+にマッチするルアー

 

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17

 <ウープスやワッパー、その他、高比重計スティックベイト>

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17

 <カバーまわりのスライドフォールジグ>

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/08/17
<スライドスコーンジグ、スライドフォールジグのスイミング>


私にとってなくてはならないHUMC-610MH+

是非使ってみてくださいね!

MACCAラインナップ



★SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたします!

 

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakata_fishing/

Twitter

 https://twitter.com/hu_skt





 

 

macca