須江一樹HIDEUP Blog

照りゴチシーズン来たかなー?本間さんチーム半日便9本!

2019-07-07 07:39:30

春のハイシーズンがひと段落していたここ最近の東京湾。春が終わったら夏のハイシーズン『照りゴチ』と呼ばれるシーズンに突入します。

 

今年は梅雨がしっかり梅雨らしく雨が降っているので、最近だいぶ涼しいくて夏っぽくはないのですが海の中は夏になってきている感じです。

 

ただやっぱりまだ安定はしていないようで、前日名手山田さんが

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

一人で半日頑張って2本。でも魚は入ってきてるなーのポイントは何となく見えた感があり、キャッチ数以上の手ごたえを感じた便でした。

 

という事で明けて翌日の本間さん便。強風強雨予報だったので、船長の方がビクビクしてしまい釣果の保険にタコ道具を積み込む始末(今季東京湾はタコが絶好調!!)

 

そんな船長の不安をよそに序盤からマゴチ絶好調!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

バス釣り大好きな本間さんはデスアダーシャッドから始めて

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

スタッガーでもキャッチ!!スタッガー4インチ チャート/グリーン/ゴールドF!

この時点で4キャスト3キャッチ!すさまじい時合いでした・・・

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

今回スタッガーで通してくれた、本間さんのところの社員の三輪さん!オリジナル4インチのグラスホッパー!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

この日グラスホッパーはタコにもだいぶ好かれていたようでまさかの一人で4杯(笑)

タコ狙ってませんよ!マゴチ狙ってですよ!そのくらい今年の東京湾は海がタコだらけです。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

グラスホッパーは釣れるサイズもいい感じ!やっぱり地味系のバスカラーは必須カラーです。どうしてもマゴチ釣りというと赤、オレンジ、シロギス、イワシ、ここら辺が定番色になりますが、黒やグリパン、ブラウンなどの地味系カラーは絶対必要なカラーですので是非バスカラーからセレクトしていただくようお願いします!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

中止を挟んで2週連続で来ていただいた水戸さんも2キャッチ!船中全員安打は船長的に本当に胸をなでおろす瞬間です。

と、書くとギリギリでキャッチ?と思われるかもですが水戸さんは2キャッチ3バラシくらいだったので全然危なげない感じですよ!全部キャッチすれば5キャッチくらい行ったはず!(そうもいかないのがマゴチ釣りですが汗)

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/07

んで最後は三輪さんの3.5インチ アユカラーで締め!船中キャッチ9本でした!

 

また段々とマゴチが上向きになってきましたよー!チャレンジお待ちしてます!

stagger_original_35stagger_original_4saltwater

オリジナル3&3.5インチにニューソルトカラーが6色追加!今回は3色をご紹介!

2019-07-04 22:17:51

オリジナル3&3.5インチにニューソルトカラーが6色追加されました!今回はそのうち3色を紹介したいと思います!

 

まずは#S-N-08 アカキン!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

何でないんだろうと思っていた方も多かったのではないでしょうか?僕もそう思っていました。(笑)

海の超定番色ともいえるアカキンがついにスタッガーオリジナルに追加です!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

基本はクリアーのベースに背中側に赤、お腹側に金のラメをふんだんに盛り込んでいるカラーです。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

ロックフィッシュ・フラットフィッシュに早く使いたいカラーです!説明不要でどう考えたって釣れるはず!アカキンがないから仕方なく他のワームを投げなくて済むようになりましたよ!(笑)

 

 

続いて#S-N-12 ウルメイワシ!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

これも海の超定番カラーがついにという感じのカラーです!グリーン×シルバー!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

こちらもクリアーのベースに背中側がグリーンのラメ、お腹側にシルバーのラメを盛り込んでいます。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

フラットフィッシュやロックフィッシュはもちろんのこと、シーバスにもよさそうなカラーですね!お腹側から見たら#S-03 シルバーシャッドGと変わらないじゃん!と思われるかもしれませんが、背中のカラーが違うだけで驚くほど反応が違うことはよくあります。シーバスはもちろん、下側から見ていることの多そうなフラットフィッシュ類でさえそうなのですから、背中のカラーも超重要なファクターであることは間違いありません!

