HIDEUP Blog 永野総一朗

8月24日ガイド。ワイド&スタ3ヘビダン!50オーバー3発!

2016-08-25 10:24:41

先日23日は、陸上の日。
hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25

以前勤めていた彦根の職場にご挨拶&高菜の販売など(笑
買ってくださった彦根店スタッフの皆さん、ありがとうございました~!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​私がいてオープンしたころから懐かしの商談ルームは変わりありませんでした。
​沢山のお客様としゃべったなあ。。。。

​後は最近、髪が伸びてきていたので、散髪に。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​ガイドゲストさんでありながら、リバティでのお客様である、西尾さん!
​近江八幡市の「N」さんにお世話になりました~
 

hideup 豌ク驥守キ丈ク€譛� 繝悶Ο繧ー蜀咏悄 2016/08/25
​西尾さんは今年6月のガイドで一発目いきなりポッパーで62㎝を釣り上げたゲストさん!!
いや~ビビリました。
​普段は東岸のオカッパリをメインにされている方で、やさしいお兄さんです。
​お話してみたい方は「N」に是非~

​さて、明けて24日は、常連の脇田さんファミリーをガイド!!
​1月から月一のガイドでお越し頂いてます!
​本日は残暑の残る9月編!

​ワイド一辺倒だった前回8月のガイドに比べて、今回はどうなっているのか!

ワイドの使い方は基本的に同じ。
ボートは複数人&微風の時はどてら流し。
今日は9秒‐6秒‐6秒のリズム。(水深3ⅿ台ならこのくらいかな~)

風下にワイドをキャスト。
・着水して9秒放置。
​・聴いてから、ジグをトントントンと持ち上げながらウィードを解して落として6秒放置。
​・再び聴いて、同じようにトントントンを持ち上げながらウィードを解して落として6秒放置。

そもそも、この解して落としてが気持ちよく出来るウィードエリア(カナダモ)の場所をやることがまずはキーになります!
​後は落とす際やステイ中はラインはダルダル。水面にしっかり浮かべておくことです。カーブフォールでは食いませんよ~

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​自〇隊沖3.5ⅿ。
​”いきなり朝から釣る男 藤澤克行” さんがやってくれました。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
どかんと!!! 50オーバー!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
スライドフォールジグ7ℊ & スタッガーワイド4インチ ででっぷりした51㎝~!!!
​この太いバスは正にメモリアル!!

​続いて、脇田の兄貴もやってくれました!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​「オッシャ!」という掛け声とナイスフッキングが決まり、
​スライドフォールジグ7ℊ & スタッガーワイド4インチで40後半クラスを一発!!

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
・・・・・・あ。。。。

​オトナノタベモノダヨ 役を勝手出てくれたホッティーさん。
​えーと、、ありがとうございました(笑


​その後はちょっとづつ強くなってくる風。
​最近、ワイドの釣りは朝方の特に風がない、もしくは弱いときにチャンスが多い釣りとなっており。
あんまり​強風時はちょっと口を使わせにくい印象。

​よって食いにくくなる時間からは、フォローのスタッガーオリジナル3インチ、3.5インチのヘビダン。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
コバスが多いものの、このヘビダンの軽めのリフト&フォールにコツコツ反応してくれます。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​オススメシンカーは5ℊ。 
​ヘビダン男のほってぃーさんはスタ3.5の5ℊスルーリグ。リーダーはロングで。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
私も頂きました!!!
​スタッガーオリジナル3.5インチの5ℊスルーリグで53㎝~!!!!
久々、スタ3.5!!
ヘビダンをやっているのは、懐かし、六本柱~プリンス間のモヌケスポット又はその周辺。
​特に水悪い南エリアですが、しっかりと狙うと反応してくれます。

​と、ここで、ジグ&ワイドと、ヘビダン(もしくはテキサス)のウィードによる使い分け!!

