HIDEUP Blog 久次米良信

ワイドとオリジナル(メバル)

2020-02-15 14:02:29

今日はライトゲームで人気のメバリングのお話

現在HIDEUPではソルト用として販売されている

スタッガーワイド1.2inc 1.5incがあります。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

もう1つ現在はSW用ではないがスタッガーオリジナル2incが存在しており

自分のメインスタイルはこの2種類のワイドとオリジナルを使い分けます。

現在オリジナル1.5incSWの開発は進んでいます。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

さてどんな感じで使い分けるのか??

一見アピールが高そうに見えるワイド

使って意識してる事は・・・

ワイドの形状であるへん平ボディを魚に意識させて使う。

何かと言うと横から見たときはシルエットなんてストレートにしか見えない。

じゃあ喰わせどころは魚から見て見上げてる時と見下ろす時にはっきりシルエットが確認される訳であって

水面付近を巻いたり、フロートリグで誘う時なんかは魚から見てルアーは下から見られてる。

これによりシルエットがはじめて出せる。

カラーによりワイド形状がアミの塊に見え本気バイトも多々

アミパターンでは欠かせれない。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

現在、香川県在中の釣りガールの松浦さんが良くやっている、漂わせながらのただ巻き

こういった使い方は魚から見てルアーは上にあるのでシルエットがはっきり見える。

ワイドを最大限に引き出して釣りをしてる感じ。

連日女性ながら素晴らしい釣果を出してる女性アングラー!!

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

じゃあ中層で使う場合は?

シルエットを出したい場合は軽くシェイクしながら巻く!

これによりストレートに見えたり、ワイド形状に見えたりと

明滅を出しアピールさせることができる。

そうする事によりデカメバルも叩き出せる。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

ボトムで使う場合も魚から見てルアーが下に有る為

真上から見てるのでハッキリとしたアピールができる。

まぁワイドを使う大まかな説明です。

漂わす感じで使うのがキモとなります。

 

一方スタッガーオリジナル2inc(現在バス用)ですが

こちらも人気上昇中のルアー

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

ワイドと比べ細身のボディですが

アピールはこちらが高いのだ!

何故かと言うと水を噛むのがオリジナルの方が多い

シャッドテールがやや大きいのもある。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

ワイドはへん平なので水をやや噛みにくいので実は漂わす場合はナチュラル。

オリジナルを使う場合は風が強い時や主に魚ぽぃベイトを食ってる時。

オリジナルも1.5incが登場してくるので幅が広がってくるに違いない。

hideup 久次米良信 ブログ写真 2020/02/15

上画像はオリジナル1.5inc(プロト)

 

この2種類のワイドとオリジンルを使い分ける事によって

更に釣果が上がるんじゃないかな?と思ってます。

ジグ単、フロートリグはエリアや状況により使い分けで大丈夫だと思います。

まだHIDEUP製品を使った事のない方は是非試して見て欲しいです。

stagger_original_2stagger_wide_12stagger_wide_15