HIDEUP Blog 永野総一朗

軽いシンカーがベスト!!!

2013-05-28 00:06:30

 

ウィードが伸びてくると活躍の出番が多くなる、というか、特定のエリアでは「これしかなげられない・・・」

テキサスリグ!!!

私もスタ4テキサス、ワイドテキサス、ウーテキ。。。多用しまくり。。

学生時代は「これしか投げない!!」ってくらいテキサス投げてました・・・

 

で、よく言われるシンカーの重さは・・・・

「ボトムにさえつけば、最も軽いもの」がベストです。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2013/05/27

・・・・と、一般的には良く言われますがそれだと極端な話、ノーシンカー最強説になってしまう・・・・

ウィードベッドの上を曳くことを基本にしたとき、ワームによってベストな重さは絶対に違います。

私の中ではこの二つのウェイト分け。

・パーツの無いワーム(セ〇コーとかウープスとか・・・・・)は、基本ノーシンカー最強。テキサスにするなら、仮に1gだとしても軽い方がベスト。

なぜなら、重さを変えたとしてもワームの動きが「速い」か「遅い」かが変わるだけで、そもそも動くパーツが無いのだから、ワームの動き自体は変わらないからです。

シンカーを付ける理由は風が強かったりして、・楽にボトムを取りたい。とか、・パッチやウィードドームの内部に入れる為に貫通するようにウェイトを足す。等で、要はこの手のワームの場合、釣り人側の事情でウェイトコントロールをします。

 

逆に・・・・

・テール等のパーツが付いたワームに関しては「そのパーツが動く、最も軽いウェイト」が最強。

例えば・・最近で言えば乱用しているスタ4。 ノーシンカーだったらテールが動きません。これはワイドも然りです。 水面をバジングで巻くならともかく、フォールでは動きが出ません。

だからテールがアクションするようにウェイトを足しています。これはカーリーテール系にも同様のことが言えます。この場合、魚の事情」とはいいませんが「ワームの動きのため」にウェイトコントロールすることになります。

もちろん、「動きのためのウェイト」を設定した後で、風や水深によって「釣り人側の事情のウェイト」を足したりするので、ウェイト選びは多用です。

ただ、これは自分の中で基準をもつことが必要で、私の中ではとりあえず、「上の2つの条件を満たすウェイトでもっとも軽いもの」がよく釣れるのです。

「最小公倍数」的な考え方ですかね......

以前、同じワームで6gテキサスを曳いていた私は3.5gを曳いていた同船者にボコボコに釣り負けたことがありますし・・・・こっちは全然バイトない・・・

 

とはいえ、3ozクラスのヘビーウェイトシンカーも出回っている昨今、あえて必要以上のウェイト使って、そのスピードにしか反応しないような魚を狙ってとる人もいます。

ただ、この時期に今のウィードの量だったら、とにかくは軽い方が圧倒的にバイトは出ます。

 

ちなみにスタ4のお気に入りウェイト。。。オススメウェイトは2.7g~3.5g。

実際は風や水深でやむを得ず5g等を使いますが、3m前後までなら3.5gが一番動きにストレスなく、バイトは出やすいと思います。

 

・・・とまあ普通のワームはそれだけなんですが、ちなみにワイドの場合はまた一癖あります・・・・・笑

「フォールスピードの調整」、「ワーム自体のアクション」 この二つのウェイト調整は当然。

ここにさらに「ワームの軌道」を調整するウェイト選びをするんですね・・・最も不規則にスパイラルしくれるウェイト。

ここまでしっかりウェイトを考えてあげないと、使えません。

逆にこのウェイトの意味が分かると、恐ろしくワイドが使いやすくなりますよ。

 

例えばアベラバ7gなんかがいい例でした。

一番不規則にスパイラルフォールしますね。

皆さんも「合ってる」ウェイト探し・・・・やってみましょう~~

 


たまらんばい高菜のオンラインショップが出来ました! 詰め合わせをメインに、贈り物、お中元やお歳暮等にもお使いいただけます!

たまらんばい本舗

※たまらんばいガイド  ゲスト募集に関して※

いつも沢山のご予約ありがとうございます。 管理者と相談の結果、 今後のガイド募集に関しては一斉募集を行わないことにしました。 空きが出次第、この欄やブログにて告知していく予定です。