坂田泰信HIDEUP Blog

初釣り。そしてやりたいアレ。

2018-01-17 01:52:22

なんかいつも以上に仕事が忙しい2018年の年明け。。。

土曜日になんとか初釣りに行けました。

水温は4度代...orz

やりたいことがあったのですが、会社の先輩方も一緒だったので

確実に魚に触るため

ワカサギ釣りに変更w

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/17

バスボートではじめてのワカサギ釣り。風もなく最高の釣り日和。

何回か明確なアタリがあって

送ったり、即合わせしたり色々試すも乗らない・・・

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/17

2艇に別れて釣りをしましたが

先輩チームは5匹でリミットメイク。

我がチームはノーフィッシュ。

来年リベンジを挑むとします。



さて、今の最低水温を抜けたら、

コレやってみたいんです。

徳島のハイドアップスタッフの久次米さんがやってる

HUクランクの『フィネスクランキング』!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/17

霞ヶ浦のこの時期はジャークベイトが強いんですが、

もともと、ライザーテクニックでゆっくりホバリングさせることのできる

HUクランク。ラインの重さをうまく使って短い移動距離でアピールできます。

 

テトラ際や上をゆ~くり引いてきてたまにテトラに当てて平打ちさせた

ら釣れそうじゃないですか?

次回試してみようと思います!

 


※久次米さんInstagramより拝借

 

HU-200

コレ欲しかったやつ!

2018-01-12 00:50:25

どうも! NEWスタッフ坂田です。

私のホームレイクは霞ヶ浦。

その霞で絶対欲しかったラインナップが追加!

それは…

 

スライドフォールジグ2.5g、3.5g の#1/0フック仕様!

 

本来フォール用なのですが霞視点で

フックに着目してに説明すると…

 

既存のスライドフォールジグ(2.5g、3.5g)

➡︎#1フック

※5g、7gは元々#1/0

 

追加されたスライドフォールジグ(2.5g、3.5g)

➡︎#1/0フック

 

スライドスコーンジグ(既存)

➡︎ #4/0フック

 

つまり、これまでよりゆっくり小さいシルエットで、浅いところをマキマキ出来るということ!

本来スライドフォールジグはその名の通りフォール用なのでガードは弱めなのですが、霞のハードボトムやブレイクにはピッタリなのです!

ウープスをつけてのストラクチャー打ちにもこの番手が欲しかった!

 

写真で比べてみると…

 

↓既存のスライドフォールジグ(2.5g、3.5gは#1フックのみでした)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/12

ワイドシリーズとのコンビネーションでキレのあるフォールアクションを実現!

※霞のようなシャローウォーターでのミニスコーンやウープスをつけてのストラクチャー打ちにもいいのですが、この重さでもう少しフックが大きければなと思ってました。

 

↓スライドフォールジグ(2.5g、3.5g追加番手)➡︎#1/0フック

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/12

これこれ、本当に欲しかった〜。霞ヶ浦のシャローハードボトムやブレイク際をゆっくり引くのに活躍するはず。2.7gと3.5gが出るみたいですが3.5がちょうど良さそう!

 

↓スライドスコーンジグ(既存)➡︎ #4/0フック

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/12

ガードもフックもしっかりしてあるのでアシや巾着にからめてガンガン巻けます!

 

既存のスライドフォール#1と新しい#1/0の比較

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/12

あ〜早く使いたい!

発売は4月予定です!

 

SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたしますm(_ _)m

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakatafishing/

slide_scoon_jigslide_fall_jig

新型ギルルアー⁈

2018-01-10 06:24:26

HIDEUPニューカマーの坂田です!

しばらくは自己紹介をちょこちょこ織り交ぜながら書かせていただこうと思います。

私、静岡県の出身で、はじめてバスを釣ったのは伊東というところにある一碧湖という湖です。電車で約1時間かけて行く釣りは、当時小中学生だった自分には本当に特別な時間でした。

一碧湖と聞いてピンときた方もいるかもしれません。

そう、一碧湖は日本で最初にブルーギルが放流された湖です。文献によると1960年にシカゴのシェッド水族館のブルーギルをシカゴ市長が贈ったのがはじまり。

強引に結びつけると、この元祖ギル型ワーム スタッガーワイドのルーツも一碧湖にあると言えます(強引すぎかw)

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/10

今でこそブルーギルワームが沢山出てきていますがスタッガーワイドが発売されたのは10数年前。しかし、今もなお釣れ続けるスタッガーワイド。

その理由は過去の吉田さんのブログにありました。

下記引用

----

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/10

 

こんな形のワームも昔のタックルボックスから出してきて復習しています。

本物のギルを型どってワームにしたものもあります。

正直言って全く駄目でした…

やはり本物に近ければ近いほど、偽物の動きをすると見切られる場面が凄く多いのが現実でした。

状況がよければ釣れるには釣れます。

頑張れば釣れるって感覚です。

大事なのは自分が釣るのではなく、ユーザーが使って釣れる率が高いルアーにすることが大事なんです。

本物の姿が駄目ならリブ入れてシルエットだけギルにしてみたら!?

そのちょっとした疑問で次々と形を変えていき、動きも含めて見えるバスの顔を見ながら反応を見ていく。

面白いことに人間が良いと思うほど釣れないのが現実です。

---

 

写真のルアーは新製品でもなんでもなくてボツ作品。

そしてこの開発についての考え方スタッガーワイドに限らず、ハイドアップ製品全般に共通します。

 

長く釣れ続け、愛される理由がここにシンプルに書いてありました。(過去の記憶を頼りにめちゃググりましたがw)

 

そんな想いで作られたスタッガーワイドの生々しい動き(自分で泳いでるみたい!)の動画も是非合わせてご覧下さい!オフシーズンのイメトレにピッタリですよ!

https://youtu.be/gAOIuqSGWLw

 

 

 

SNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたしますm(_ _)m

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakatafishing/ 

stagger_wide_3.3stagger_wide_4stagger_wide_5

ご挨拶

2018-01-08 14:34:20

皆様はじめまして。

今年からHIDEUPスタッフになった坂田泰信と申します!

近年は、霞ヶ浦を中心に活動しており、昨年より、WBSトーナメントに参戦しています。

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/08

HIDEUPルアーで特に好きなのは

スタッガーオリジナル、ラオラ、パイロン!!!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/08

平日はサラリーマンで、休日を使ってトーナメントに参戦している身ですが、自分ならではの視点で皆様に楽しんでいただける情報を発信してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします!

hideup 坂田泰信 ブログ写真 2018/01/08

今後はSNSも更新していきますので、是非下記よりフォローお願いいたしますm(_ _)m

Facebook

https://www.facebook.com/boosakata/

Instagram

https://www.instagram.com/boosakatafishing/

stagger_original_3pylon84laora