須江一樹HIDEUP Blog

祝!HIDEUP動画初ソルト動画公開!

2018-11-26 18:09:51

少し前になりますが、HIDEUP初のソルト動画

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/26

 

ジグヘッドで楽しむ東京湾マゴチゲームが配信になりました。今回は鈴木さん、蘆原さん、僕の3人のHIDEUPスタッフで出演しています。

 

動画内容としては、船からのマゴチ釣りのHowto動画になっています。これを見れば、乗合船でもガイド船でも、東京湾でも日本全国どこでもマゴチがスタッガーで釣れる、という内容です。

 

ただ、基本的なことは以前からブログでご紹介させていただいている通りで、それを端的にまとめている動画が今回の動画です。

 

ルアーのアクション方法(表題はワイド4となっていますが、オリジナルでも同じ動かし方です)

船からのワイド4インチの動かし方(1)

船からのワイド4インチの動かし方(2)

船からのワイド4インチの動かし方最終回

 

マゴチ釣りのタックルについて

今年はルアーマゴチ始めましょう!まずはマゴチタックルについて

今年はルアーマゴチ始めましょう!今回はルアーについて

 

では、今更ですがロケ当日を振り返ってみましょう!写真がないのですべてスクショで!(笑)

 

まずは多摩川!多摩川のアタリカルアーは

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/26 

 

間違いなくスタッガーオリジナル3.5or3インチの#S-04 モエビでした。

 

撮影という事でなければ多摩川から動かずにモエビを投げ続ければ、3人で20本はかたいと思えるほど実はアタリルアーが明確に見つかった日でした。もちろん、撮影なのでいろんなルアーやカラーを釣れてほしいので投げるわけなんですが、「やっぱりオリジナルのモエビか・・・」という感じ。ちなみに夏~秋にかけての、モエビは多摩川定番カラーです。

 

ちなみに、ベイトがハゼだから。という理由ではないと思います。というか、そう考えるとマッチザベイトに固執しすぎるため、あまりその考え方が僕個人的に好きじゃないという感じ。動画でも言っている通り、いろいろ投げてください。マゴチはアタリカラーがはっきり出る魚なので、その日アタリが多く出るor大きいサイズが釣れるカラーがアタリカラーです。

 

続いて富津!ここはワイド4で釣りたいと思い選んだポイントです。横浜・東京エリアでもワイド4は問題なく釣れますが、ワイド4だからこそ釣果が伸ばせると感じるのは千葉エリアだと思っています。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/26

で、ワイド4スエジミグリーンで狙い通り釣れてくれました。安堵感が半端じゃないですね(笑)

 

ワイド4須江オリジナルカラーについてはこちら

遂に発売スエハデオレンジとスエジミグリーン!今回はスエジミグリーンのご紹介!

遂に発売スエハデオレンジとスエジミグリーン!今回はスエハデオレンジのご紹介!

 

千葉エリアではグリーン系は定番カラーです。ウォーターメロンや、グリパンベースのスタッガーは千葉でよく釣れます。ただ、動画の締めの部分で蘆原さんがバラしているルアーは、ワイド4スエハデオレンジです。その前にもスエハデオレンジで船べりリリースをしてしまっています。(笑)

 

この日は、カラーの良し悪しを見分けるほどの時間がありませんでしたが、スエハデオレンジ・スエジミグリーン共にヒットがありました。ただ、東京湾は非常にフグの多い海ですので、暖色系のカラーはフグの猛攻にあいやすいので注意が必要です。

 

回避方法としては、地味目なカラーを使用することと、チョンっというフグのアタリがあったら、迷わず回収することです。オレンジがアタリカラーの時や、フグが食ってるところにマゴチが横取りしてくるときもあるので、考え物ですが汗

  

以上!マゴチ動画についてでした!これからも、マゴチのみならず海で使えるスタッガーの魅力を配信し続けていこうと思います!よろしくお願いします!

stagger_original_35stagger_original_3saltwater

西伊豆ロックフィッシュゲームアゲイン!@愛海丸 アカハタ編

2018-11-16 19:25:16

長編になってしまったので、2部構成!今回はアカハタ編です!

