来季発売のマッカ「HUMRS‐63MLST」におススメのリグ①~③

2019-10-22 08:16:10

本日のガイドでも活躍してくれた来季発売の「HUMRS‐63MLST」 表記からも伝わるように、スピニングロッドとしては硬めのミディアムライトアクション、ロングキャスト時でも確実にフッキングでき、ランディング時にもバスをリフトアップさせるバッドを兼ね備えたパワフルなミディアムライトロッドになっております! ロッドディップにはソリッドティップを搭載しており、ただただパワーがあって硬いだけのロッドではなく、ティップにルアーのウェイトをのせてボトムを感じる事のできる、繊細さを兼ね備えたロッドに仕上げました。

琵琶湖のようにアベレージサイズが大きく、重めのルアーも使用するフィールドや、川のように流れが強かったり、カバーが多かったり、バスに主導権を握られそうなフィールドでは絶対的なアドバンテージを持ったロッドです!

「HUMRS‐63MLST」おススメリグ①

春にも活躍してくれたスタッガー3inのジグヘッドのチョン掛け!

ポストの時期に有効となってくるジグヘッドチョンがけのドラッキング釣法!水温上昇とともに生えてきたカナダ藻の新芽フラットをシェイクで優しく揺する!そんなアクションに「HUMRS‐63MLST」の硬めのソリッドティツプが仕事をしてくれます!また、ドラッキング釣法という事でキャスティングとは違いかなりのラインが出ます!「HUMRS‐63MLST」はラインが出ていても、しっかりフッキングできるバットパワーと、バスを暴れさせないガイドセッティングで「ジグヘッドチョン掛けリグ」に相性抜群!

「HUMRS‐63MLST」おススメリグ②

春の定番スタッガー3.5inのテールカットジグヘッドリグ!

「ジグヘッドチョン掛け」はロッドが横さばきのドラッキング釣法に対して「スタッガー3.5のジグヘッドリグ」は、ここぞという新芽のカナダ藻をキャスティングでダイレクトに狙う「使い方」。

6フィート3インチというショートレングスを生かした「縦さばきアクション」で、生えはじめのカナダ藻新芽を優しくホグしながら釣っていく、ここで活躍してくれるのが硬めの「ソリッドティップ」小さなカナダ藻スポットで、ルアーの移動距離を最小限に抑えたアプローチを可能にします。 時期的にはカナダ藻新芽が生えはじめ、まだまだパッチ上で広範囲を狙うと、効率が悪い!そんな初春の時期に活躍してくれるスタッガー3.5inのジグヘッドリグにもベストマッチ!

「HUMRS‐63MLST」おススメリグ③

初秋の琵琶湖で出番が多くなるディープの3.5g~5gを使用したダウンショットリグ! まずは、シンカーのウェイトとワームの水圧に負けない63MLSTのロッドティップが重要となります。 また、ディープに沈む岩やオダなど小さな障害物に対して移動距離を抑えた丁寧な(しつこい)アプローチをできるのは「63MLST」のソリッドティップならでは! 上記画像のようにモンスタークラスがバイトしてくる事も多く、ミディアムライトというロッドパワーがランディングの時間を短縮してくれます!

 

stagger_original_35stagger_original_3

HUシャッドにHUミノーにHUクランク!これって秋って事やで!

2019-10-20 21:53:47

どうも武田です。

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/20

日曜日の琵琶湖は大賑わい! 特に南湖木浜エリアはすごいボートです! 

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/20

少し濁りが落ち着きて来たのかなかなか良型の反応が今一つ・・・・ ただ、1年生が絶好調!

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/20

それでもデカいのが釣れそうな条件を回っていけば・・・・ HU400で良型キャッチ!キーワードはやっぱり「濁り」ですね。

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/20

私もちゃっかり! Hu400の出番が多くなってきているここ最近です!

HU-400

HU400にHUミノーが大活躍な一日!

2019-10-18 21:10:34

どうも「武田」です。

雨模様となった本日は一日ハードベイトオンリーゲーム!

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/18

先ずは好調をキープしているHUクランク400でのお手本フィッシュ! ロッドはもちろんHUクランク専用機「71M+」クランクのバイブレーションが手元まで伝わってくる最高の一本!