 

 

続いて#S-N-09 クロキン!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

こちらも海の定番色ブラック×ゴールド!個人的には今回の追加色は、今まであってほしいと思っていたカラーが本当にそのまま追加された感じです!ハイドアップさんの海への本気具合がうかがえます!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

クロキンは背中が透けないブラックに、お腹側がクリアベースに金のラメという感じです。黒の部分に金色のラメが少し入っているものがありますが、これは製造上のバラツキによるものかと思われます。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/07/04

 

アカキンよりもどちらかというと渋め?というかあまり魚が動いていないときの方がクロキンに分があると思っています。(あ、マゴチの場合)

いずれの魚種にせよ定番色なので絶対にタックルボックスから外せないカラーでしょう!

 

以上、今回は今回は追加6色のうち3色をご紹介させていただきました!次回は残りの3色をご紹介させていただきます!

stagger_original_35stagger_original_3saltwater

赤マッカHUMRS-72ML-2インプレ!ソルトに一本だけもっていくなら絶対コレ!!

2019-06-30 11:52:35

先日は赤マッカHUMRC-610M-2のインプレを書かせていただきました。

バスロッドなのにソルトでも大活躍!赤マッカHUMRC-610M -2のインプレ!!

 

今回はHUMRS-72ML-2のインプレを書いてみたいと思います!

 

HUMRC-610M-2はスイミングの釣りもできるロッドで、かつロッドアクションでルアーにアクションをつけることのできるロッドです。張りがあるロッドなので、個人的にはロッドアクションでアクションをつけることを得意としているロッドだと思っています。(バス的表現でいえば、巻き物もいける撃ち物ロッドって感じ?)

 

対して今回ご紹介するHUMRS-72ML-2は、巻き物のスペシャリスト!リトリーブの釣りにめちゃくちゃ適したロッドです!!

バスでいえば巻き物というとベイトのイメージがあるかもしれませんが、ソルトではPEラインにスピニングタックルの巻き物タックルがスタンダード!そのスタンダードのど真ん中のロッドがHUMRS-72ML-2なのです。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

僕は、普段ボートシーバスのガイドとして海に出ていますが、ボートシーバスロッドとしても最適!ミノーから1オンスクラスのバイブレーションまで使いこなす箏ができ、ボートに一本だけ持っていくならHUMRS-72ML-2と思える程信頼できる一本です。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

オールマイティーさはもちろん特筆すべき点ですが、一番得意とする釣りとしてはオープンエリアでの釣りです。長いレングスを生かして飛距離を稼ぎたいオープンエリアの釣りでは7フィートほどの長さがボートでは最適!7.2フィートなのに軽いブランクスで1日ミノーのジャーキングの釣りだとしても疲れにくく、釣りを一日ストレスなく続ける事が出来ます。感度も抜群なので、ルアーの泳ぎ具合や、魚の前アタリなど繊細な感触も明確に手元に伝えてくれます。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

僕の大好きなマゴチ釣りにもピッタリ!14~20グラムくらいのジグヘッドに、オリジナル3or3.5インチやワイド3.3をセットしたスイミングの釣りに非常に向いているロッドだと思っています。14グラム程度を使用しているときは、ロッドアクションもきっちりつけれるので、マゴチ釣りでは軽いジグヘッド向けなロッドとして僕は使用しています。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

白い穂先でアタリを取ることもできる点がHUMRS-72ML-2の非常に優れた点です。風や潮具合によっては、着底やアタリがわかりずらい状況もティップを見ているとわかります。着底が手に伝わらない状況でも、ティップを見ていると、ティップがお辞儀をしている状態から返ってきたときに着底したとわかり、返ってこなければ魚が食っていると判断する事が出来ます。穂先が白いという事だけでも、非常に大きなアドバンテージになるのです。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

去年はロックフィッシュゲームでも非常にお世話になりました(笑)

新潟でのアコウゲームでも

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

伊豆のオオモンハタゲームでも大活躍!使い方の基本は同じでスイミングでの釣りでした。スイミングゲームでは、遠投性能と巻いている最中のアタリを乗せるしなやかさが重要です。どちらも兼ね備えたHUMRS-72ML-2は、ロックフィッシュゲームのスイミングの釣りにも非常に適したロッドだと思います。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/30

 

ゆっくり投げてほしいのですが、 HUMRS-72ML-2で52グラムのオーバルテンヤを投げて釣った日もありました。それほどまでに汎用性の高いロッドという事です。

 

以上HUMRS-72ML-2のインプレでした!ソルトの釣りに幅広く使えるHUMRS-72ML-2!バスもやるけどソルトもやるっていう方に実はお買い得な一本だと思います!センターカット2ピースで車の中に常備、なんてこともできますよ! 

Red_macca

ワイドホグ1.2!?ワイドホグ1.5!?オリジナル1.5!?