前編はこちら→西伊豆ロックフィッシュゲームアゲイン!@愛海丸

 

西伊豆ロックフィッシュゲームでは、アタリが少なく、なかなか釣れないプレミアムなターゲットとせれているオオモンハタと

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

 

アタリの多い、比較的釣りやすいアカハタの2種類のターゲットを狙うことができます。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

 

こうなると釣り人が釣りたいターゲットはもちろんオオモンハタになるわけなのですが

 

正直なところ僕はアカハタ釣り大好き。無茶苦茶面白くて仕方がありません。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

というのも、やはりボトムの釣りが好きなようで、加えてただボトムを叩くだけでは釣れないところが楽しくてしょうがない。

 

アカハタ釣りで僕が分かっていることは、ボトムをただズルズルはNGだという事。これくらいです。釣れても小さいし、カサゴが釣れてしまったりもしてしまいます。

 

となるとワームを浮かす事になるのですが、どう浮かすかがアカハタ釣りのポイントだと思っています。

 

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

 オオモンハタ狙い中に釣れためちゃきれいなアカハタ。アカハタは意外と個体で色が違うので、そういった楽しみもあります。

 

今回はロッドアクションでいうと、バットエンドを持ちながら、3回ほどバシバシとしゃくってフォールという感じ。前回柿内さんにキジハタの釣り方で聞いたしゃくり方です。

 

このアクション、その日によってアタリの出方が違い、リフト中でもフォール中でもアタリが出ます。

今回はリフト中にアタリが出ることが多く、バシ!バシ!と2回目あたりでロッドがガクン!と止められることが多かったです。

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-03 シルバーシャッドG これもオオモンハタ狙い中の一匹。泳ぎだしで食ってくるのはアカハタが多いです。

 

もうこれが気持ちいいのなんのって

ただバシバシ中のバイトは、ゴリまきのタイミングが1テンポ遅れるので、フッキングが決まらなかったり、根に入られたりすることが多くその点は次の修正点かなと思います。

 

後述になりましたが、アカハタ狙いでのリグはテキサスリグかフリリグを使用します。シンカーは1オンス程度を使用し、可能であればタングステンの方が根がかりが少なく快適に釣りができます。

 

今回もワイド4スエハデオレンジ、スエジミグリーンは好調!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

スタッガー大好き佐々木さんはスエハデオレンジで!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

柿内さんはスエジミグリーンでキャッチ!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

僕はどちらかというとスエハデオレンジの方がアタリが多かったです。スエジミグリーンはなぜかブチブチ切られた泣

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

佐々木さんはピンクのワイド4でもキャッチ!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

アカハタにワイドは飲み物です!(笑)

 

ワイド4ならデカいの連発ーみたいな流れが理想だったのですが、困ったことに大きいのも小さいのも関係なく釣れてしまうという(;^_^A

 

ともあれアカハタ釣りのアタリの多さはやっぱり面白いです 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/16

 ダブルヒットも当たり前にあります!

 

アカハタ釣りは基本的にアタリの多い釣りなのですが、やっぱり人によってアタリが多い人と少ない人がはっきり出ます。アタリカラーやアタリルアー、アクションもアタリが多いゆえに誰が正しいかはっきりします。そんな、答えがはっきり出てくれるから僕的にはアカハタ釣りは面白いです。

 

関東近県にお住まいの方にぜひおススメの西伊豆ロックフィッシュゲーム!是非スタッガーを持って遊びに行ってみてください!

stagger_original_35stagger_wide_4saltwater

西伊豆ロックフィッシュゲームアゲイン!@愛海丸

2018-11-14 10:02:07

10/26 再度、西伊豆雲見港 愛海丸さんでロックフィッシュチャレンジに行って参りました!

 

今回は、前回新潟キジハタ釣りでご一緒したカッキーさんと、いつもアイランドクルーズに来てくださる佐々木さんの3名です!

 

開始からしばらくはオオモンハタ釣り!で、すぐカッキーさんがヒット!!「小さい、小さい汗」と、小さいという割にはなかなか上がってこない中上がってきたのは

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14 

まさかのモロコー(クエ)!!ねぇねぇ58センチの魚って小さいの?(笑)

 

その後しばらくは、ポツポツアタリがあるものの乗らなかったり、乗ってもバラしたり、アカハタだったり、と狙いのオオモンハタはなかなか釣れずポイント移動を繰り返します。

 

前回に比べて潮の流れが速く、加えて流れる方向が一定でない潮、強風も相まって40グラムのスイミングテンヤでさえ底取りが怪しい感じの状況でした。

 

という事で、ヘッドを変更!エコギアさんのTGオーバルテンヤの15号という52グラムのヘッドに変更しました。タングステンの重いヘッドにすることで、着底がはっきりわかり、かつ水の抵抗もタングステンで少ないので巻いたときの浮き上がりも抑えられ、1キャストの中で何回も底を取り直すことができます。

 

そもそも持っていることを忘れていたので、9時過ぎになって試してみます。汗

 

すると、

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

すぐ釣れたー!47センチ!!でかい!!