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/18

ゲスト様にもご使用いただき71M+でズドン!

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/18

少し濁りが落ち着いたエリアではパワーの強いクランクベイトではなくHUミノーでアプローチ!

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/18

ワカサギカラー絶好調! ひったくりバイトが最高にたまりませんね。

hideup 武田栄喜 ブログ写真 2019/10/18

ラストはあわやトリプルヒット! HUシリーズに助けられた一日でした! 

たまらんばいよ「あ~はよHUミノー専用ロッドをリリースして頂戴!」

HU-400HU-Minnow111SP

TOP50檜原湖戦で活躍してくれた赤マッカHUMRS‐69L

2019-10-16 23:19:30

TOP50最終戦の檜原湖では2パターンがメインになりましたが、一つは「活躍したタックル①」で紹介したように「赤マッカ61XULST」を使用したダウンショットリグのシューティング!そして、もう一つのメインパターンが「HUMRS‐69L」のロングキャスト性能を利用した「表層i字形パターン!」

琵琶湖でもワカサギ狙いのバスに対して「ジジル」などの表層系ルアーが人気のパターンですが、「HUMRS‐69L」は釣果を伸ばす上で最も大切な「飛距離」と、遠くでバイトに持ち込んでからの「バットパワー」を兼ね備えた一本で、PEラインを使用してもトラブルが極めて少ないのが良いところです。 また、檜原湖でも多用する事の多い2.7g前後のキャロライナリグに最もベストマッチ。

HUMRS-69L

LENGTH 6'9",LINE 3-6lb,LURE1/32-1/4oz

リール:2500番 シマノ社スピニングリール

ライン:ルアーPE 0.6 

リーダー:スムーズロック1号 1m程

フック:ピアスフック ダガー#10

ルアー:ジョーダン65

ウェイインした5匹中、表層系ルアーでキャッチしたのは850gの一匹だけでしたが、表層のワカサギを意識した良型の個体に的を絞ったパターンという事で、今大会はかなりドキドキした試合展開となりました! 大会前でのプラクティスでは表層水温も18度前後と比較的高めで、ワカサギの溜まるウィンディ―サイドでは高確率でバイトをえておりました。ただ、「晴れたり」「無風」「水温低下」という状況では反応が著しく悪くなる為、試合中は条件が揃ったタイミングのみチャレンジ! 

結果、ジョーダン65でキャッチした850gのバスは「水温上昇」し始めた12時過ぎ+「風が吹き始め」湖面がざわついてきたタイミングでの結果!檜原湖中央の中之島南のハンプトップでの一匹となりました。

i字系で必要な要素の一つに、圧倒的な飛距離があります!HUMRS‐69Lのロッドレングスとバランスも大切な要素ですが、さらにルアーを遠くへ飛ばす!そして掛ける!為にはPEラインの存在は欠かすことができません!大会時ではルアーPE0.6を使用!リーダーにはスムーズロックの1号を1m程使用しました!

今回は出番のなかったフリーリグ&フットボールパターン

琵琶湖でも多用しているワイドホグ3.3や4inのフリーリグや檜原湖ではド定番になってきたツインテール3.3をセットしたフットボールパターン!このての釣りは個人的にリズムが合っていて好きなんですが、クオリティーフィッシュの目が「表層のワカサギ」になってしまった為、今大会期間は全くと言ってよい程出番はありませんでした・・・・・ 「残念」

この手の釣りには欠かす事のできない来季4月発売予定のプロとロッド「HUMRC‐65MHST」同時進行で開発が進んでおります!クロー系ワームとの相性は完璧です。

まだまだ細かな調整を行っている段階ではございますが、日々の琵琶湖で感じてきた異常なまでにバスが反応してくれる「アクション」そんな動きを最大限にフィードバックさせたアイテムに仕上ていきます! これはTOP50第2戦の遠賀川で日々のもやもやとした感覚が確信に変わったからです! そんな私の「わがまま」をハイドアップからリリースさせていた来ます!