2019-06-27 22:00:10

現在目下開発中のアイテム。それが

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/27

スタッガーワイドホグ1.5&1.2インチ(写真は1.5インチ)と、

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/27

オリジナル1.5インチ。両方ともどっからどう見たって釣れそうです。

 

ひとまずワイドホグ1.5インチでカサゴを狙ってみましたが

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/27

釣れすぎる(汗)

 

 オリジナル1.5インチも

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/27

釣れすぎる(汗)

 

とはいえ、実はこれ失敗作。めっちゃ釣れますが修正が必要という事になりました。釣れたってダメなものはダメなんです。

元のやつを小さくしただけでしょ?って思うかもしれませんがとんでもない。そんな単純なものではないんです。と、今回僕も自分でテストして身をもって体感しました。

 

と同時に現在製品として売られているものは、当たり前ですがものすごく試行錯誤を繰り返して、吟味したものが製品として売っていることに改めて気づきます。バス用のルアーに関してはトーナメントで結果が出ないと、という面もありますので一切の妥協は許されないでしょう。というか妥協したら後々自分の首さえ絞めかねない、と考えると中途半端なものはHIDEUPでは作っていないことがよくわかると思います。

 

ですので、HIDEUP的失敗作とはいえ

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/27

釣れるんですよねー(笑)日中にスイムテストをしに行ったときに釣れたクロダイ。

 

小さいとはいえワイドホグなんだからフォールアクションは超重要と思っているので、いろんなジグヘッドをつけて、ひたすらフォールアクションを見ている最中の出来事でした。通りかかったから、目の前に落としたら一発で食った(笑)

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/27

ワイドホグ1.5インチ!改めて言いますが製品版はもっとよくなります!!今のままでも十分釣れますが、もっと釣れるようになります!!ご期待ください!!

saltwater

小山さん・義澤さん夫妻ご乗船!マゴチ狙いは厳しかったですが、まさかのデカタチ!

2019-06-25 23:09:06

琵琶湖アングラーでもあられる小山さんと、友人である義澤さん夫妻にお越しいただきましたー!

 

当初はマゴチの予定で準備を進めてきましたが、直前になってマゴチの釣果があまり著しくないという事と、いっぱい釣れた方が良いという事で急遽予定変更!

 

まずはアジからスタート!そういえば写真を撮るのを失念してしまったのですが、ショットガンアジスタイルでいいところが見つかると入れ食い!って感じでした。いい時はサビキの針全部にアジがついてるなんてことも(^^;)

 

アジいっぱい釣れたので、続いてタチウオ!メタルジグで釣ってもらったのですが、皆さん初めてのジギング。段々としゃくり方がわかってきて

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/25

義澤さん奥様からスタート!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/25

小山さんも段々とコツをつかんできて、最終的には釣れる気しかしないほどに(^▽^;)

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/25

義澤さんもキャッチで無事全員キャッチ!!時合い突入な感じで後ろ髪引かれつつ最後はマゴチチャレンジ!!

 

わずかな時間しかマゴチはできなかったのですがここで奇跡が・・・

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/25

小山さんのマゴチ狙いのスタッガーオリジナル3.5インチ モエビにむっちゃくちゃデカいタチウオが!!なんで!?(笑)

 

写真じゃ伝わり切りませんが、全然サイズが違うんですよ。タチウオ狙いの時より全然デカいタチウオがマゴチ狙いで釣れてしまった(^^;)

 

まぐれじゃない証拠に

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/25

義澤奥様にもデカタチウオ!やっぱり同じくスタッガーオリジナル3.5インチ  モエビ!!

 

どういう理由だかは分かりませんが、なぜかこの日はデカタチウオにモエビが好かれていました。他のカラーでは釣れていないので明らかに選ばれている感じです。

 

マゴチは状況厳しめという事と、わずかな時間しか触っていないという事もあり残念ながらノーゲットでしたが、魚自体はいっぱい触れた便だったかなと思います!

 

小山さん・義澤さん夫妻ありがとうございました!また海に遊びに来てください!お待ちしてます!!

stagger_original_35

横浜オカッパリでソルトクランク!!1本でしたが可能性を感じる1本!