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
こちら!ワイド場!!
こういったギッシリ絨毯状に続いたウィードはカナダモになっております。
​この絨毯状のカナダモの上を解して落として曳いてくるイメージですね。
​写真の場所は、水深4ⅿのウィードトップ2ⅿ。これ以上ウィードトップが高い場所になると、だいたい下が空洞になっているいわゆる「カナダモドーム」となり、流行りのジカリグやパンチショット場になります。僕もスルーリグのシンカーを10ℊ以上に替えて撃ち込んだりします。

​変わって下がヘビダン、5ℊスルーリグやテキサス場になります。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​こんな感じのモヌケや、生えていても、ウィード感に隙間が見られる場所。
​この抜けている場所にリグを落として、引く感じですね。
​テキサスとヘビダンの使い分けに関しては、魚が浮いている場合はよりスローフォールになる、ペグ無しのフリーテキサス(僕は3.5~5ℊくらい)が効果的。
​沈んでいてボトムをしっかりという場合や隙間にしっかりと落としたい場合は5ℊスルーリグとしています。


さてさて、湖はここから更に強風に!

ここからが毎回試練なのです。。。。

​今回はセオリーにのって。。。

​「波あり、風あり、濁りあり!」

の状況で、、、

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
HU300でホッティーさんに40アップ!!!
​水深4ⅿのエッジの外。ウィードの薄い場所で中層ヒッタクリバイト!

​からのズバシ!とキレイなフッキングが決まりました!
​世のクランカーに夢と希望を与える素晴らしくカッコイイフッキングだったと思います笑
​あんなフッキングを動画で残したいな~


しかし連発!とまでは行かず。。
​ここからは、やはりジグ&ワイドで釣りたいという希望から
風のマシな北エリアに移動し、再びボートを流しながら風下にワイドをキャストしていきます。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​山ノ下沖のウィード。いつも船団なのですが船団よりは結構内側のウィードエリアを流して。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
私に40アップまで。
スライドフォールジグ7ℊ&スタッガーワイド4インチ。

​ファーストフォールでバイトが出るわけでなく、しっかりと解して落としてが出来たときにバイトが出る為
​ちょっと難易度高め、(だから面白い)なワイドの釣り。 
​脇田さんにも一発きましたが、、、惜しくもバレ。。。。泣

でも、ガツガツバイトがたまらんばい。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​こちらオマケ?な一発の夕方のロングワーム。カットテール10インチ。
​脇田さんのタックルをお借りしていたら、、、50オーバー汗

この手のワーム、どんなところで使うんだろ、、と私もよく分かっていませんでしたが、
​私がヒットしたのは、木の浜浚渫台地の3ⅿ。風で流されながら、ラインを出しながらボヨンボヨンしていたらギュンギュンと持っていきました(笑

ネコでの使用が多いようですが、3ⅿのくらいの台地でウィード多かったので、シンカーを抜いて、ノーシンカーワッキーでした。


そして最後の最後。

​絶対にただでは終わらない。
​”ドラマを起こす男 脇田貴司” !

 

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
烏丸沖のモヌケスポットで、スタッガーオリジナル4インチの3.5ℊテキサス!!
脇田さんのロッドがぶち曲がった!!

かなりの重量感!!

​騒然となる船上!
・・・・・

・・・・・

「で、デカイデカイ!!」
・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・


格闘の末

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
​大爆笑

​見事にウィードに巻かれてました。

ウィードに巻かれてて意外と小さかったってのはよくある話なのですが、

​今回の「デカイ感」からの「小さかった!」

は私のガイド史上最強の落胆ぶりでした(笑


​帰着後も笑いは絶えず、メモリアルな一日が終わりました。。。。

hideup 永野総一朗 ブログ写真 2016/08/25
脇田さん、藤澤さん、ホッティーさん!
1日お疲れ様でした!
​決して簡単な一日ではありませんでしたが、相変わらずワイワイと楽しい船上でした!
​ありがとうございました~!!

​それにしても最近の強敵、午後から夕方まで止まない「風」

​この風をどう攻略するかが、釣果アップのキーですね。。。。

​頑張って対策を考えないと。。


たまらんばい高菜のオンラインショップが出来ました! 詰め合わせをメインに、贈り物、お中元やお歳暮等にもお使いいただけます!

たまらんばい本舗

2021年度のガイド募集について

1.2月の募集は締切ました。沢山のお申込みありがとうございました!! また空きが出次第、この場やSNSで告知していく予定です。

ガイド料金

1名様 38,000円
2名様 46,000円
3名様 54,000円