 

檜原湖で活躍してくれた赤マッカ61XULST

2019-10-16 09:12:10

今回のTOP50第5戦 檜原湖で使用したメインのタックルを紹介!まずは、魚探を使ったシューティングの釣りで活躍したロッドは赤マッカのソリッドティップモデル「61XULST」マッカの61ULSTよりもワンランク軽い、超ライトなリグを繊細に操れるモデルになります! 特に、檜原湖や野尻湖などのディープ攻略が必須となるスモールマウスレイクや東条湖や生野銀山を代表とするダム湖でのディープフラット攻略には欠かせないアイテム! また、秋~冬~春など水温低下によってバスがディープにポジションを落とすこれからの季節にはフィールド問わず活躍!

使用したリグはベイトブレス社のニードル2.5inにザップ社のダウンショットシンカー1.3gをセットしたダウンショットリグ!これを魚探でバスを見ながらのライブシューティング!ダウンショットのリーダーの長さは決まっていて最も操作しやすい約20㎝にセット!

バスを飽きさせたい為にもワームのカラーを頻繁に交換!「このカラーが良く釣れる!」というのではなく、「カラーを交換してすぐにバイトがでる」という事が多かった為、上記写真では4色しか映っていませんが、ピンクや白など派手なカラーも含め8色程をボートデッキに並べローテーションしていきました!

HUMRS-61XULST

LENGTH 6'1",LINE 2.5-5lb,LURE1/64-3/16oz ソリッドティップ

リール:2000番 シマノ社スピニングリール

ライン:東レ エクスレッド2ポンド

シンカー:1.3g ダウンショットシンカー

フック:バリバス IWAI-T2000 #14

ワーム:ニードル2.5 ベイトブレス

 

9月後半の琵琶湖ガイド  マグナムクランクには「N‐スペック」

2019-09-30 06:24:27

9月後半の琵琶湖ガイド釣果!

表層水温が下がりドンドン秋めいてきた琵琶湖!

表層水温が下がる事でインサイドでの横の動きに反応あり! ベイトのリンクするスポットでの「HU‐ミノー」ローライト時は光でバスを誘うキラキラしたカラーがベストですね。これから急上昇なアイテムです!

相変わらず好調なワイドホグ3.3のフリーリグ!8月後半のパンチ力は無いもののタイミングさえ合ってくれれば良型も期待できる感じは今でも同じ!安定のエビダッピでございます。

そして、ディープクランク! 乳酸菌が強烈にたまるマグナムディープクランクでの高速ボトムタッチリアクション!

十分なバットパワーにクセなく曲がってくれるロッドブランクス!大型のルアーや大型の魚に対しても疲れる事無くファイトが可能なロンググリップ!マグナムディープクランクにベストマッチなロッド「N‐SPEC」! これならストレスなくZ‐ボスや10XDを投げ続けられますね!リールはもちろん5.3のローギア!ハンドルは95mmと大きめをセットした「スティーズAこだわりのSLPカスタム」でございます!

ラインは安心のフロロライン「エクスレッド14ポンド!」

 

stagger_wide_hog_33

デカバス率かたし!ワイドホグ3.3のフリーリグ!

2019-09-27 06:30:13

ロッド:HUMRC-65MH-ST(プロト)

リール:ダイワ スティーズA(こだわりのSLPカスタム)8ギア

ライン:東レ エクスレッド16ポンド

シンカー:流儀 DSヘビーデルタ7g

フック:流儀 リミット3/0

ワーム:スタッガーワイドホグ3.3(エビダッピ)

ここ最近は荒れている事が多い北湖とあって一日を通して釣りができる日も少ない・・・・・ それでも穏やかな時間帯は北上しベイトがリンクするスポットを丁寧に丁寧にアプローチ! スポットを魚探んで示し狙ってスポットへのアプローチが決まれば、狙ってデカいのを釣って最高の瞬間が訪れます! 天候さえ良ければまだまだ続きそうなこのパターン! 皆様もワイドホグ3.3お忘れなく~!

 

ワイドホグフリーリグの動画はこちら⇒「どうも武田です」 後半の方にご紹介! 

ここ最近の釣果はこちら⇒「武田栄喜オフィシャルブログ

魚探を使ったイメージはこちら⇒「ワイドホグ3.3のスポット公開

 

stagger_wide_hog_33