2019-06-22 23:18:28

最近は風が強い日が多く、船が出せる日が少ない今日この頃(泣)

 

風が強いといっても、お客さんを乗せての出船なら問題ないレベルなのですが、操船しながら自分で釣りをするのはつらいなぁと思うくらいの風でして。無風の日に休みなんてことにもなりませんので結果自分の釣りで船が出せないと(^^;)

 

最近はありがたいことに、ルアーやロッドなど様々な製品のテストに携われる立場になりました。風が強くて船が出せないからテストできません。なんてことが言えるはずもなく、時間があればオカッパリで最近は色々試すようにしています。

 

この日はとあるロッドの試投。(他社製品です)

 

様々なルアーをとっかえひっかえ投げる中で、HU-150もテスト。いい感じに投げれました。

 

というかかなり気持ちよく使えたのでちょっと釣りしちゃお。と

 

すると

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/22

いきなり釣れた!!すぐ釣れた!!HU150 たまらんばいブルー!!

 

正直、小一時間釣りをしてこれ一本だったのですが、非常に可能性を感じる1本でした!!

 

是非オカッパリでソルトクランク試してみてください!!これは壁際のシェードの中を超低速トロ巻きしてたら下からガバっでした!!

HU-150

バスロッドなのにソルトでも大活躍!赤マッカHUMRC-610M -2のインプレ!!

2019-06-20 09:56:50

今回はロッド紹介!赤マッカシリーズのHUMRC-610M -2のご紹介です!

赤マッカはみなさんご存じの通りバスロッドです!バスロッドなのですが、ソルトにも非常に相性のいい番手がHUMRC-610M -2なのです。

 

釣れる魚は

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/20

アコウのような中・大型のロックフィッシュや

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/20

カサゴのような小型のロックフィッシュまで、ロックフィッシュ類は幅広く対応します!M パワーのブランクスは、Mのしなやかさがありながら、操作性を損ねない のパワーがあります。具体的にロックフィッシュの例でいうと、テキサスや直リグなどのロッドアクションで動かすルアーの操作性はそのままに、ジグヘッドのスイミングで狙う場合でもバイトを弾くことなく乗せることができるという事です。

 

写真でいうと、アコウはジグヘッドのスイミング、カサゴはテキサスで釣っています。

 

 

もちろんシーバスにも対応しています!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/20

写真はメタルジグで釣れた一本!シーバスジギングではベイトタックルが必須です!とはいえその為にジギングタックルを持っていくのも・・・そんな時にHUMRC-610M -2がピッタリ!ジギングタックルにも使えるし、もちろんもともとキャスティングロッドなのでキャスティングにも使えます!キャスティングでは細かいところを撃つ釣りというよりは、オープンエリアでの鉄板バイブレーションの釣りなどに特に向いていると思います。

 

でも何と言っても僕がHUMRC-610M -2で一番使っているのは

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/20

大好きなマゴチ釣り!!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/20

 

特に20g以上の重めのジグヘッドを使う際に重宝しています!個人的にはワイドの釣りと相性がいいと感じていて、ワイドのスイミングの操作性は抜群です!!

ジグヘッド巻いて落とすだけなら何でも一緒じゃないの?と思われるかもしれませんが、ティップの硬さに操作性の良し悪しが出ます。硬すぎるとジグヘッドを『持っている』感がわかりにくくなります。柔らかすぎると根がかりが多くなったり、ゴミを多く拾ってしまったり、ジグヘッドが持ち上がらなくなってしまったりと柔らかすぎてもいいことがありません。

HUMRC-610M -2はその点、ジグヘッド20~30gくらいのワイドの釣りにティップの硬さがピッタリ!本当にルアーを動かしやすいロッドです!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2019/06/20

 

操作性はもちろんのこと、かけた後のファイトもパワー十分!!僕もバス釣りを少々しますが、正直引きでいえば海のターゲットの方が引きは強いです。その海のターゲットの強烈な引きをバッドで受け止めつつ、ベリーで魚をいなす感じでバレを少なくしつつしっかり魚を浮かしてきてくれます。海は(特に船)バーブレスフック使用を推奨している船もありますので、バレが少ないロッドはそれだけで価値があります。

 

という事で、簡単ながらHUMRC-610M -2のインプレを書いてみました!ちなみに、HUMRC-610M -2以外にもマッカ・赤マッカの中にはソルトに使える番手が数多く存在します。バスでの基本性能が高いロッドは、ソルトでももちろん使いやすいです。バス釣りしかしたことがなくてマッカしかロッドを持っていないという方!実はタックルそのままで海釣りできますよ!是非海もマッカでチャレンジしてみてください!HUMRC-610M -2は2ピースなので、電車釣行やコンパクトカーでの釣行にもおススメ!旅のお供にも忍ばせて行けます!

Red_macca