スタッガーオリジナル4インチ#S-07 レッドG・R/F

 

今回は、いつも通りスタッガーに助けてもらったことはもちろんですが、組み合わせるヘッドの重要性も非常に感じた釣行でした。

 

というのも、上記したヘッドを重くしたことによるメリット。このメリットを生かして、船が流れる方向と逆に投げることができるようになった。という事が、この一匹につながった最大の要因になっていると思っています。

 

どういうことかというと、まずオオモンハタを釣るためには、ボトム付近での横方向のスイミングの距離をなるべく長くする必要があります。これは愛海丸鈴木船長からのアドバイスでオオモンハタは、ボトム付近でのスイミングアクションに弱いとのことでした。

 

横方向に引くためには、なるべく糸を水平に近い形にしたいので、自分よりルアーを遠ざける必要があります。普通に考えれば遠投なのですが、遠投をしても船が流れる方向に投げてしまうと、沈めている間に距離が縮んでしまい、糸の角度が垂直方向になってしまうばかりか、底を取り直す回数が1キャストに1回くらいしかできなくなってしまいます。

 

しかし、40グラムのスイミングテンヤではこの方向に当日は投げるしかなかったのです。なぜなら船が引っ張る方向に投げてしまうと、着底がわからないからです。フォールのスピードが遅く、潮に流される鉛の40グラムの着底がわかるためには、船が向かう方向に投げるしか選択肢がありませんでした。

 

どうにもならんなー。とボックスをごそごそして出てきたのが、TGオーバルテンヤ15号でした。

 

TGオーバルテンヤにすることで、着底がはっきりし、かつTGで水の抵抗が少ない為浮き上がりが少なく、底から離れずにゆっくり巻くことができました。また、船がある程度引っ張ってくれますので、ゆっくり巻いて落とす、という事を1キャストで4回、5回繰り返すことができるので、効率的に釣りができたと思います。

 

で、TGオーバルテンヤの変えてから急激にアタリが増えだしました。潮具合や、風の加減もあるとは思いますが釣りが噛み合ってきたことも間違いなくあると思っています。

 

その証拠に

 hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

50センチのオオモンハター!!プレミアムサイズです!!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

やっぱりド定番スタッガーオリジナル4インチ #S-03 シルバーシャッドG!

愛海丸さんでも年間50センチを超えるオオモンハタは何本かしか出ないそう!うれしすぎます!!

 

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

その後ももう一本、少し小さめですがオオモンハタを追加し、この日はオオモンハタ3枚キャッチする事ができました!

 

3枚キャッチする間に、アタリは数回、バラしも数回ありました。この辺を修正するのが次回の課題なのかなぁと思っています。

  

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/14

残念ながらスタッガーではありませんが、同行の柿内さん、佐々木さんもオオモンハタキャッチで、全員安打!オオモンハタの全員安打は中々ありません!鈴木船長に感謝です^^

 

長くなったのでアカハタ編は次回に!

 

stagger_original_35stagger_original_4

プロショップオオツカ川越店さんチームとロックフィッシュゲーム!@愛海丸

2018-11-05 17:22:45

今年は、スエハデオレンジ、スエジミグリーンが発売されたこともあり、ロックフィッシュゲームをやってみたいなぁと思っていました。

 

そんな折、プロショップオオツカ川越店の福田さんからお誘いのメッセンジャーが!即答でご一緒させて頂く事となりました^^

 

船宿は、雲見港の愛海丸さん。伊豆で一番釣らせてくれると評判の船宿です。

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

(写真は愛海丸さんのHPから拝借)

 

では早速釣りの模様を!

 

伊豆のロックフィッシュゲームでは、オオモンハタとアカハタ2種類のハタを基本的に狙います。

どちらも魅力的なターゲットですが、オオモンハタの方が特にプレミアムなターゲットとされており、アカハタは比較的狙いやすいターゲットとされています。

 

狙い方は大きく違い、大まかにいうとオオモンハタはスイミングの釣りで、アカハタはボトムの釣りです。ポイントの特徴も少し違い、オオモンハタは根混じりの砂地、アカハタはガッチリ根回りという感じです。

 

愛海丸さんでは、ポイントごとに今はオオモンハタ狙いなのか、アカハタ狙いなのかを伝えてくれます。ちなみに両方狙えるポイントもあります。

 

今回は基本的にオオモンハタ狙いですが、アカハタも同時に狙えるポイント、というセレクトが多かった気がします。

 

僕はやっぱりプレミアムなオオモンハタを釣りたいので、オオモンハタの狙い方を船長に聞くと、着底させてから15回転くらいリトリーブして狙うとのこと。そんなに巻くの!?という感じですが、船長が言うことに間違いありません。

 

大体の水深は30メートル前後が多かったので、スイミングテンヤ30グラム スタッガーオリジナル3.5インチという組み合わせでまずは狙っていきます。

 

船長に言われた通り、着底からのひたすら巻き巻き。その間、周りの方々はアカハタ狙いでポンポンアカハタを釣りあげていきます。

 

僕も

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

初アカハタキャッチ!スタッガーオリジナル3.5インチ #S-07 レッドG・R/F!

 

アカハタは、オオモンハタ狙いの最中にも釣れてしまいます。着底して巻き始めてすぐかかったら、アカハタの可能性が高いです。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

スタッガーオリジナル3.5インチ #S-03 シルバーシャッドG!狙ってなくて釣れたって、釣れたらやっぱりうれしいのです^^

 

プロショップオオツカチームは、基本的にアカハタ狙いの方が多かったような?福田さんもスタッガーワイド4インチスエハデオレンジを使用し

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

良型アカハタキャッチ!!ありがとうございまーす!!

 

その間も、僕はひたすら巻き巻き巻き巻き・・・そしてついに中層でアタリが!!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

きたー!!西伊豆オオモンハター!!スタッガーオリジナル3.5インチ#S-03 シルバーシャッドG スイミングテンヤ30g!

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

ロッドは、赤マッカHUMRS-72ML-2!30グラム ワームでかなりのウェイトになってるはずですが、余裕でキャスティングできます!(規定ウェイトをオーバーしているので投げるときはゆっくりと投げましょう)

 

HUMRS-72ML-2はレギュラーテーパーよりな設計なので、巻いている最中のアタリをきっちりかけてくれる柔軟性があります。加えて、オオモンハタの強烈な引きも受け止めるパワーも持ち合わせているので、ロックフィッシュのスイミングの釣りにピッタリだと感じました。

 

ちなみにアタったのは、リール10回転目らへん。やっぱり船長の言う通りだいぶ浮いたところで食ってきました。

 

オオモンハタも釣れたし心置きなくアカハタ釣り!

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

福田さんはスタッガーでバンバンアカハタを釣ってくれます^^

 

僕はというと

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

アカハタにど対して、スエハデオレンジやスエジミグリーンが効くのかと、どういうアクションが有効なのかをひたすら試してました。

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

ちなみに、ワイド4を使うとデカいの連発ー!!って書きたかったのですが、驚くほどに小さいアカハタまで釣れてくるので、残念ながらそうとは書けない(笑)

 

hideup 須江一樹 ブログ写真 2018/11/05

スエハデオレンジも、スエジミグリーンも、この日はカラーの差が出ない感じで釣れてくれました。

 

アクション的には、ボトムで食う割には一回ある程度跳ねさせて、1メートルくらい上げてからフォールさせないと食わない印象で、ロッドエンドを持ちながらバシ!バシ!バシ!と3回ほどシャクってアクションさせた後のフォール中にゴン!ともっていくことが多かったです。リグは、テキサスかフリリグ。ウェイトはいずれも1オンスくらいを今回は使用しました。

 

やっぱりワイド4はフォールの釣りなのかー!と、このフォールの釣りが無茶苦茶面白くてハマってきたくらいに、まさかの雷雨で早上がり(´;ω;`)

天候にはかなわないことはよく知っています・・

 

 

ちょうどパターンが見つかりかけてきたところで早上がりとなってしまい、ちょっと残念でしたがオオモンハタも釣れてくれたし個人的には大満足な釣行でした!

 

プロショップオオツカ川越店チームの皆さん、愛海丸さんありがとうございました!!また、次回もよろしくお願いします!